【保存版】岡山で1,150軒以上食べ歩いた男が厳選! 岡山駅周辺のホントに美味しい食べ歩きグルメ10軒(マップ付き)

岡山No.1観光スポットと言えば倉敷・美観地区ですが、食べ歩きスポットとして倉敷に負けていないのが、岡山の玄関口である岡山駅周辺です。岡山を代表するB級グルメ、デミカツ丼の元祖である「味司野村」や、駅ビルにあり、岡山を代表する郷土料理「ままかり」の押し寿司がいただける「吾妻寿司」、岡山市民のソウルフードである中華そばの「天神そば」などのガッツリ系から、これそ食べ歩きのコロッケや豚マンまで、バラエティーに富んだラインナップです。近年注目のフルーツサンドやベーグルもたまりません!岡山にお越しの際は、ぜひお試しを!(岡山市のグルメ

【保存版】岡山で1,150軒以上食べ歩いた男が厳選! 岡山駅周辺のホントに美味しい食べ歩きグルメ10軒(マップ付き)

f:id:keyturn:20171105123413j:plain

こんにちは!岡山グルメブロガーのきーたんです。岡山に移住して早5年……。気づけば岡山のお店に1,150軒食べに行っております!
 
今回は先日の「倉敷・美観地区」エリアの食べ歩き記事に続き、岡山の玄関口!岡山駅周辺の食べ歩き店を紹介します。

岡山と言えばのお寿司からソウルフードのラーメンまでいろいろ紹介しますね!

【もくじ】

 

1. 出遅れたら売り切れてしまう岡山駅前の大人気ベーグル屋さん「HATTORI BAGLE」

f:id:keyturn:20171025123353j:plain

2015年のオープンから2年が経ちますが、夕方には大抵どれも売り切れてしまう人気店です。

可愛らしい雰囲気もあって岡山でも人気のスポット。

 

「夕方じゃないと行けない!」という方でも、予約やお取り置きができるみたいですよ!

f:id:keyturn:20171025123404j:plain

 

店内は台の上にベーグルがびっしり並んでます。

季節の食材もいろいろと使われているので、いつ来ても飽きない品揃え!

f:id:keyturn:20171025123449j:plain

 

店内にもほんの少しですがイートインスペースもあって、コーヒーも無料でいただけちゃいます。

f:id:keyturn:20171025123737j:plain

 

秋めいて来たこの日、秋冬限定の「渋皮栗とホワイトチョコのコーヒーベーグル」を買ってみました! 栗の形をモチーフにしてるのがかわいいですね〜。

f:id:keyturn:20171025125109j:plain

 

コーヒーのほろ苦さと大粒の栗の自然な甘みが口いっぱいに広がって幸せです〜!

f:id:keyturn:20171025125223j:plain

シンプルなベーグルももちろん美味しいんだけど、こうして季節の素材の美味しさをしっかり引き出しているセンスの良さが人気店の秘密ですね!

 

店名:HATTORI BAGEL(ハットリベーグル)
住所:岡山岡山市北区奉還町1-5-5
TEL:086-959-4391
営業時間:12:00〜17:00
定休日:第1第3日曜日、毎週月・火曜日

 

 

2. 岡山LOVEの店長が毎朝仕入れる新鮮な生タコを使ったたこ焼きが最高!「よすが(縁)」

f:id:keyturn:20171026160050j:plain

岡山駅に一番近い商店街「岡山駅前商店街」の中にあるたこ焼き屋さん。

ここの店長は岡山LOVEでいろいろなイベントにも顔を出して精力的に活動されている素敵な方です!

 

岡山ローカル番組ではありますが、某ホンジャマカの某石塚さんも食べに来てるんです!

f:id:keyturn:20171026155644j:plain

 

「タコに!!こだわってます」と全力でアピール!(笑)

f:id:keyturn:20171026155706j:plain

いや、でもホントに毎朝生たこを仕入れてるたこ焼き屋さんって世の中にどれくらいいるんでしょうか。本当にその心意気がすごい!!

 

店内でも持ち帰りでも食べれますが、商店街に出ているテーブルでも食べられます!

f:id:keyturn:20171026160104j:plain

 

たこ焼きは3種類のダシを使って、干しアミエビやイカ天などを使うというこだわりっぷり。原価率を心配してしまうレベルです!

f:id:keyturn:20171026155850j:plain

 

オリーブオイルで焼かれたたこ焼きは外がカリッカリ!

f:id:keyturn:20171026160940j:plain

 

中はとろっとろ〜〜!

f:id:keyturn:20171026161044j:plain

 

写真でみてもタコの新鮮さが伝わりますよね??

f:id:keyturn:20171026161210j:plain

岡山の食材をふんだんに使ったこだわりたこ焼きを是非!

