読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿の美味しいパン屋さんだけをガチで10軒まとめてみた(マップ付き)

国内有数のターミナル駅を擁し、一大歓楽街でもある新宿。この街にはあらゆる飲食店が集い、パン屋さんだけでも多数のお店が軒を連ねます。今回は新宿エリアの中で美味しくて人気を集めているパン屋さんをまとめて大解剖!東京初出店という京都のパン屋さんから、パンブームの火付け役とも言われるあのお店なども登場します!(東京のおすすめのパン屋新宿のおすすめのパン屋

新宿の美味しいパン屋さんだけをガチで10軒まとめてみた(マップ付き)

新宿 ランチ グルメレポ まとめ記事 パンまとめ

 

f:id:g-gourmedia:20160210134156j:plain

 

国内有数のターミナル駅を擁し、一大歓楽街でもある新宿。この街にはあらゆる飲食店が集い、パン屋さんだけでも多数のお店が軒を連ねます。

 

今回は、通学や通勤でかれこれ足かけ15年間新宿駅を利用し続けている筆者が、新宿エリアで美味しくて人気を集めているパン屋さんを選んでみました。東京初出店という京都のパン屋さんから、パンブームの火付け役とも言われるあのお店なども登場します。一部には書きたくなかったお店もありますが……。それではマップとともに新宿パン散歩に一緒にお出かけしましょう。

 

 

1. 伝統的なフランススタイルの行列店!「Le Petit Mec TOKYO(ル・プチメック 東京)」

京都の今出川通りにある小さなパン屋さんが東京で初出店。伝統的なフレンチスタイルのパンと、フレンチテイストのサンドイッチが評判のこちらのお店には、まだ午前中にも関わらず、レジ前には長い列が出来ていました。そして店内へ入ってみると棚には様々なパンがぎっしり。正面奥のレジまわりや冷蔵ショーケースの中にサンドイッチが並んでいました。

 

f:id:minnano58:20160204170020j:plain

 

f:id:minnano58:20160204170041j:plain

 

f:id:minnano58:20160204170054j:plain

こちらで購入したのは「パン・オ・フリュイ1/2(285円・外税)」と「オリーブとトマトのフーガス (260円・外税)」の2種類。パン・オ・フリュイにはアプリコット・パイナップル・クランベリーといったドライフルーツやナッツがぎっしりで、ドライフルーツを口一杯に頬張っているかのようです。

 

f:id:minnano58:20160204170151j:plain

そしてフーガスの方は、ドライトマトの旨味と酸味が、オリーブや練りこんであるチーズと抜群のハーモニーを奏でてくれます。ちなみにBGMはフランスのラジオ。まるでパリが新宿に引越してきたかのような雰囲気で、思わず長いバゲットを持ち帰りたくなるお店です。

 

店名:Le Petit Mec TOKYO(ル・プチメック 東京)
住所:東京都新宿新宿3-30-13新宿マルイ本館1F
TEL:03-5269-4831
営業時間:月曜日~土曜日:11:00~21:00/日曜日・祝日:11:00~20:30
URL:http://r.gnavi.co.jp/gu3zcmf40000/ 

 

 

2. クロワッサンが何層にも連なる「ラルテ」が一番人気!「デュヌ・ラルテ 伊勢丹新宿店」 

伊勢丹地下の食品売り場の中で、パン屋さんがまとまっている一角にある小さなお店です。こちらにはパン・ド・ミからケーキ、マフィンまでが美しい姿で並んでいます。ここでは店名に由来した「ラルテ(204円・外税)」というパンが一番人気とのことで、早速購入してみました。

f:id:minnano58:20160204170210j:plain

 

f:id:minnano58:20160204170233j:plain

 

クロワッサン生地を何層にも重ね、正方形に整形されたこちらのパン。見た目にも美しくて人目を引きます。そして食べてみるとサクッとした歯触りの後に芳醇なバターの香りが口いっぱいに広がってきます。クロワッサンの一番美味しい部分を凝縮したような、なんとも贅沢な気持ちになれる一品でした。

 

店名:デュヌ・ラルテ 伊勢丹新宿店
住所:東京都新宿新宿3-14-1伊勢丹新宿店B1F
TEL:03-3352-1111
営業時間:10:30~20:00
URL:http://r.gnavi.co.jp/bh3px4nv0000/ 

 

 

3. パンブームの火付け役の代表格。「GONTRAN CHERRIER TOKYO 新宿サザンテラス店」

近年のパンブームの火付け役と言っても過言ではない「ゴントラン・シェリエ」。こちらの人気はクロワッサンなのですが、午前11時頃に訪れたタイミングでは残念ながら売り切れでした。こちらのクロワッサンは売れ行き次第で追加で焼きあげるタイミングも日々変わるのだとか。そのため、クロワッサンは諦めて店員さんがおすすめしてくれた「モンブラン(330円・内税)」を購入。こちらにはチョココルネのように巻いてあるクロワッサン生地の中に、マロンクリームが入っています。

