十三・淀川 の人気グルメ&レストラン

大阪市北部の淀川区、阪急電鉄十三駅を中心に東西に広がるエリアを指します。駅周辺は古くから歓楽街として知られてきましたが、駅前から続く商店街には庶民的かつ個性的な飲食店も数多く並んでいます。明治初期までは淀川を渡る渡し船の発着所として栄えた歴史をもち、船を待つ客にふるまわれた老舗の和菓子店が現在も営業を続けています。あんこ餅やヨモギ餅を網で焼いた「十三焼き餅」や「十三大橋」などが有名。また、九条ネギをたっぷり使った「ねぎ焼き」の発祥地としても知られ、庶民的なグルメが人気です。もっと見る十三・淀川のおすすめの料理は、「寿司(すし)」「居酒屋」「ホルモン」です。おすすめのお店は、「九州 熱中屋 十三 LIVE」「九州 熱中屋 加島 LIVE」「鉄板焼「逢坂」 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
十三・淀川は歓楽街として知られています。ネオンを発しているお店がとても多いです。パチンコやキャバレー等のお店が多く、それに付随する形で飲食店等も多数見受けられます。夜になると多くのサラリーマンで賑わいます。
十三・淀川エリアの飲食店は庶民的な雰囲気が印象的。居酒屋やチェーン系列のファーストフード、個人経営のお店が目立ちます。活気あるお店が溢れています。中にはこだわりの日本酒を提供するお店もあります。また、近年ではラーメン激戦区として注目を集めており、食通の舌をうならせます。

十三・淀川のエリア情報

明治時代初期までは淀川の下流、その一つがこの地域にも流れており、川と呼ばれていました。そのため、町村制が施行されると村となるのですが、その後新淀川の開削工事が行われると、現在の地形となり、そこに駅が設置されると「十三駅」となりました。
バークラブといった歓楽街的な要素が強いですが、隠れ家スポットもあります。創業は古くても明治以降のお店が多く、大阪の中では比較的新しい地域です。

ページ上部へ