 

店名:牛窓直送 よすが
住所:岡山岡山市北区駅前町1-1-13
TEL:086-238-8233
営業時間:11:30~19:00
定休日:水曜日

 

3. 断面命!のフルーツサンド専門店は開店前から行列が!「nid sand(ニ・サンド)」

2016年4月のオープンから1年半、今ではメディアでも引っ張りだこの超人気店になっていて、開店から数時間で売り切れてしまうことがあるくらい!

f:id:keyturn:20171103141525j:plain

 

小さな店内にショーケースがあって、オープン時にはぎっしりサンドが並んでいます。

f:id:keyturn:20171029113813j:plain

 

パンにあった自家製の生クリームが美味しいと評判なんですが、これまた素材に合わせていろいろアレンジされたりもしています。

f:id:keyturn:20171029113823j:plain

f:id:keyturn:20171029113838j:plain

 

岡山の人気パン屋さんの食パンを使われているそうで、パンの耳は早いもの勝ちでいただけるようです。

ちなみに店主の方はデザイン学校の卒業で、この絵とかご自分で書かれたそうです。

f:id:keyturn:20171029113918j:plain

 

「断面命」

これも店主が彫った力作!気持ちがこもってていいですね!

f:id:keyturn:20171029113931j:plain

 

唯一2列並んでいるのが「塩大福」。これがファンの方も多いみたいです。

f:id:keyturn:20171029114207j:plain

 

この生クリームびっしり感がすごいです!!

f:id:keyturn:20171029161717j:plain

この自家製生クリームの味が絶品という声が本当に多いんですよ〜!

これだけたくさん生クリームが入っていてもペロリと食べれてしまう絶妙な甘さ加減!

ほんのり塩が効いたあんこと求肥、全てがバランス良くてたまりません!

百聞は一食にしかず!ぜひ是非オススメの一品です!

 

店名:nid sand(ニ・サンド)
住所:岡山岡山市北区柳町2-9-13
TEL:086-233-0802
営業時間:12:00~18:00(売切次第終了)
定休日:第1日曜・毎水曜

 

 

4. 岡山を代表するB級グルメ!デミカツ丼は元祖のお店で卵とじカツ丼と比べながら食べるべし!「味司野村」

f:id:keyturn:20171026113215j:plain

カツ丼と言えば当然ながら最初に頭に浮かんでくるのは卵とじのカツ丼だと思いますが、岡山カツ丼と言えばこちらの「デミカツ丼」の方がポピュラーです。

デミカツ丼の起源というと、こちらの「味司野村」が昭和6年の創業時に出されたものが元祖とされています。昭和6年と言えば1931年になるので86年前!?すごい歴史ですね・・・

 

外観は和モダンと言った感じ。

f:id:keyturn:20171026113229j:plain

 

入り口すぐ右手に券売機があります。

ここのウリは何と言ってもデミカツ丼はもちろん、玉子とじカツ丼も食べられるうえに、両方食べ比べることができるセットもあるんです!

f:id:keyturn:20171026113302j:plain

 

12時を過ぎるとお客さんがいっぱいなので、できれば12〜13時は避けたほうが良いですね。

f:id:keyturn:20171026113420j:plain

 

2つ食べてちょうど並盛りの量になるという「孫膳」を注文しました。

f:id:keyturn:20171026113847j:plain

 

かなりトロみのつよいソース。上には飾りとしてグリンピースが乗っかっています。

f:id:keyturn:20171026113858j:plain

 

デミグラスソースのかかったカツをよけると茹でたキャベツが下に敷かれています。

f:id:keyturn:20171026114321j:plain

 

孫膳というだけあって、カツ自体は一口サイズで食べやすくなってます。

f:id:keyturn:20171026114307j:plain

ソース自体は味噌の風味もあってかなーり濃厚。キャベツと一緒に食べるのもいいですね!

 

さぁ続いて玉子とじカツ丼いただきましょう!

f:id:keyturn:20171026113906j:plain

 

玉ねぎの入った玉子とじをめくるとカツが見えてきます。

f:id:keyturn:20171026114051j:plain

 

ダシが染みたカツがいい感じですね〜。

f:id:keyturn:20171026114031j:plain

デミカツ丼だけだと味が単調になってしまうところがありますが、こうやって玉子とじのカツ丼と一緒に食べると、一口ひとくち味の変化が楽しめるのもいいですね。

ぜひ是非みなさんも両方の食べ比べをオススメします!

