ぐるなび みんなのごはん

あなたの”食べたくなる”を作る

グルメレポ

渋谷で焼肉ならここはオススメ! ガチで美味しいお店を5軒厳選して食べ歩いてみる

渋谷で美味しい焼肉のお店を5店舗厳選して実際に食べ歩いてきました。ご参考にどうぞ!食べ歩いたのは、焼肉と生ピーマンの組み合わせが人気の「たれ焼肉 金肉屋 渋谷道玄坂店」、希少部位と少人数個室が嬉しい「韓の台所 別邸」、この道50年以上で食肉業界…

あのとき自分は終わったなと思った…ハーフナー・マイクが語るサッカー人生の選択ミス【ごはん、ときどきサッカー】

サッカージャーナリスト・森雅史がお送りする「ごはん、ときどきサッカー」は、サッカー関係者の人生をテーマにしています。第21回はJリーグ、オランダ、さらには日本代表などでも活躍したハーフナー・マイクさんにご登場いただきました。現在は東海2部FC.Bo…

「本当のほやを喰ったことがあるか?」強気な看板のお店で宮城直送の極上ほやを堪能してみた

浅草にある「宮城直送かきほや飛梅浅草店」(台東区浅草2-11-10)は、店外の看板に掲げられた「本当のほやを喰ったことがあるか」という文言のインパクトがとても大きいお店です。その看板の通り「ホヤって苦いし臭いし苦手」と感じていたイメージを完全に覆…

愛知の正月はきしめんで始まり味噌煮込みうどんでクライマックスを迎える

独特の食文化といえば「名古屋めし」というキーワードで語られる愛知県のグルメです。何年かぶりに愛知でお正月を過ごすことになった筆者が、この記事を機会に愛するお正月の愛知めしを紹介します。舞台は愛知県民が「熱田さん」と呼び親しむパワースポット…

“小さなデパ地下”の絶品惣菜、400g超重量級サンド、アートとおでん…福岡で存在感を放つ飲食店グループの挑戦とは

福岡市内にある飲食店グループが運営する「岩瀬串店」「SAND GOTO」「峯本おでん店」。現在の状況でも、お客様に喜んでもらえるサービスを提供できるよう、グループ店舗が協力しあい、惣菜店をオープンするなど創意工夫を続けてきました。今回は苦境を強いら…

もしあの試合の前に戻れたら…兵働昭弘が悔やむ長谷川健太監督との最後のシーズン【ごはん、ときどきサッカー】

サッカージャーナリスト・森雅史がお送りする「ごはん、ときどきサッカー」は、サッカー関係者の人生をテーマにしています。第20回は清水エスパルスやジェフ千葉など、様々なチームでMFとして活躍した兵働昭弘さんにご登場いただきました。引退後は清水エス…

地元出身ライターがこっそり教える、北九州で食べるべき朝昼晩の3食とは【答え:資さんうどん】

福岡県は九州の美味しいものが集まるとされています。中でも有名なのは福岡市ですが、福岡市に次ぐ九州で2番めの規模の都市と言えば北九州市です。関門海峡に接し九州最北端にあり、古くから九州の玄関口となってきました。製鉄業で栄え観光地としても有名で…

激辛カレーに正統派洋食、ドイツ風ビアホール…雑多な街で人々を魅了し続ける、新宿「アカシア」の60年〔後編〕

東京のど真ん中新宿に1963年に創業した洋食屋さんの「アカシア」。前編では看板メニューの「ロールキャベツシチュー」とその歴史についてを深堀りしました。こちらの後編では、人気メニューの一つである「極辛カレー」、そして本場のハムやソーセージをきっ…

あの山田うどん食堂がタンメン専門店をオープン、その名も「埼玉タンメン 山田太郎」!

埼玉県民のソウルフード(?)のひとつ「山田うどん」。その山田うどんがオープンさせた埼玉愛にあふれた居酒屋「県民酒場ダウドン」も以前に玉置標本さんが執筆し記事にしていますが、今回はさらなる新業態「タンメン」の専門店を開業したということで、ま…

あの“スプーンで切れるロールキャベツ”は、どうやって生まれたのか―― 新宿の老舗洋食店「アカシア」の60年[前編]

東京のど真ん中新宿に1963年に創業した洋食屋さんの「アカシア」で最も人気のあるメニューは「ロールキャベツシチュー」。召し上がったことがある方も多いかもしれません。東京を代表する老舗洋食店でありながら、一般的な洋食店の代表的メニュー――ポークカ…

