袋井 の人気グルメ&レストラン

静岡県西部にある袋井市。袋井駅周辺には、ショッピングやイベントなどの複合施設であるパティオ、浅羽ショッピングタウンパディ、山梨ショッピングプラザパルなどがあり、家族連れやカップルにも人気です。そんな袋井で最近注目のグルメが「たまごふわふわ」。可愛い名前のこの料理は、江戸時代の名物料理です。1813年に大阪の豪商が書いた仙台下向日記に、袋井宿の大田脇本陣で朝食の膳に載った記録があるのだそう。 卵とだし汁だけを使い、ふわふわの食感のこの料理を再現したり、アレンジしたものを市内各所でいただけます。もっと見る袋井のおすすめの料理は、「寿司(すし)」「そば(蕎麦)」「イタリアン(イタリア料理)」です。おすすめのお店は、「イタリアンレストランウェディング フィオレンティーナ」「袋井ビストロ マ メゾン 」「すしのらく 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
袋井市は江戸時代に宿場町として発展しました。当時、将軍家へのもてなしの為に作られていた名物料理『たまごふわふわ』はB-1グランプリで注目を集めています。現在、エリア内は複数のショッピングモールが営業しており、多くの飲食店がテナント出店しています。お昼時は主婦や年配の方々、夕方以降は流行に敏感な学校帰りの学生や若者で賑わいます。
袋井市は浜松経済圏におけるベッドタウンとしての役割が強く、閑静な住宅街が形成されています。地域住民から愛される飲食店もあり、前述のご当地グルメはもちろん、様々な業態の隠れた名店を見つけることができます。

袋井のエリア情報

袋井の地名は袋井山観福寺という寺社の名前に由来しています。こちらは8世紀末頃からの歴史があります。
江戸時代、袋井市は宿場町として発展しました。江戸・京都どちらから数えても27番目にあたり、中間地点として機能しています。その為、宿場町の形成は出遅れたという経緯があります。現在はいくつかの史跡を残すだけで、閑静な住宅街としての趣が強いことが特徴です。
袋井は非常に古い歴史を持つ地域。そのような経緯から、飲食店やご当地グルメにも由緒あるものが多いです。長い歴史を感じさせるものが多いですから、是非とも堪能しましょう。

ページ上部へ