ポートランド産のクラフトビールってこんなに旨いのか!原宿「PDX」に行ったらスローライフの聖地・ポートランドへ今すぐ行きたくなった

明治神宮前駅近くにある「PDX TAPROOM」はポートランドのビールに特化したお店です。店内は店主のポートランド愛がいたるところに表れています。オレゴン州は温暖な気候ですが乾燥していて、ビールがたまらなくおいしく感じる土地らしいです。おススメは「ハードサイダー」。今オレゴン州で人気急上昇の飲み物だそうです。ビールのようでもあり、ほんのり甘くてワインみたい。穀物の甘みが心地よい。アルコールは7.4%あるので飲み過ぎ注意だけど、優しいスパイスの香りがそれを感じさせません。ぜひ、この味をこのお店で味わってみませんか。(ビール・ビアガーデン 東京)

ポートランド産のクラフトビールってこんなに旨いのか!原宿「PDX」に行ったらスローライフの聖地・ポートランドへ今すぐ行きたくなった

f:id:posoi:20170428002038j:plain

こんにちは!ほそいです。

気づけばビールの恋しい季節となりましたが、いかがおすごしでしょうか。

 

今日は、ポートランドのビールに特化したタップルームを紹介します。

f:id:posoi:20170428002045j:plain

渋谷原宿のちょうど中間くらいにある「PDX TAPROOM」にやって来ました。最寄り駅は地下鉄の明治神宮前です。

f:id:posoi:20170428002033j:plain

店主のポートランド愛がいたるところに表れています。

オレゴン州は温暖な気候ですが乾燥していて、ビールがたまらなくおいしく感じる土地らしい。

ポートランドというと、橋の架かった川の風景がシンボルです。水辺のビアバーで昼間から一杯、なんていう日常なんだろうなあ(羨)。

f:id:posoi:20170428002040j:plain

こういうお店って、必ず外国人のお客さんがいらっしゃいます。本場の人に認められてるということなのでしょう。

f:id:posoi:20170428002043j:plain

ポートランドの醸造所のビールがずらり。

 

何にしようかな。

ポートランドらしくて面白いのありますか?

と尋ねると、「ハードサイダー」を勧めてくれました。

 

サイダー??

ビールじゃないのかしら。

f:id:posoi:20170428002044j:plain

サイダーは、今オレゴン州で人気急上昇の飲み物だそうです。

 

もともとよく飲まれていたけど、一度下火になり、近年のクラフトビールブームにともないまた注目されるようになったとか。

一番手前の、木の実の詰まったタップがサイダーです。

f:id:posoi:20170428002042j:plain

左が「レヴェレンド ナッツ ハード サイダー」というブルワリーの「Winter Abbey Spice」というサイダーです。

大量のレーズンに黒糖、シナモン、ナツメグを加えアメリカンオーク樽で10ヶ月熟成。ワインのようで甘みとスパイスがデザートにも合うとのこと。

 

一口飲んでちょっとびっくり。

これはビールなのか?

 

ほんのり甘くてワインみたい。穀物の甘みが心地よい。アルコールは7.4%あるので飲み過ぎ注意だけど、優しいスパイスの香りがそれを感じさせません。

(※追記:「果実酒」に分類されている)

 

一言で言うと、おいしい!

サイダーいいわー。

 

右はホップワークスの「Long Root Ale(アメリカンペールエール)」。

アウトドアメーカー「パタゴニア」とホップワークスが連携し醸造したビール。オーガニックの麦、イースト、ノースウエストホップを使用し、「再生可能な農業」に取り組み研究・開発された小麦「カーンザ」を加えています。若干のスパイシーさがあり、ドライでパリッとしたフィニッシュ。

あのパタゴニアのビールだ。アルコール5%と飲みやすく、IBU(苦味)もそこまで高くないので駆けつけ一杯によい感じ。

 

実際、写真を撮る前に飲んでしまってますね、すみません。

f:id:posoi:20170428002041j:plain

▼フムス(800円)

ひよこ豆のディップです。中東の料理かと思っていたら、ポートランドを代表するおつまみでもあると知ってびっくり。食べた感じ、味にさほどの違いはなし。家でもたまに作るけど、ビールと一緒に食べたことはなかったです。ヘルシーだし、にんにくが効いているし、ビールのつまみに良いという発見をしました。

f:id:posoi:20170428002037j:plain

左が、ロンポク・ブリューイング「2016 Elder Apricorn」。

軽めのペルジャンスタイルのペールエールをメアリーヒルワイナリーのシャルドネ樽で5ヶ月熟成。アップル、ペアー、オークの香りとペッパースパイスがかすかに香るビール

 

今日のラインナップで一番アルコールが低い(4.5%)。それもあって軽い飲み口でさわやか。軽くても香りがしっかりしているのがポートランドビールのいいところかもしれません。

 

右は、ホップワークス「Organic Mosaic IPX」。

モザイクホップを使用したシングルホップIPA。ライトボディでドライなモルト感。トロピカル、フローラル、アージー(Earthy)さが特徴。

確かにフローラルかも。ふわっとちょっと派手な香りがする。モザイクホップというのは比較的新しいホップで、マンゴーのような桃のような、トロピカルな風味をもつそうです。IBU60、アルコール6%の心地よいIPA。

f:id:posoi:20170428002039j:plain

▼バッファローチキン(900円)

皮がぱりぱり。結構からい!

ビールをがぶがぶ飲みたい人は頼むべし。ブルーチーズのソースをつけると、酸味によって辛さがマイルドになります。これまたうまいんだな。

f:id:posoi:20170428002036j:plain

▼オレゴン産ビーフジャーキー(500円)

ほんのり甘くて、市販されてるのと全然味が違う。ちびちびかじりながらビールを飲む幸せよ……。

f:id:posoi:20170428002032j:plain

最後にキメたのは、エックスノヴォブルーイング「Dynamic Duo IIPA」。2種のホップを組み合わせたドリンカブルなライトボディのダブルIPA。

うん、ドリンカブル。ホップたくさん、アルコール8%。満足のいくビールです。

 

メニューを見ながら、「ポートランドだけでこんなに醸造所があるなんて知らなかった」と思いました。俄然いきたくなったぞ。

f:id:posoi:20170428002035j:plain

▼ミニチーズバーガー(1000円)

ハンバーガーも食べられるんです。

100%ビーフパテの旨味よ〜〜。やっぱりビールハンバーガーの組み合わせに落ち着くのがアメリカンスタイルの基本かもしれませんね。

f:id:posoi:20170428002034j:plain

以上、「PDX TAPROOM」でした。

ポートランドのビール事情に詳しくなかったけれど、ここに来たら興味湧きまくりでございます。いつかいってみたい都市のひとつになりました! とりあえず、川を眺めながら「サイダー」を飲みたい。

 

ポートランドに興味がある方もない方も、ビール好きなら一度この小さなポートランドでビールを楽しんでみるの、おすすめです。

r.gnavi.co.jp

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

 

 

醸造所併設や飲み放題など東京のクラフトビールまとめ

r.gnavi.co.jp

 

著者・SPECIAL THANKS

ほそいあや

ほそいあや

「猫を愛でることと虫を食べることが趣味」
ブログ: http://seiten4go.com/
Twitter: https://twitter.com/hosoi/

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.