日高屋大好きな『こづかい万歳』のおくさまに聞く日高屋の魅力

講談社の青年漫画誌「モーニング」での人気連載『定額制夫の「こづかい万歳」~月額2万千円の金欠ライフ』はご存じでしょうか? 作者である吉本浩二さんをはじめとする、「こづかい制度」で日々の生活を頑張り、創意工夫で人生を楽しいものにする人たちのお…

おれの忘年会はふぐを食べたあとにパフェでしめる

2021年も年の瀬、今年は忘年会を開催される方もしない方もいると思います。大人数では集まれなくても、普段は飲んだり食べたりしないご馳走を楽しみながら師走を過ごしたいものです。というわけで忘年会にありがちな、人との会話でご馳走に集中できず味が良…

とんかつ激戦区、上野で絶対に食べておきたいオススメの5軒に行ってきた

とんかつの激戦区といえば何と言っても上野ですね…「御三家」みたいな呼称もありつつ、某ミシュランガイドの掲載店も少なからず存在しており、とんかつ好きとしてはぜひ訪れておきたいところです。「山家」「蓬莱屋」は次回の機会に譲りつつ、「ぽん多本家」…

僕は自分の考えを押しつけていた…なぜ柿谷曜一朗はセレッソを去り名古屋へ来たのか【ごはん、ときどきサッカー】

サッカージャーナリスト・森雅史がお送りする「ごはん、ときどきサッカー」は、サッカー関係者の人生をテーマにしています。第19回はセレッソ大阪から名古屋グランパスに移籍し、日本代表としてW杯出場経験もある柿谷曜一朗選手にご登場いただきました。セレ…

松戸市の住宅街にこんなディープなお店が…!「ニカ カレーショップ」は店名らしからぬ正しい大衆酒場でした

千代田線馬橋駅から歩いて8分のところにある「ニカ カレーショップ」(千葉県松戸市新作384)を紹介します。吉田類さんの番組でも紹介されたことがあるようですが、地元の方の愛に支えられています。その中心にいるのは、バングラデシュ出身にいるトニーさん…

地域密着の魚屋さんの心意気よ…! 東京ソラマチ「ニダイメ 野口鮮魚店」の丼の盛りが異次元すぎるのでとにかく見てほしい

地域に根ざした鮮魚店の心意気がたっぷり盛られた異次元の海鮮丼を紹介します!本所吾妻橋駅からすぐの「野口鮮魚店」で提供される「朝一築地丼」と、ソラマチ商店街にある「ニダイメ野口鮮魚店」で食べられる「スペシャル豊洲市場丼」がそれです。特に「ス…

和も極めた台湾人シェフが創り出す味…!千歳烏山「天天厨房」は今までに食べた台湾フードと全然違ってた

東京都世田谷区粕谷にある「台湾チャイニーズ 天天厨房(テンテンチュウボウ)」を紹介します。オーナーシェフである、台湾省基隆市生まれの謝 天傑 (シャ・テンケツ)シェフは、漫画『将太の寿司』に感銘を受けて来日し、和食を修行後、他ジャンルのお店で…

浅草の名物グルメを食べ歩き!本当に美味しいオススメ20店決定版

浅草といえば東京を代表する観光地!雷門前での写真撮影は定番中の定番ですね。国内や海外から多くの観光客が訪れる浅草は、美味しい食べ歩きグルメの宝庫でもあります。この記事の前半は街歩きしながらの食べ歩きです。雷門から浅草寺へと続く仲見世通りを…

僕はいつの間にか孤立していた…鄭大世は怒りと挫折にどう向き合ったのか?【ごはん、ときどきサッカー】

サッカージャーナリスト・森雅史がお送りする「ごはん、ときどきサッカー」は、サッカー関係者の人生をテーマにしています。第18回はフロンターレ川崎や清水エスパルス、さらに北朝鮮代表としてもプレーした鄭大世さんにご登場いただきました。現在はゼルビ…

素通りしてたらもったいないぞ…IKEA渋谷&IKEA新宿の北欧グルメはイートインもテイクアウトも最高に楽しい

おしゃれで便利、安くて丈夫な北欧家具や雑貨、世界的なホームファニッシング・カンパニーといえばIKEA。三郷や港北の大型店舗のイメージが強いですが、2020年から新宿・渋谷に都市型の新店舗をオープンさせています。そんな都市型店舗のIKEAでは、大型店舗…

