ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

てんぷら盛り合わせ データ提供:ユーザー投稿

かきあげ データ提供:ユーザー投稿

みつばうどん データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

太常うどん 銀座本店が紹介されたメディア情報

  • ぐるなびレポート

    「太常うどん銀座本店」は、銀座の昭和通りから少し路地に入ったところにある、紺色の大きなのれんが目印のうどんのお店です。もともとは八百屋として1868年に創業したお店のため、さまざまな野菜うどんが味わえることで有名で、店先には毎朝市場から仕入れている旬の野菜や果物が並べられています。日によっては、ロマネスコやバターナッツといった珍しい野菜もそろっており、ヘルシーで本格的なうどんを食べられます。店内はセルフ方式で、好みの天ぷらやトッピングを自由に選び、待ち時間なしでアツアツのうどんを堪能することができます。お店の奥の方にある製麺室の熟成庫で一晩寝かして作られた中太の自家製麺は、ツルツルかつモチモチ食感が讃岐うどんに似ており、つゆは京風に近い優しい味が特徴的です。テーブルには白ごまと自家製の唐辛子味噌が置かれていて、お好みで加えることによりうどんの美味しさがひきたてられます。お品書きの中には、珍しい野菜うどんとして知られる「アボカドうどん」があり、アボカドならではの濃厚な味わいに、しっかりとした味の醤油と魚介のうまみが凝縮されたつゆが程よくマッチしていると話題になっています。また、「太常うどん銀座本店」の一番人気といわれている、トッピング「野菜のかき揚げ」は、開店後まもなく売り切れとなってしまうため、再び揚げたてが用意される午後一時頃がねらい目です。夜になるとドリンクメニューが提供されるため、ジャズを聴きながらお酒を楽しめる居酒屋としても楽しめます。ときには生演奏のイベントが開催されることもあります。(出典:みんなのごはん)

  • テレビ

    ウェークアップ!ぷらす(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    日本テレビ  放送

    科学調味料を一切使わず、こだわりの素材にこだわった野菜たっぷりのヘルシーなうどんが味わえるお店です。 定年後に自分の会社を始める「シニア起業」をする人達が増加しているという話題の中で紹介されました。

    めざましテレビ

    フジテレビ  放送

    3月31日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系、毎週月~金曜午前5時25分)「イマドキ」のコーナーで「いろんな食材とマッチング ヘルシーアボカドグルメ」と題して、アイドルの田中美麗さんが「太常うどん 銀座本店」(東京都中央区)を訪れた。

     同店は、老舗の八百屋がプ
    ロデュースしたうどん屋ということもあって、店の前には野菜や果物が並ぶ。旬の野菜を使った天ぷらや、香川から取り寄せた小麦粉で作るこだわりの自家製麺、化学調味料を使用していないつゆなどを使用している。おすすめは、2分の1個のアボカドをのせた「アボカドうどん」。温かいうどんとアボカドという今までにない異色の組み合わせが特徴だ。

     スタジオでは、番組司会でアナウンサーの加藤綾子さんと三宅正治さんが試食した。加藤さんは「すごくまろやかなおうどんになりますね」と称賛した。三宅さんは「うーん! これ、男子も大丈夫だと思う。大好きじゃない?」とコメントした。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

太常うどん 銀座本店の基本情報

店舗情報は変更されている場合がございます。最新情報は直接店舗にご確認ください。

店名

太常うどん 銀座本店

ダイツネウドンギンザホンテン

電話番号
  • 03-3541-2227
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 東京メトロ日比谷線東銀座駅4番口 徒歩4分
営業時間 月~金
ランチ 11:00~15:00
夜の部 17:30~22:00
(L.O.21:30)
定休日
  • 土曜日・日曜日
  • 祝日

銀座(旧松坂屋・銀座コア方面)にあるスポット

銀座(旧松坂屋・銀座コア方面)には東銀座駅や 三井ガーデンホテル銀座プレミアミレニアム三井ガーデンホテル東京 等、様々なスポットがあります。 また、銀座(旧松坂屋・銀座コア方面)には、「新橋演舞場」もあります。『新橋演舞場』は、東京都中央区銀座6丁目にある劇場で、松竹の主要な劇場として、歌舞伎・演劇・歌手による芝居公演などが日々上演されています。京都や大阪にある立派な演舞場や歌舞練場に倣う形で、この東京銀座の地に造られたのが1925年(大正14年)のことでした。その後、戦時中の空襲による焼失などを経て、昭和57年に新装されて現在に至ります。劇場内ではしっかりとしたお弁当の食事もできますが、演舞場近くのお弁当屋さんでアツアツのお弁当を手に入れたり、地元で50年以上愛され続けるカフェで、幕間に洋食ランチや喫茶を楽しんだりするのも楽しみ方のひとつとなっています。この銀座(旧松坂屋・銀座コア方面)にあるのが、うどん「太常うどん 銀座本店」です。