ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:ユーザー投稿

しょうゆラーメン 一三五 データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

天鳳が紹介されたメディア情報

  • ぐるなびレポート

    「天鳳」は、東京都港区六本木にあるラーメン店です。1985年にオープンしました。お店は1974年に、札幌にて創業したラーメン屋「ドラムカンスープ天鳳」の支店にあたります。芸能人や著名人などの美食通がこぞって通う店として話題を呼んでおり、現在も高い人気を集めています。

    「天鳳」の店舗は、東京ミッドタウンの向かいにあるビル、ロック&ロックビルの一階にあります。ビル前の路上に置かれている、黒々としたドラム缶「札幌ラーメン横丁 天鳳」が目印です。このドラム缶のオブジェは、かつて店の創業者がラーメンのスープを作ろうとした際に、大きな鍋がないのでドラム缶を使用したというエピソードに由来しています。藍の暖簾をくぐって入る店内には、いつも多くのお客さんがおり、行列ができることもしばしばです。席はカウンター席とテーブル席が用意されています。

    お店の名物メニューは、「1・3・5」という醤油ラーメンです。歯ごたえのある固めの麺と、油の濃い醤油スープ、そして辛いほどの塩味が魅力の、男気あふれるラーメンです。こってりとしたラーメンが好きな人にはたまらない一品といえます。実に濃厚な味わいなので、ライスとともに濃厚なラーメンとライスの相性を楽しんでもいいし、コクを存分に堪能するもいいでしょう。なお、ランチタイムにはライスの無料サービスあります。

    「1・3・5」よりもさらに濃厚な一杯に挑戦したい場合は、「めんばり」を注文することをおすすめします。麺はより固く、スープの油はより濃く、塩味もインパクトを増した一杯となっています。めんばりを食べる時も、やはりライスを頼むと良いでしょう。また、お店のラーメンの量は、多すぎず少なすぎずの適量なので、飲み屋をはしごした後の締めの一杯や、「すこし小腹に入れて帰りたい」という時などにもぴったりです。

    「天鳳」へのアクセスは、都営大江戸線六本木駅8番口から徒歩2分です。六本木という
    土地柄、夜が遅いほど混み合います。定休日は日曜日です。

    続きを読む

天鳳の基本情報

店舗情報は変更されている場合がございます。最新情報は直接店舗にご確認ください。

店名

天鳳

テンホウ

電話番号
  • 03-3404-6155
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 都営大江戸線(環状部)六本木駅8番口 徒歩2分

六本木(乃木坂方面)にあるスポット

六本木(乃木坂方面)には六本木駅や 東京ミッドタウンザ・リッツ・カールトン東京 等、様々なスポットがあります。 また、六本木(乃木坂方面)には、「国立新美術館」もあります。建築家黒川紀章氏の設計により、2007年に日本最大の延床面積を持つ美術館としてオープンした国立新美術館は、コレクションを持たないユニークな美術館。さまざまな美術表現を紹介し、新たな視点を提起することを目的として、国内の美術団体に発表の場を提供する他、内外の新しい美術に焦点を当てた自主企画展や新聞社などと共催による展覧会を開催しています。また、戦後の国内展覧会のカタログを網羅的に蔵書しており、無料で閲覧できます。アクセスは地下鉄乃木坂駅に直結している他、大江戸線と日比谷線の六本木駅からも5分程。この六本木(乃木坂方面)にあるのが、ラーメン「天鳳」です。