ぎょうざ定期券、ぎょうざ自販機…攻めまくる「福しん」が好きなんだ。

東京23区の西側、主に池袋あたりを中心に展開している中華料理屋さんのチェーン店「福しん」をご存知でしょうか。6個200円の餃子をはじめ、そこそこの値段で美味しい中華を食べられるというパラダイスのようなお店です。福しんのシビ辛第二弾のしびれあんか…

南インド・チェティナード料理の「スリマンガラム」は、朝のティファンも昼のミールスも夜のディナーも現地感がすごかった

日本ではまだ珍しい、南インド料理を極めたシェフのマハリンガムさんのお店「スリマンガラム」(東京都世田谷区経堂2-3-9)を紹介します。インド亜大陸の料理全般に詳しく日本国内のディープな店を食べ歩いているアジアハンターの小林真樹さんオススメのお店…

ストップかけるまで天然マグロのせ放題…!日本橋小伝馬町「食堂うなり」のまぐろ丼がホントにコスパを超越してた

日本橋小伝馬町駅から徒歩3分のところにある「食堂うなり」(東京都中央区日本橋大伝馬町9-4)のランチ数量限定「乗せ放題まぐろ丼」が話題です。お店のつけたキャッチフレーズは「コスパの向こう側へようこそ」。ものすごいオーラを感じますが、さて実態は…

「東京唯一の道の駅」は、八王子の大自然を実感できる名所だった

ある日、久しぶりに「道の駅」に行きたいという気持ちになった――車があれば道の駅に行くことは珍しくないですが、車がないとなかなか行かないものです。旅のできない日々がずっと続いていたので、道の駅へ行きたいという気持ちは、もしかすると、「遠くへ行…

会社におきる理不尽な仕打ちで熱くなった頭を超新感覚な冷麺で冷やしてきました。【フミコフミオのサラリーマン御祝膳問答第11回】

会社員として過ごしていると、大なり小なり理不尽な出来事に出くわすもの…でしょうか。自分の身に降りかかる火の粉ですっかり炎上中、カッとなって血圧急上昇中の毎日ですが、せめて冷たいものをこの秋が深まる季節でもしっかりと食べて、ハートは熱く、頭は…

新宿でとんかつのオススメはここ!本当においしいお店を5軒厳選して食べ歩いてみた

新宿で豚カツが本当に美味しいおすすめのお店をライターさんが実際に5軒厳選して食べ歩いた記事がこちらです。「和幸」や「さぼてん」も美味しいですが、新宿ならではの名店を中心にセレクトしました。“とんかつ”命名の地「王ろじ」、昭和の歌姫美空ひばりさ…

朝から呑める完璧な立ち食い蕎麦屋「ホーチャン」は、三宿エリアにおけるキングオブ隠れ家ではないだろうか

渋谷から近からず遠からず、池尻大橋と三軒茶屋の間の人気エリアと言えば、三宿交差点周辺のエリア。住所で言うと三宿・池尻・太子堂にあたりますが、90年代以降は隠れ家感を求めた芸能人や業界人が夜な夜な集い、そしてランドマーク的なゼストやラ・ボエム…

ハンバーガーチェーンの“絶滅危惧種”がついに覚醒…! 新体制「ドムドムハンバーガー」はやっぱりすごいよ?

日本最古のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」をご存知でしょうか。1990年代の最盛期には全国で400店舗となりましたが、その後失速。2017年に新体制で再スタートを切り、現在は27店舗が運営中です。攻めるメニューがインターネットではたびたび話…

日本人は自分が考えていることを言わない……27歳で初めて日本代表になった高木和道の後悔と夢

サッカージャーナリスト・森雅史がお送りする「ごはん、ときどきサッカー」は、サッカー関係者の人生をテーマにしています。第17回は清水エスパルスで頭角を現し、27歳で初めての日本代表を経験し、様々なチームを渡り歩きながらも引退し、現在はガンバ大阪…

小田原漁港直送の絶品回転寿司(しかも90分飲み放題500円…!)を食べたら、人生がちょっと幸せになった

神奈川県大和市、相模原市、座間市、厚木市、東京都八王子市、多摩市など郊外のロードサイドを中心に展開している回転寿司店「独楽寿司」をご存知でしょうか(座間市、厚木市では「まさのすけ本店」という屋号で出店しています)。値段は一皿120円~とリーズ…

