行徳・原木  人気グルメ&レストラン

千葉県市川市の南部に位置する行徳・原木(ばらき)エリアは、江戸時代には水上の交通要所でもあり、幕府に献上する塩の生産が盛んであった土地です。現在は東京23区と船橋方面へと東京地下鉄東西線が通っており、京葉道路原木インターチェンジも有し、交通の便がさらに良くなったことから、多くの工業団地や住宅街のあるベッドタウンとなりました。古くから漁業が盛んであり、現在でも三番瀬にて海苔の養殖やアサリ漁が行われています。居酒屋などでも地元の海の幸は堪能でき、ベッドタウン化によって多くの飲食店が軒を連ねています。

番組情報提供:株式会社エム・データ

ページ上部へ