ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:昭文社

データ提供:昭文社

データ提供:昭文社

データ提供:昭文社

塩こんぶのチャーハン データ提供:ユーザー投稿

パペットステーキ データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

駒沢の「バワリーキッチン」の姉妹店。東京の食堂をテーマに欧米のテイストを加味したモダニズムに彩られたカフェ。バリエーションに富んだメニューが楽しめる。

データ提供:昭文社

LOTUSが紹介されたメディア情報

  • ぐるなびレポート

    JR表参道駅A2出口徒歩7分の「ロータス」。新たな息吹を感じさせるゼロ年代のカフェ・ブームの趣を伝える、今も昔も若者に人気のカフェです。

    「ロータス」があるのは表参道の目抜き通りから少し奥に入った落ち着いた路地。ガラス張りのモダンなデザインの外観が印象的です。蓮の花のようなピンクの壁に、ベージュの一人がけソファーがならぶ店内は、カフェのお手本そのままのおしゃれさ。

    ソファーの多用、オリジナルTシャツやCD等の販売、美味しい食事、深夜に集うおしゃれな人々といったゼロ年代のカフェの必須要素をすべて満たしている「ロータス」。それもそのはず、じつは数々の有名カフェを生み出した空間プロデューサー山本宇一氏が手がけた「ロータス」こそが、カフェ・ブームの火付け役ともいわれているのです。

    「ロータス」のコンセプトは「ニューヨークにある東京の食堂」。洋食と和食をリミックスした創作料理を楽しむことができます。これだけこじゃれた空間でコーヒーがカップなら250円、ポットなら450円とリーズナブルに楽しむことができるというのも日本離れした話です。どうしても日本のおしゃれカフェは値段も高めですが、ここならば日本の若者も欧米の若者のようにお得にまったりとおしゃれなひとときを過ごせそうです。

    人気のメニューは「栗とゴルゴンゾーラのペンネ」。オープン当初からある定番メニューのひとつです。バブル期にモツァレラが流行ったようにゼロ年代に流行ったゴルゴンゾーラ。甘味とよく合うチーズとして颯爽と登場しましたが、このメニューでも栗の甘味とほどよくマッチしています。懐かしいゼロ年代の味を求めて、時々食べにやってくる30代リピーターも少なくないとのこと。

    今でも「ロータス」は深夜営業もしている夜更かしカフェです。あの時代の空気と味にふいに会いたくなったら、どんな夜中でもOKです。

  • テレビ

    PON!(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    日本テレビ  放送

    ハイセンスで活気のあるダイナーカフェです。 ゲストのオススメのケーキが紹介されました。

LOTUSの基本情報

店名

LOTUS

ロータス

電話番号
  • 03-5772-6077
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 地下鉄表参道駅から徒歩7分
営業時間 11:00~翌2:00(閉店)
定休日
  • 無休
平均予算
  • 2000円(通常平均)

データ提供:昭文社

表参道・青山にあるスポット

表参道・青山には表参道駅や oak omotesando(オーク表参道)青山円形劇場 等、様々なスポットがあります。 また、表参道・青山には、「表参道ヒルズ」もあります。日本を代表する建築家、安藤忠雄によって同潤会アパート再開発プロジェクトとして設計された表参道ヒルズは、高さ制限を踏まえ地上3階地下3階の構造を持つ原宿エリアのランドマークのひとつ。ファッションの街にふさわしく多くの先端ブランドショップが入居して華やかさを競っています。もちろん和洋の各種スイーツもユニークで繊細なラインナップを誇り、レストランもファッション街らしく健康に気を使ったヘルシーなメニューがとりいれられています。イベント開催事には混雑することが多いのでランチは時間をずらすのがおススメです。この表参道・青山にあるのが、カフェ「LOTUS」です。