佐賀空港経由でサガン鳥栖戦を観に行くのも意外に楽しいよ!アウェーサポにおすすめしたいグルメ&観光まとめ【ごはん、ときどきサッカー 特別編】

サッカージャーナリスト・森雅史がお送りする「ごはん、ときどきサッカー」特別編として、佐賀空港経由でサガン鳥栖の試合を観戦するアウェーサポーターのためのグルメ・観光ガイドをお送りします。1泊2日の日程で、佐賀を楽しみ尽くすためのモデルルートを…

よく見る「インド定食 ターリー屋」に入ってみたら、想像以上のメニューだらけで素晴らしかった

東京・神奈川・埼玉と大阪に店舗がある「インド定食 ターリー屋」を紹介します。見かけたことがあるかと多いかもしれませんが、記事執筆のココロ社さんによるとターリー屋のメニューは「わんぱく度100%」とのこと。ふつうのインド料理店にはないメニューが…

【保存版】成田は食べ歩きグルメが超充実した穴場だった!新勝寺の参道周辺おすすめ店13選(マップ付き)

成田国際空港、成田山新勝寺があることで有名な千葉県成田市。都内から電車で1時間ほどとアクセスも良く、普段はそれほど混まないので日帰り観光にオススメです。そんな成田で楽しみたいのが食べ歩きグルメ。成田山新勝寺の参道では、うなぎをはじめ、今川焼…

【商品開発者インタビューあり】みんな~! あの鳥貴族はチキンバーガー専門店になってもしっかりやっているぞ!!!

全商品298円(税込327円)均一で人気の焼鳥屋「鳥貴族」が「チキンバーガー専門店」の「TORIKI BURGER」を2021年8月に大井町(東京都品川区東大井5-16-9)にオープンさせたことは、トリキファンならご存知かもしれません。ただ、まだ1店舗のみ…ということで…

日本総ビーフン計画とは…?〈ケンミン〉が47都道府県ビーフンとか自販機とかデリバリーとかいろいろ始めてる

西日本で「ケンミン焼ビーフン」を知らない人はいないのでは?というほどの知名度で、コロナ禍でおうちごはんとしての頻度も上がっている方も多いのではないかと思います。実はこのケンミンの焼ビーフンが今年の春にリニューアル。そしてケンミンの創業70周…

ラムしゃぶも羊串も食べ飲み放題でこの値段とは…! 大塚「東華涮肉」が羊好きには幸せすぎでした

大塚にある「東華涮肉」(東京都豊島区北大塚2-11-4)を紹介します。ディープな大塚北口の飲食街にあるお店で、お客さんは8割が中国の方。現地感あふれるグルメ好きにはたまらないですね。店名にある「涮肉」はしゃぶしゃぶという意味だそう。オススメは何と…

小江戸・川越のおすすめ食べ歩きグルメはこれだ!観光しながら定番からB級まで埼玉グルメを満喫できる12選

「小江戸」「蔵づくりの街」として有名な川越。都内からのアクセスもよく、日帰り観光には最高ですね!そんな川越で楽しみたいのが、食べ歩きグルメ。スイーツにメンチカツ、ねこまんままで、人気の食べ歩きを完全ガイドしたこちらの記事、ぜひ連休のおでか…

小田原で出会った熊本ラーメンが絶品すぎて、なぜか文体が崩れてしまった【フミコフミオのサラリーマン御祝膳問答第10回】

小田原にある熊本ラーメン「ブッダガヤ」(神奈川県小田原市栄町3-14-14)さんを紹介します。「とにかくニオイが強烈」で有名で、「30メートル離れたところからでも感知できるレベル」なんだとか。営業外回りの間のランチでフミコフミオさんが訪問しました。…

今さらだけど和食ってすごい。新橋の「割烹 山路」で、お任せコースだからこその季節料理を味わう

「割烹」って何だろう?気にしたことありますか。そもそも、“外食としての和食”を冠婚葬祭の場面でしか食べてこなかったな…という玉置標本さんが、家庭の味でも居酒屋の味でもお寿司屋さんの味でもない味を求めて、割烹の暖簾をくぐります。知人のBさんのオ…

「どんなことをしても売れたい子」には先がない…野田義治の生き方と芸能人女子フットサルの盛衰【ごはん、ときどきサッカー】

サッカージャーナリスト・森雅史がお送りする「ごはん、ときどきサッカー」は、サッカー関係者の人生をテーマにしています。第16回は芸能界で数々のタレントを育成し、芸能人女子フットサルにも関わってきた野田義治さんにご登場いただきました。芸能人女子…

