横浜中華街の食べ放題店を食べ比べて徹底解説!中華料理激戦区を制するおすすめ店はココ【PR】

定番中華から高級食材に至るまで、横浜中華街で楽しめる「オーダー式食べ放題」の各店の特徴、違いを徹底解説!3年以上横浜中華街の料理を食べ歩く地元ライターが、歩いて食べ比べた中のおすすめ店をご紹介していきます。【PR ぐるなび】

横浜中華街の食べ放題店を食べ比べて徹底解説!中華料理激戦区を制するおすすめ店はココ【PR】

f:id:minnano58:20181227175221j:plain

 

横浜中華街の名物を全部まとめて食べてみたい!と思った時にハズせないのが「食べ放題」!北京ダック、麻婆豆腐、小籠包、フカヒレ……と定番メニューから高級食材まで食べたいものはたくさんありますよね。けれど、500軒を超えるお店が集まる横浜中華街の中で、どのお店に行けばいいんだろう?と迷う人も多いはず。

そこで、今回は3年以上にわたって横浜中華街の料理を食べ歩く地元ライターが、オーダー式食べ放題のオススメ店と各店の特徴、違いを徹底解説していきます!

 

1.世界最高峰レベルのシェフが手掛けた料理をまさかの食べ放題で!路地裏の行列店「皇朝」

 

f:id:minnano58:20181227180042j:plain

 

横浜中華街のメインストリートである中華街大通りから一本入り、「香港路」を進んだ先にある「皇朝(こうちょう)」は、路地裏という立地でありながら、中国料理の世界大会でチャンピオンを獲得したシェフが多数在籍している店としても非常に有名です。近年は中国の目覚ましい経済成長で日本に渡るシェフが減っていると言われる中、最高峰の腕を持つシェフたちが生み出した料理を真っ向から食べ放題のスタイルで提供するという、数多ある食べ放題店の中でも技術と味の違いに強いこだわりを持っている一軒です。

 

f:id:minnano58:20181227180110j:plain

 

ここは一見すると派手に見える表の看板とは裏腹に、店内はシックで落ち着いた雰囲気になっているのも特徴です。席は1階、2階の通常のテーブル席に加え、広く使うことができるソファ型のボックス席も比較的多く、扉が付いたプライベート感のある個室も揃っています。そしてオーダー式食べ放題の値段は全135品が時間無制限で2,890円(税込/土・日・祝日は除く)となっていて、最安値クラスとは異なる品数や使用食材へのこだわり、飽きのこない味わいの調理が価格バランスのポイントになっています。

 

f:id:minnano58:20181227180132j:plain

 

そんな「皇朝」でまず食べておきたいのはこの「小籠包」。レストランだけでも月に3万個以上オーダーが入るという超人気の一品で、作り置きで冷凍すると皮や餡の味が変わってしまうため、1日数回に分けて仕込みを行い、すべて当日分を手作りしているのだそうです。また、「皇朝」は点心師の中でもランクが高く、本場中国でも40人前後しかいないという特級点心師が決めたレシピを忠実に守り、オーダーが入った時点で蒸し始め、中国の有名店にも負けない新鮮さ、味わいを実現しているのだそうです。

 

f:id:minnano58:20181227180152j:plain

 

そしてもう1つ、「皇朝」の食べ放題メニューの中でおすすめしておきたいのが「北京ダック」です。選ぶ店によってはコテコテの油っぽい北京ダックが出てくる場合もありますが、「皇朝」の場合は横浜中華街の中でもまだ珍しい北京ダック専用の蒸し窯を持っていて、時間をかけてゆっくりと余計な脂を落とし、しっかり皮の部分を乾かしてパリッとした食感を作るなど、丁寧な仕込みを行っているのだそうです。

ちなみに日本で北京ダックと言うと皮の部分だけを食べるイメージの人も多いかもしれませんが、本場の北京ダックは身がついているのが一般的で、この身の部分の美味しさが味わえるのも、「皇朝」のポイントだと思います。