 

店名:味司野村
住所:岡山岡山市北区平和町1-10
TEL:086-222-2234
営業時間:11:00~21:00
定休日:無休(年末年始は臨時休あり)
URL:https://r.gnavi.co.jp/b3yyjgm50000/

 

5. あの超有名テレビ番組にも取り上げられた、岡山が誇る名物豚まん「山珍」

f:id:keyturn:20171029121142j:plain

岡山県庁のすぐ近く。

パッと見はちょっとオシャレな中華料理屋さん、という感じなんですがコチラのお店創業58年という老舗店。

 

中華料理店ではありますが、何と言ってもこちらのお店の名物は豚まん!創業当初からの人気メニューだそうです。

お持ち帰り用にも3個入りや5個入、10個入りと揃っています。

他にもいろいろお持ち帰り商品が並んでます!

f:id:keyturn:20171029121302j:plain

 

1つ340円を「高い!」と思うかどうかは食べてからのお楽しみです。

f:id:keyturn:20171029121310j:plain

 

レジの上に大きく書いてありました!

「ワールドビジネスサテライト」で2017年1月27日放映されたんですよ!

f:id:keyturn:20171029121432j:plain

この黒板の左下に書いてありますが、豚まんの発送は9ヶ月待ち!!さすが全国区のTVで取り上げられるとおそろしいことになるんですね!!

手作りで冷凍もしない、添加物も使わないというこだわりだからしょうがないですね…。

9ヶ月も待てない人は是非岡山に食べに来てください(笑)

 

さあさあ、それでは早速いただきましょう!!

f:id:keyturn:20171029182006j:plain

 

山珍の豚まんの特徴は何と言っても「うずらの玉子」と「角煮」が入っていること!!もちろん豚ミンチも入ってるし、野菜もたっぷり!

f:id:keyturn:20171029182040j:plain

この味が幾重にも重なる感じが奥行きのある旨味になるんですよね!!

これはホントにうまい!!ぜひ是非岡山に来たら食べてほしい一品です!!

 

店名:広東菜館 山珍
住所:岡山岡山市北区丸の内2-12-22
TEL:086-222-2316
営業時間:11:30~
URL:https://r.gnavi.co.jp/ndby5knw0000/

 

6. 名前の由来は…? 岡山郷土料理「ままかり」の押し寿司「吾妻寿司

f:id:keyturn:20171105122851j:plain

こちらの吾妻寿司さん、岡山駅ビル内にあるため、出張や旅行の際に訪れるお客さんが多いお寿司屋さんということで有名なんです。

お持ち帰りのお弁当もありますが、カウンターに座って食べるも良し。こちらの吾妻寿司さんでは岡山を代表する瀬戸内の海の幸がいろいろ味わえるんですが、今回はやはり岡山の食文化を語るうえではずせない「ままかり」を是非みなさまに知っていただきたいと思い紹介します!

 

押し寿司なのでお持ち帰りしやすくなってます。この日は天気も良かったので公園でいただきます!

f:id:keyturn:20171105124303j:plain

食べる前に少し「ままかり」のご説明。

ままかりというのは魚の名前じゃないんですよね。正式名称はサッパという西日本で食べられる魚で、だいたい10〜20cmの小ぶりなサイズ。

この魚を「ままかり」と呼ぶのは岡山独自の呼び方で他の県だと違う呼び方をされるんです。

なぜ、ままかりなのか…、こんな話しが昔あったみたいです。

自分のところで作ったサッパの料理が美味しすぎてご飯がすすんでしょうがなくなって、自分の家で炊いたご飯が足りなくなってしまって隣の家にご飯を借りに行くほど美味しかったと。
そう、「ご飯を借りる」⇒「ご飯(まんま)かりる」⇒「ままかり」

ということなんです。そんな言い伝えができてしまうほど、岡山に愛された食材なんですよね〜。

 

そんなままかり、一番ポピュラーな食べ方は酢漬け。

こちらの吾妻寿司さんでは押し寿司として昆布に包まれた感じで提供されています。

f:id:keyturn:20171105124457j:plain

 

ペラっと昆布をめくるといわゆるお寿司の「光りもの」のままかりが顔を出します。

f:id:keyturn:20171105124552j:plain

 

ではでは一口…

f:id:keyturn:20171105124606j:plain

押し寿司ではありますが、そんなにギチギチに握られているわけではないので程よくシャリも口の中でほぐれていきます!

