岸和田・和泉・泉佐野 の人気グルメ&レストラン

いずれも大阪府南側に位置する市。岸和田藩の城下町を中心に発展した岸和田市は、大阪府の出先機関や企業の支店などが集中しています。毎年夏に行われるだんじり祭でも有名です。和泉山脈北麓と台地では、溜池灌漑による稲作や、タマネギ・みかん・桃・花卉の栽培も盛んです。繁華街は岸和田駅周辺に集中していて、古くからの商店街と岸和田カンカンベイサイドモールなどの商業施設が混在しています。和泉国の国府がおかれていた和泉・泉佐野地域は戦後目覚ましい人口増加を経験し、大阪におけるベッドタウンとして発展。トリヴェール和泉などに代表されるニュータウンを中心に繁華街が形成されています。もっと見る岸和田・和泉・泉佐野のおすすめの料理は、「焼肉」「居酒屋」「ホルモン」です。おすすめのお店は、「ごちそう村 岸和田店」「KINGLY DINING&BAR りんくう店」「なかた 」です。おすすめのスポットは、「水間寺」「関西医療大学」「岸和田市立浪切ホール」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
岸和田は地元中小企業による工業が盛ん。大阪都心部にある本社や親会社がある関連企業が集まるビジネス街としての色が濃い地域です。下町情緒もまだまだ色濃く残されており、大阪とは微妙に違う独自の文化・気質を持った地域とも言われています。泉佐野方面は関西都市圏のベッドタウンとして発展しており、ニュータウンや繁華街も形成されています。
飲食店の傾向としては岸和田は昔ながらのお店が多い一方、和泉・泉佐野方面に関してはニュータウンという事もあり、新しいお店が多いです。お店も昔ながらのものよりも、流行を意識したカジュアルなお店が多く見受けられます。

岸和田・和泉・泉佐野こだわりのあるお店

岸和田・和泉・泉佐野のエリア情報

岸和田はかつては岸和田藩と呼ばれており、江戸時代には城下町として栄えていました。明治に入ると廃藩置県によって岸和田県となり、大阪府に編入されました。そのためか、「大阪」というよりも「岸和田」としてのプライドが高いとも言われていますので、「岸和田だんじり」といった古くからの文化を祀るものが多いです。
飲食店も古くから営業されているものが多いです。下町情緒溢れるお店が多いため、人情味のあるお店が多いと感じるのではないでしょうか。関西文化圏らしく、鉄板焼きのお店が目立つことも特徴です。

ページ上部へ