 

f:id:minnano58:20181227180219j:plain

 

また、「皇朝」の店員さんに教えてもらった意外な人気メニューがこの「カニ爪の揚げ物」です。元々は横浜中華街の中でも高級店でしか味わえなかった一品とあって、今では来店客の8割近くがオーダーする人気メニューになっているのだそうです。ズワイガニを贅沢に使用したこのカニ爪には海老のすり身や人参も入っていて、もっちり弾力感のある衣をかじれば、カニの凝縮された自然の甘みが一気に口の中に広がっていきます。

 

f:id:minnano58:20190104140555j:plain

 

この日は他にも「黒豚焼き餃子」「エビのチリソース」「マーボー豆腐」「牛肉黒胡椒バーベキューソース炒め」「チンジャオロース」「ハチミツ漬けチャーシュー炒飯」といったメニューを思う存分堪能しましたが、「皇朝」の食べ放題はどれもしっかり作り込まれていて、手抜き感がないのが凄いです。一見するとわかりにくいポイントですが、食べ放題店を食べ歩いていると満腹感を作るために味付けの濃さばかりが目立つ店もあったりします。同じ食べ放題でもあとワンランク美味しいものが食べたい!と思った時にはぜひ思い出してもらうといいと思います。

 

横浜中華街 皇朝 オーダー式食べ放題
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町138-24
1,990円(平均)1,990円(ランチ平均)

r.gnavi.co.jp

 

2. 名物の鮮肉小籠包は超おすすめ!安い上に味見もできる食べ放題、小籠包専門店「七福」

f:id:minnano58:20171221173216j:plain

続いてご紹介するのは「関帝廟」のすぐ横の路地を入った先にある小籠包専門店、「七福」のオーダー式食べ放題。

こちらのお店の凄いところは、点心・飲茶の食べ放題コースが1680円、133品の食べ放題が2480円とかなりリーズナブルな上に、美味しいかどうか「味見してみたい」というリクエストまでOKしている点。味に自信があるからこそ、中華街の中でも見た事がないような珍しいサービスを行っているんですね。

そんな「七福」でオーダーした食べ放題メニューの数々がこちら!

f:id:minnano58:20171220133405j:plain

名物の「鮮肉小籠包」を中心に「海老マヨ」や「海老の塩胡椒揚げ」、そして何度食べても美味しい「北京ダック」「麻婆豆腐」「海老チリ」などのメニューを揃えてみました。

点心好きの方であれば、他にも「上海蟹ミソ入り小籠包」や「海老蒸し餃子」「フカヒレ餃子」などのメニューもありますよ!(上海蟹ミソ入り小籠包は、プラス800円のプレミアム食べ放題のメニューです)

 

f:id:minnano58:20171221172929j:plain

名物の「鮮肉小籠包」の中には旨すぎる肉汁が大量に!!!

「七福」の点心は冷凍のものを使用せず、新鮮さにこだわって全てのものを毎日手作りし、オーダーが入ってから仕上げていくのだそう。

そんなこだわりの小籠包は油っこさや塩辛さがなく、手作りならではの皮のもちもち感と、豚肉の甘みがストレートに肉汁から伝わってきます。旨味はきちんとあるのにヘルシーで、手が止まらなくなってしまう逸品です。

 

f:id:minnano58:20171220133433j:plain

また、「七福」の「海老マヨ」はソース自体の美味しさもさることながら、使用している海老の大きさが他店とはひと味違います。

大ぶりの海老は食感もプリップリで、マヨソースと海老から出てくる甘みが絡み合った時の美味しさが最高です!小籠包や餃子もオススメですが、ぜひ海老マヨも試してみてください!

