ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:昭文社

オムハヤシ データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

昭和16(1941)年創業の洋食の老舗。看板メニューは、開店以来愛され続けているハヤシライス。2週間かけて煮込まれるデミグラスソースがまろやかで極上の味わい。

データ提供:昭文社

グリルグランドが紹介されたメディア情報

  • テレビ

    世界!ニッポン行きたい人応援団(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ東京  放送

    昭和16年(1941年)創業の洋食店です。 日本生まれの洋食「オムライス」が大好きなドイツ人女性を日本に招待した中で紹介されました。

    ぴったんこカン・カン

    TBS  放送

    6月23日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系、午後19時56分~)では、女優3人をゲストに迎え童心に返るツアーをした中で、安住紳一郎(TBSアナウンサー)さん、小池栄子さん、吉田羊さん、伊藤蘭さんが「グリルグランド」(東京都台東区)を訪れた。

    同店は3代に亘って営業して
    おり、「ナポリタン」(1300円)などの懐かしいメニューが揃う洋食店。
    なんでも2代目が作るオムライスと3代目が作るオムライスに違いがあるため、注文する時はどちらのオムライスか指定が必要なのだそうで、それを聞いた一同はそれならばとオムライスを注文。
    2代目が作る「オムライス」(1100円)は、創業当時から変わらないというケチャップ味のチキンライスをふわふわの玉子で優しく包み込んだ一品。吉田羊さんは頂くと「美味しい~。玉子がトロットロ」としみじみコメント。小池栄子さんは「美味しい。優しい、やっぱりケチャップだなぁ」とコメントした。
    続いて3代目の作るオムライスは、とろとろの玉子を載せたオムライスの上に、2週間かけて作る自家製デミグラスソースと牛ヒレ肉、マッシュルームを加えて煮込んだハヤシソースをかけた「オムハヤシ」(2000円)。頂いた吉田羊さんは「お、ぐんと大人になりました。美味しい~」小池栄子さんは「コクがあって、ワイン飲みたい~」とその味わいに満足した様子だった。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

グリルグランドの口コミ

応援フォト

  • オムハヤシ

    ちーたん☆さん

    旨みがぎゅっとつまったハヤシソースはまろやかでこくがあり、ふわふわの卵とたっぷりの具材によく絡んで絶品!

※応援フォトとはおすすめメニューランキングに投稿された応援コメント付きの写真です。

グリルグランドの基本情報

店名

グリルグランド

グリルグランド

電話番号
  • 03-3874-2351
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 地下鉄浅草駅から徒歩10分
営業時間 11:30~13:45(閉店14:30)、17:00~20:30(閉店21:30)
定休日
  • 日・月曜(年末休)
平均予算
  • 2500円(通常平均)

データ提供:昭文社

浅草にあるスポット

浅草には浅草駅や 浅草花やしき雷門 等、様々なスポットがあります。 また、浅草には、「浅草寺」もあります。浅草寺は1400年ほど前、隅田川で漁師の網にかかった仏像を起源とし、御利益は古今無双、あらゆる願いを叶えると言われています。特に7月10日のお参りは4万6千日参詣分の御利益があるとして人気。10月18日の菊供養会では浅草寺幼稚園園児の献花と併せ、中国の故事にちなみ菊の葉のお守りで長寿を願います。また江戸三十三観音めぐり第一番の御朱印やおみくじも人気です。浅草寺を中心に発展した浅草は、鉄道開業で銀座が台頭するまで江戸期を通じて最大の繁華街。ライトアップされた姿には今もそんな力強さがあります。この浅草にあるのが、洋食屋「グリルグランド」です。