ラム肉ゴロッゴロのビリヤニをイオンのフードコートで食べられるとは…!本気で多摩方面に引っ越したくなった

イオンモールのフードコートで、本格派の南インド&パキスタン料理が食べられる!? こちらの記事では「イオンモール多摩平の森」内のフードコートに出店している「アナスドーサビリヤニ」(東京都日野市多摩平2-4 イオンモール多摩平の森1F)について紹介し…

ドーハへ行って人生が変わった…ピッチリポーター・岩澤昌美はなぜサッカーを仕事にしたのか【ごはん、ときどきサッカー】

サッカージャーナリスト・森雅史がお送りする「ごはん、ときどきサッカー」は、サッカー関係者の人生をテーマにしています。第15回はピッチリポーターとして様々な番組に携わってきた岩澤昌美さんにご登場いただきました。長らく携わっている高校選手権、そ…

これはラーメン餃子のセットではない…完全無欠の「餃子ラーメン」でスタミナを注入してきた話【フミコフミオのサラリーマン御祝膳問答第9回】

営業職だと「外回り営業中に食べてはいけないメニュー」があったりしませんか。カレーうどんのようなシミが付きやすいもの、餃子やステーキのようにニンニク臭があるもの、お腹を下す冷たいもの、歯と唇に海苔が付きやすいもの…などを避けることもあるかと思…

パリ風、エジプト流、イスラエル味。噂の「ファラフェル」を知りたくて都内専門店を食べ歩いてみた

「ファラフェル」という料理をご存知でしょうか。中東発祥で豆をベースに使った揚げ物料理として知られ、欧米では数十年も前からブームになっていたようですが日本ではここ数年でじわじわと人気が出てきており、東京都内にも専門店がいくつか出来ているよう…

池袋のスリランカ料理店、その名も「フロリダ亭」ーー。最高にうまいバナナリーフカレーをお安く食べるならここ!

ライターのnarumiさんがここ1年ほどハマっている池袋のスリランカ料理のお店「フロリダ亭」(東京都豊島区南池袋2-6-7 サンシャインタワー1F)を紹介します。看板料理はたくさんの具をバナナの皮で包んだ「バナナリーフカレー」。ランチではなんと破格の800…

スポーツ国際大会における「おもてなし」とは?…メディアセンターでの食事の記憶【ごはん、ときどきサッカー 特別編】

サッカージャーナリスト・森雅史がお送りする「ごはん、ときどきサッカー」は、サッカー関係者の人生をテーマにしていますが、今回は特別編。「食べ物の恨みはおそろしい」みたいなこと、どんな方でも頭をよぎったこと少なからずあるのではないでしょうか?…

漆黒のかけそば、城の跡……知られざる深大寺を早朝に楽しむ

お蕎麦で有名な調布の深大寺ですが、混雑を避けて早朝に散策しお蕎麦をいただいて帰宅…という流れを楽しまれたココロ社さんのレポートです。深大寺に限らずですが、時間と場所をずらすことで新しい発見に出会えるはず。今回はバスを使わず調布駅から徒歩、水…

ふわトロオムライスからギネス級の激辛まで…浅草橋「リトルヤミー」は見た目上品なのに超ゴリゴリのお店でした

デカ盛りで有吉ゼミなどで紹介されている有名店、浅草橋の「リトルヤミー」(東京都台東区柳橋2-3-2)を紹介します。ふわっとろのオムカレーやオムハヤシがとにかく美味しいのですが、実は最強唐辛子キャロライなリーパーを使った超激辛オムライスがあるとか…

鹿肉を美味しく食べるには? 初心者でも作れる美味しいレシピを猟師さんに教わる

近年のジビエブームですが、お店で食べる機会はあってもなかなか自分で料理する機会は少ないかと思います。もしあっても、火加減だったりおいしく食べるにはどんな料理法がいいのかだったりの最適解を導くのはネット検索でも見つけづらいところです。そこで…

サッカーを愛するみなさん、ご機嫌いかがでしょうか…金子勝彦と伝説的サッカー番組の舞台裏【ごはん、ときどきサッカー】

サッカージャーナリスト・森雅史がお送りする「ごはん、ときどきサッカー」は、サッカー関係者の人生をテーマにしています。第14回はサッカー中継の実況アナウンサーとして日本サッカーを見続けてきた金子勝彦さんにご登場いただきました。「三菱ダイヤモン…

                             
ページ上部へ戻る