 

f:id:minnano58:20171220133447j:plain

今回は「七福」の133品、2480円の食べ放題をオススメしましたが、なんとこの食べ放題、ぐるなび経由でネット予約すれば割引が発生し、「1980円」というお値段でOKになってしまうそうですよ!帰り際に、「予約してから行けば良かった……」とちょっと反省してしまうほどでした。

 

f:id:minnano58:20171221172545j:plain

ちなみに「七福」の2階には特等席とも言えるようなテラス席があり、有名な「関帝廟」が見渡せる席としては抜群の立地です。夏場であればビアガーデンに来たような気分で本格中華の食べ放題を楽しむ事もでき、隠れ家気分で一息つきたいという時には知っておくと便利な場所なのです。

 

r.gnavi.co.jp

 

3. 一番人気は特級点心師の焼き小籠包!実は1980円という格安で食べ放題になる「萬源酒家」

f:id:minnano58:20171220133747j:plain

続いてご紹介するのは元町・中華街駅の山下公園口から徒歩2分の場所にあり、平日も休日も同じ料金で全146品ものメニューが食べ放題になる「萬源酒家」。

実はこちらの146品の食べ放題、通常は2860円という料金なのですが、ぐるなびで予約を入れて行けば1980円になってしまうというありがたい一軒なのです。しかも、ドリンクバーまでついて1980円になってしまうため、お得度は相当に高いお店となっています。

f:id:minnano58:20171220133800j:plain

「萬源酒家」はまだオープンしてから2年ほどのお店なので、店内が格段に綺麗なのも特徴です。

こちらのお店には「特級点心師」と呼ばれる資格を持った点心師の方もいます。この特級点心師の資格は取得するまでに15年以上かかるとも言われていて、点心師の中でも格段にレベルが高い資格。そんな技術を持った点心師の小籠包が味わえるお店としても知られています。

こちらが一番人気の「焼き小籠包」!

f:id:minnano58:20171220133812j:plain

「萬源酒家」の点心、飲茶は全て手作りで、特級点心師が皮から餡に至るまで、丁寧に仕上げている逸品。最近はあちこちのお店で食べ歩き用の焼き小籠包が販売されていますが、「萬源酒家」の焼き小籠包は食べてみればすぐに違いがわかります。

ジュワッと溢れ出る大量の肉汁にしつこさがなく、素材の持つ本来の美味しさが上品に口の中へと広がっていきます。

 

点心以外のメニューでぜひ食べておきたいのがこの「フカヒレ姿煮かけ炒飯」!

f:id:minnano58:20171220133824j:plain

こちらのお店でも国内産の本物のフカヒレを使用しているため、人工のフカヒレとはひと味違う美味しさが味わえます。ちなみに高級食材をもっと食べてみたい!という人には、食べ放題の料金に200円プラスすれば、本物の鮑(あわび)まで提供しちゃってるそうですよ!

 

f:id:g-mag:20190111185954j:plain

「萬源酒家」には、辛党を自負する人にぜひ試してもらいたいメニューもあります。お店の方曰く、「超激辛四川麻婆豆腐」は中華街一の辛さ!で、辛いけれど爽快感と複雑な旨味にハマってしまう逸品なのだそうですよ!

 

f:id:minnano58:20171220133850j:plain

一番人気の「焼き小籠包」に加え、「豚肉小籠包」、「フカヒレ姿煮かけ炒飯」「フカヒレおこげ」「北京ダック」「油淋鶏(ユーリンチー)」「マンゴープリン」「杏仁豆腐」までずらりと並べ、その他もメニューも含めてどれだけ食べても飲んでも1980円でイケてしまうって素晴らしい。中華料理の激戦区に、また凄いお店が登場していますよ!

 

小籠包専門店 萬源酒家 オーダー式食べ放題
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町187-1
1,980円(平均)950円(ランチ平均)

r.gnavi.co.jp

 

4.随一の品数とリーズナブルさなのに、小籠包、北京ダックにも手間を惜しまない人気店「龍海飯店」

 

f:id:minnano58:20181227175723j:plain

 