ままかり自体は光りものなので脂っぽさはないですが、酢〆特有の美味しさと昆布の旨味が相まってパクパクと箸がすすみます。

尻尾までまるごと頬張る、瀬戸内の海の幸は小ぶりですがこうして丸ごと食べるのが醍醐味です。

 

店名:吾妻寿司 さんすて岡山
住所:岡山岡山市北区駅元町1-1さんすて岡山2F
TEL:086-227-7337
URL:https://r.gnavi.co.jp/h69n4bfn0000/

 

7. 老舗饅頭屋さんは夏季限定のミルクセーキも有名だけどやっぱり定番ははずせない!「福福饅頭」

f:id:keyturn:20171102113521j:plain

食べて福福、うまさ大判!の「福福饅頭」です。

 

代金早見表、1つ110円…。20個で2,200円。そうですね、はい(笑)

f:id:keyturn:20171102113533j:plain

 

こちらの福福饅頭ではあんこが赤か白で選べます。

せっかくなので両方実食!

f:id:keyturn:20171102113622j:plain

 

パカっと割るとあんこがぎっしり!!

f:id:keyturn:20171102113713j:plain

白あんらしいあっさりとした味わい。

あんこはどちらももちろん自家製。こしあんではないですが、結構豆の形は崩れてますね。

 

続いて赤あんをいただきましょう。

当然ながら見た目は変わりませんね(笑)

f:id:keyturn:20171102113746j:plain

 

こちらははっきり粒が残っている感じです。

f:id:keyturn:20171102113806j:plain

こちらもしっかりとした甘さはありますが、優しいあんこという感じですね。

 

赤も白もどちらも大ぶりなので食べ応えがしっかりあります!お腹いっぱいにならないように気をつけましょう(笑)

 

店名:福福饅頭
住所:岡山岡山市北区表町3-11-80
TEL:086-224-1340
営業時間:10:30~18:30
定休日:水曜日

 

 

8. 岡山唯一の小売市場である「岡ビル」にある惣菜屋さん「みつめや」のホタテクリームコロッケがジミ旨!

f:id:keyturn:20171031122428j:plain

1951年にオープンした「岡ビル」。


一歩中に入れば哀愁漂う雰囲気に包まれます。鮮魚店や八百屋さんがあったりと、今でもここに買い付けに来る飲食店さんもいらっしゃるそうです。

東西に入り口がありますが、どこの通りもさほど広さは変わりなく、いろいろなお店が並んでいます。

f:id:keyturn:20171031124212j:plain

 

今回、地元の方がよく買いに来ると評判の「みつめや」さんにやってきました!

渋い!この昭和感だけでも心踊る人もいらっしゃると思います。

f:id:keyturn:20171031124317j:plain

 

丁寧に並べられた揚げ物がズラリ。

これが地元のみなさんの食卓に並ぶんですね!

f:id:keyturn:20171031124250j:plain

f:id:keyturn:20171031124256j:plain

 

これがお目当てのホタテクリームコロッケ!

カニクリームコロッケは食べたことがあってもホタテは初めて!

f:id:keyturn:20171031124302j:plain

1つ75円。やっす〜!!

 

1つ買って隣の公園でいただきます!

f:id:keyturn:20171031124518j:plain

 

パカっとわると中心にホタテを発見!!

f:id:keyturn:20171031124626j:plain

口に頬張った瞬間にホタテの風味がいっぱいに広がります!ほたての旨味って本当にいい出汁になりますよね。

コーンとかも入っているので味も単調にならずに美味しくいただけます!

まだまだ掘り出し物がたくさんありそうな岡ビル内、まずはこのホタテクリームコロッケをきっかけにいろいろと探索してみるのがオススメです!

 

店名:みつめや
住所:岡山岡山市北区野田屋町1-3-3-229 岡ビル1F
TEL:086-224-8644
営業時間:6:00~17:00
定休日:日・祝

 

9. 岡山で一番岡山らしくない?有名アーティストも訪れるハンバーガー屋さん「ラコスバーガー」

f:id:keyturn:20171103142945j:plain

こちらのお店は全国各地のフェスとかにも出店する、音楽業界では知る人ぞ知る超有名店。そんなハンバーガー屋さんが岡山の飲み屋街の一画にあります。

 

店内は独特の雰囲気でいるだけでも飽きない感じ。

f:id:keyturn:20171103135214j:plain

 

このダンボールに書いてあるのはなんなんだ…。妙にそそられます…。

f:id:keyturn:20171103135247j:plain

 

ハンバーガーのメニューはいたってマジメ。タコライスとかカレーとかハンバーガー以外にもいろいろあります。

ちなみに全品お持ち帰りできるみたいですよ!

f:id:keyturn:20171103140314j:plain

 

お店の名前がついた「ラコスバーガー」を頼んでみました。

上からアボカド、玉ねぎ、トマト、チーズ、ビーフパティ。

f:id:keyturn:20171103135954j:plain

パティにかかったソースと野菜のバランスが良いですね〜!