 

f:id:minnano58:20160204170254j:plain

 

f:id:minnano58:20160204170309j:plain

 

f:id:minnano58:20160204170321j:plain

 

f:id:minnano58:20160204170341j:plain

 

手に持ってみると、見た目の予想に反してずっしりと重い感じです。パンをひっくり返してみると、クリームがぎっしりと入っているのが見えます。そしてこのマロンクリームの味わいが絶品!こしあんのような上質な舌触りと、甘さ控えめのしっとりしたクリームとなっていました。

 

店名:GONTRAN CHERRIER TOKYO 新宿サザンテラス
住所:東京都渋谷区代々木2-2-1新宿サザンテラス
TEL:03-5302-2282
営業時間:7:30~22:00
URL:http://r.gnavi.co.jp/ra1m9vg20000/ 

 

 

4. 食パンのバリエーションと安さは感動もの!「一本堂 新宿本店」

大阪で1日400斤が売れるというパン屋さん「一本堂」の新宿店へ。大江戸線の東新宿駅と若松河田駅の中間にあるこちらのお店では、スタンダードの「一本堂」(250円・内税)を購入してみました。

 

f:id:minnano58:20160204170406j:plain

 

f:id:minnano58:20160204170423j:plain

 

f:id:minnano58:20160204170441j:plain

 

重くなく、ふわふわとしていて、甘さも感じられます。トーストしなくても美味しい!という感じで、優しい口当たりはタマゴサンドなどにもぴったりだと思います。ちなみに「一本堂」と「たから」は甘めで、「ゆたか」は甘さが控えめ。そして「一本堂」はふんわりで、「たから」はもっちりとした食パンとのことでした。「ゆたか」は国産小麦100%で丁寧に作られた食パンで、まさに毎日食べたくなるような美味しさでした。

 

店名:一本堂 新宿本店
住所:東京都新宿新宿7-2-3レザンビル 1F
TEL:03-3204-8141
営業時間:9:00〜20:00
URL:http://r.gnavi.co.jp/py91gcgr0000/ 

 

 

5. ベーグルの口当たりがたまらない!「pour‐kur(プルクル)」

音楽プロデューサーとして有名な、小林武史さんの会社がプロデュースしているという代々木Village。その入り口のそばにお店を構えている小さなパン屋さんが「pour‐kur(プルクル)」です。棚にはパンやタルトがぎっしりと並んでいて、売れ筋の商品はベーグルとフルーツデニッシュとのこと。こちらでは「ゆずとクリームチーズのベーグル(204円・外税)」を購入してみました。 

 

f:id:minnano58:20160204170500j:plain

 

f:id:minnano58:20160204170518j:plain

 

f:id:minnano58:20160204170534j:plain

 

濃厚なクリームチーズとゆずの酸味、そして苦味が絶妙なコンビネーション。ベーグルは重くなくてさっくりと食べられます。また、軽くレタスとスモークサーモンなどを挟むだけで、バランス良いサンドイッチも出来上がってしまいます。次回はぜひフルーツデニッシュやタルトも試してみたいと思ったお店でした。

 

店名:pour‐kur(プルクル)
住所:東京都渋谷区代々木1-28-9代々木VILLAGE
TEL:03-6300-5390
営業時間:8:00~19:00
URL:http://r.gnavi.co.jp/adsdt9d30000/ 

 

 

6. 栄養価たっぷりの小麦で作ったドイツパン!「ベッカライシュタインメッツ 新宿店」

新宿2丁目、アクタスのすぐ近くにあるドイツパンのお店。こちらのおすすめは店名にもなっている「シュタインメッツブロート1/4(270円・内税)」だそうで、表面しか皮を剥かない小麦を使用していて栄養価も高いそう。また、含有する水分も多いため、購入したその日のうちに食べない場合は冷凍した方が良いとのことでした。

 

f:id:minnano58:20160204170556j:plain

 

f:id:minnano58:20160204170609j:plain

 

f:id:minnano58:20160204170621j:plain

 

クリームチーズやはちみつとの相性が良く、サンドイッチ向きとのことで、店内で販売されているサンドイッチはすべてこのパンを使用していました。こちらのパンはもっちりとクラムが柔らかく、酸味も強くないためお子さんにもおすすめだと思います。また、ガラス張りの明るい雰囲気の店内なので、ランチで足を運ぶのも良さそうです。

 

店名:ベッカライシュタインメッツ 新宿
住所:東京都新宿新宿2-12-8アーバンプレム新宿1F
TEL:03-6457-8017
営業時間:10:00~19:00 

 

 