横浜中華街のメインストリートである中華街大通りの象徴、「善隣門」から徒歩2分もかからないアクセスの良さ、そして数多ある食べ放題店の中でもトップクラスの品数とリーズナブルな価格帯。ぐるなびネット予約ランキングでも2年連続1位を獲得してきた人気店が「龍海飯店(りゅうかいはんてん)」です。食べ放題専門店の中で実質最安値クラスなのに、横浜中華街に来たら食べたい!と思う料理メニューはほぼすべて網羅していて、小籠包の味までこだわっているのも人気の理由になっています。

 

f:id:minnano58:20181227175748j:plain

 

「龍海飯店」は横浜中華街の中に本店、大通り店の2店があり、今回は中山路沿いの本店の方に行ってきましたが、店内は想像していた以上に広く、席のラインナップは非常に充実しています。2名から利用できる一般的なテーブル席はもちろん、半個室型のボックスシート、さらには4名から利用できる完全個室や数十名規模の宴会にも対応できる個室が揃い、多様な人数、利用シーンに対応できる席数を持っているのもポイントです。

 

f:id:minnano58:20181227175806j:plain

 

そして「龍海飯店」はこれだけ多数の料理ラインナップを提供しているにも関わらず、「小籠包」も機械は使用せず、すべて手作りの味にこだわっているのも大きな特徴です。オーダーが入ってから1つ1つを仕上げ、蒸したて熱々のものを来店客に出しているそうで、柔らかでモチモチした皮の食感、豚肉の味、そして旨さはしっかりあるのに重すぎない、軽快な美味しさの肉汁にもこだわっているのだそうです。

今回は看板メニューになっている「彩り五色小籠包」を食べてみましたが、スタンダードな豚肉に加え、蟹みそ、フカヒレ、海老、牛肉という一般的な他の食べ放題店では出会えない贅沢な具材になっていて、思わず2回おかわりしてしまったほどでした。

 

f:id:minnano58:20181227175833j:plain

 

また、「窯焼き北京ダック」ももちろん食べ放題!こちらも実は「龍海飯店」がこだわりを持って作っているメニューの1つなのだそうです。その名の通り、横浜中華街ではまだ導入している店舗が比較的少ない、北京ダック専用の窯を用いてじっくり脂を落とし、旨味を引き出しながら作っているのが窯焼きならではの特徴です。「龍海飯店」が凄いのはこれらをおかわり自由で提供し、通常の身がついた北京ダックはもちろん、皮のみのオーダーにも対応してくれる点。二度、三度、楽しみながらこの贅沢な一品が味わえます。

 

f:id:minnano58:20181227175855j:plain

 

こちらは近年、横浜中華街の中でも人気が急上昇している「四川風麻婆豆腐」。「龍海飯店」は使用するスパイスの調合を何度も考えた上で現在の味の行き着いたのだそうです。口に入れた瞬間はしっかりと辛い、でも、その後は豚ひき肉が醸し出す旨味が一気に口の中に広がっていく。食べた後はコクと旨味が忘れられず、もう一口、もう二口と食べ進んでしまうクセになる味わいの一品です!

 

f:id:minnano58:20181227175912j:plain

 

今回は看板メニューの「彩り五色小籠包」を中心にご紹介しましたが、「龍海飯店」は一般的な食べ放題のメニューに含まれないことが多い「焼き小籠包」が好きなだけ味わえるのも大きなポイント。さらに「ホタテのXO醤炒め」「カニ爪の揚げ物」「フカヒレあんかけチャーハン」など、海鮮系のメニューも非常に多く揃っていました。これだけ散々中華料理三昧を楽しんで、値段は横浜中華街随一のリーズナブルさ。お得度の高さで選ぶならココ!という理由がよくわかった一軒でした。

 

横浜中華街 彩り五色小籠包専門店 龍海飯店
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町146-2
1,980円(平均)800円(ランチ平均)

r.gnavi.co.jp

 

 

5.実質最安値クラスなのに食べたい定番から海鮮まで全網羅!「萬金楼」のコスパはやはり凄い

 

f:id:minnano58:20181227175258j:plain

 