野菜たっぷりなので思ったよりもあっさり食べられました。バンズも外カリ中フワでいい感じです。

 

店名:ラコスバーガー(RACCOS BURGER)
住所:岡山岡山市北区磨屋町5-19
TEL:086-221-5351
営業時間:12:00~24:00
定休日:木曜日

 

 

10. 昔ながらの老舗ラーメン店「天神そば」の鶏ガラ醤油が岡山県民のソウルフード

f:id:keyturn:20171024115612j:plain

地方にはそれぞれ地元の人が愛する味のラーメンがあると思います。

この天神そばが岡山ではまさにそれ。他にも岡山を代表する老舗ラーメン店はありますが、ここだけはチェーン展開をするわけでもなくずっとこの場所で味を守り続けています。

営業時間がお昼のみということもあって、いつもお店の前は行列ができています。

 

店内はカウンターとテーブルでいちおう15人座れることになっているみたいですが、正直10人がヤマでしょう。

みてください、この密着具合。

f:id:keyturn:20171024114618j:plain

 

メニューはシンプル・イズ・ベスト。スタンダードな天神そばに、玉子を入れるかチャーシューを増やすか。肉抜きもあります。

慣れた人は上に書いてる数字で注文。

f:id:keyturn:20171024114505j:plain

 

今回は玉子入りの4番を注文。

昔ながらのラーメン丼に入って出てきます。

f:id:keyturn:20171024114819j:plain

 

スープは琥珀色が少し醤油がかった感じ。鶏油がキレイに輝きます。

f:id:keyturn:20171024114838j:plain

 

岡山は極細とまではいきませんが結構細麺文化です。

f:id:keyturn:20171024114925j:plain

麺はプツンと歯切れのよい麺です。

キリッとした醤油スープと一緒に麺を頬張ると、なんとも言えない懐かしさがこみ上げてくる味。でも決して単調な味ではなく、あと引く旨さも感じられます。

 

シンプルな味ですが、やはり鶏出汁がガッツリなので味の変化も含めてパンチが欲しい人も少なくないはず。

そこでこの一味の出番なんです!

f:id:keyturn:20171024114951j:plain

 

個人的には粗挽きの一味が好み!

f:id:keyturn:20171024115008j:plain

コレを入れると味全体が引き締まってキリッとした味わいに!最初からいれずにまずはそのままを入れてもらって、後から一味をパラっとしましょう!

通いたくなる味っていうのは、こうやって毎日食べてもいける味ってことなんでしょう。岡山ラーメンのルーツをまずは一度味わってみてください!

 

店名:天神そば
住所:岡山岡山市北区天神町1-19
TEL:086-223-7057
営業時間:10:30~14:30
定休日:土曜・日曜・祝日
URL:https://r.gnavi.co.jp/4jnmfdty0000/

 

食べ歩きに便利なマップ&まとめ 

f:id:keyturn:20171105123244j:plain

いかがでしたか?岡山らしさというのをどうやったらこの記事で伝えればいいのか、いろいろと試行錯誤しながらお店を選んでみました。

地方都市ということもあって、岡山駅周辺と言っても町単位、商店街単位でそれぞれに特色があってとても面白いスポットがたくさんあります。今回は岡山駅近くの紹介ですが、「居抜き」ではなく「リノベーション」という形で郊外にも素敵なお店がたくさんあります。

今回の記事がみなさんにとって岡山を知ってもらう第一歩になっていただけたら幸いです。

 

筆者プロフィール

f:id:keyturn:20161106201133p:plain

どうも、きーたんです。
2012年に東京都から岡山県へ移住。本業の傍ら「1日1軒新しいお店で食べる!」をモットーにしてブログを始めたら、気づけば月間10万PV超え。ただいま訪問件数は岡山県内で1,000軒以上。

ブログ:http://okayamagourmet.com/

Twitter:https://twitter.com/keyturn312

Instagram:https://www.instagram.com/keyturn312

Facebook:https://www.facebook.com/key.turn0312

                             
ページ上部へ戻る