7. 昭和にタイムスリップさせてくれるやさしいバンズ!「手作りのパン 峰屋」

都営大江戸線の東新宿駅から徒歩5分ほどの場所に位置し、昔ながらの商店が集まる一角にある懐かしい雰囲気のパン屋さん。こちらの店内の半分はローソファを配したイートインのスペースになっています。そして35年以上続くという峰屋さんの一番人気は「バンズ(90円・内税)」。「日本の食事になるパン」を追求し尽くした結果、外は香ばしく、中身はふわふわ、そして甘味も優しいバンズが出来上がったとのことでした。

 

f:id:minnano58:20160204170645j:plain

 

f:id:minnano58:20160204170701j:plain

 

f:id:minnano58:20160204170717j:plain

 

こちらで大人気のバンズは、ハンバーガーを提供するお店への卸販売も多いのだそうです。店主の高橋さん曰く、このエリアは「新宿のチベット」とも言えるような立地で、お店にたどり着けずに諦めてしまう人も多いのだとか。まるで昭和にタイムスリップしたかのような小さな商店街の中で、熱い心意気を感じさせてくれるパン屋さんでした。

 

店名:手作りのパン 峰屋
住所:東京都新宿新宿6-19-9
TEL:03-3351-6794
営業時間:10:00~19:00
URL:http://r.gnavi.co.jp/10v6f0bm0000/ 

 

 

 

8. ご存知ニューヨーク発の人気店!ディーン&デルーカ 新宿

皆さんもご存知「DEAN & DELUCA」。ニューヨーク発のパン屋さんです。新宿ルミネ2の1Fにあるこちらの店舗は、明るい店内に商品がわかりやすく陳列されています。そしてこちらのお店のスタッフさんがおすすめしてくれたのは「チョコレート・クラッシュ・マフィン(320円・外税)」。マシュマロとチョコレートが入ったマフィンの上に、大胆にもチョコレートクッキーをザクザクとトッピングしてあります。

 

f:id:minnano58:20160204170753j:plain

 

f:id:minnano58:20160204170807j:plain

 

f:id:minnano58:20160204170823j:plain

 

生地のしっとり感とクッキーのサクサク感のコントラストが楽しい一品。見た目のインパクトも手伝って、プレゼントにも喜ばれそうです。他にもクロワッサン生地の「プレッツェル」も人気とのことでした。

 

店名:ディーン&デルーカ 新宿
住所:東京都新宿新宿3-38-2ルミネ新宿店ルミネ21F
TEL:03-5909-3847
営業時間:8:00~23:00 

 

 

9. 一押しはオーガニックで食べ応えばっちりのマフィン!「グリーンブレッド」

伊勢丹地下のベーカリーコーナーにあるアンデルセンの系列店。こちらのお店はオーガニックな素材のパン作りに定評があると言われています。清潔感のあるショウケースにはサンドイッチをはじめとした様々なパンが並びます。そしてこちらのお店の一押しは「有機イングリッシュマフィン(160円・外税)」とのことでした。

 

f:id:minnano58:20160204170844j:plain

 

甘さを抑え、小麦の味わいを生かしたシンプルなマフィンという印象。軽いという感じではなく、しっかりとした食べ応えがありますので、ジャムでもサンドイッチでも万能に合いそうです。ちなみにチーズを乗せてトーストすると、さらにコクが出て美味しくなりそうです。

 

店名:グリーンブレッド
住所:東京都新宿新宿3-14-1伊勢新宿本店本館B1
TEL:03-3352-1111
営業時間:10:00~20:00
URL:http://r.gnavi.co.jp/92y6hjv50000/ 

 

 

10. お手ごろ価格だけど細部までこだわった焼きたてパン!「3丁目のちいさなパン屋さん」

ずばりその名の通りの小さなパン屋さんです。店の奥に厨房を構え、焼きたてのパンにこだわって提供をされているそうで、小さなパンを沢山食べてほしいという思いもあって手頃な価格設定となっています。そしてこちらで一番人気のパンは塩フランス(130円・内税)とのことで、早速購入してみました。

 

f:id:minnano58:20160204170902j:plain

 

f:id:minnano58:20160204170919j:plain

 

f:id:minnano58:20160204170933j:plain

 

トップには岩塩が振ってあり、中にはチーズが。フランスというのは形状のことで、バターロールのような生地になっています。そして生地の甘味と岩塩が絶妙なバランスを感じさせてくれます。また、アンチョビポテト(170円・内税)はその名の通り、パイ生地にアンチョビ風味のポテトがのっています。こちらもマヨネーズと細かく刻んだピクルスがアクセントになっていて、クセになる美味しさです。尚、店内に数席が、そしてテラス部分にもテーブル席があり、美味しいコーヒーとパンを一緒に味わうことができるようになっています。

 

店名:3丁目のちいさなパン屋さん
住所:東京都新宿新宿5-15-7東晃ビル1F
TEL:03-5361-8686
営業時間:月曜日~土曜日:8:00~20:00/祭日:9:00~18:00/日曜日は定休

 

 

(取材・編集:ソーシャルグッドマーケティング)

 

東京駅三宮編もあわせてどうぞ!

                             
ページ上部へ戻る