横浜中華街を代表するメインストリート、「中華街大通り」のど真ん中という立地の良さ、そしてテレビや雑誌などのメディアでも取り上げられる機会が多い食べ放題専門店が「萬金楼(まんきんろう)」。こちらはカップル用のテーブル席から個室、団体用の貸し切り宴会スペースに至るまで合計5階分の席が揃い、横浜中華街の中でも屈指の広さ、席数を持つ食べ放題店となっています。

 

f:id:minnano58:20181227175334j:plain

 

こちらの店では以前、3階の個室席も利用したことがありましたが、その時は想像以上に広いスペースと円卓の大きさでかなりゆったり寛げた印象があります。通常の食べ放題とまったく変わらない値段で最大8名までが座れる席となっていたので、混雑する週末の横浜中華街の中で一息つき、プライベート感たっぷりの雰囲気で中華料理を楽しみたいという家族連れや仲間同士にはおすすめの隠れ家席です。

 

f:id:minnano58:20181227175354j:plain

 

そんな「萬金楼」の食べ放題は全142品、時間無制限で一人あたり通常2,680円(税別)という値段になっていますが、実はネット予約経由なら格安の1,980円(税別)で利用できてしまうため、味わえる品数に対する値段の安さという意味では、横浜中華街の中でも実質最安値クラスの店となっています。

また、こちらの店はタッチパネル式のオーダー方法になっているため、オーダーをお願いする時の気まずさや面倒さがなく、ストレスフリーでどんどん好きなメニューが楽しめるのもポイント。まずは小籠包、ヒスイ餃子、フカヒレシュウマイなどの点心類を食べ比べ!と思い、どんどんオーダーしてみましたが、せいろのタワーができてしまうほどの種類がテーブルの上に運ばれ、出だしから想像を上回る勢いの食べ放題タイムがやってきました。

 

f:id:minnano58:20181227175422j:plain

 

蒸したてのショウロンポウを思いっきり満喫した後は、この店の名物にもなっている「萬金焼き餃子」へスイッチ。この焼き餃子がかなりのジャンボサイズで、普通の焼餃子3個分、いや4個分くらいはありそうな勢いなのです。しかも中身がかなり具沢山な状態なのでずっしり重く、これだけでハイボールがガンガン進んでしまうほどのヤミツキ度なので要注意。「萬金楼」に行ったらぜひこの一品も食べてみるといいですよ!

 

f:id:minnano58:20181227175445j:plain

 

また、「萬金楼」は数多ある食べ放題店の中でも、海鮮メニューのラインナップがかなり充実しているのが大きな特徴です。今回は店員さんに海鮮メニューの中でも人気と教えてもらった「ホタテのニンニク蒸し」を食べてみましたが、大好きなホタテの上に刻みニンニクがたっぷりと乗り、口の中に入れて味わうとニンニクが禁断の旨さを醸し出してくる一品です。パンチのあるニンニクとホタテの組み合わせにハマってしまい、3回もおかわりしてしまいました。

 

f:id:minnano58:20181227175506j:plain

 

さらに「エビのガーリック風味炒め」も鉄板の美味しさ。ガーリックチップをふりかけてパリパリ食感のエビをかじれば、甘みと旨味が口の中で思いっきり増強されます!これまたエビ好き、ガーリック好き、パリパリ食感好きは堪らない、追加オーダー必至の組み合わせでした。

今回は食べたメニューの一部をご紹介していますが、「萬金楼」は最安値クラスの価格帯でありながら、点心もすべて手作り、フカヒレや北京ダック、エビのチリソースなどの定番メニューもすべて網羅、その上海鮮メニューが多く、「渡り蟹のガーリック風味炒め」のようなメニューまで味わえてしまいます。これだけ散々好きなものが味わえ、ネット予約なら実質1,980円(税別)となると、やっぱりありえないくらいのコスパ力の高さだと思います。

 

横浜中華街 萬金楼
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町149-3
2,000円(平均)750円(ランチ平均)

r.gnavi.co.jp

 

提供:皇朝、七福、萬源酒家、龍海飯店、萬金楼

 

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.