新型コロナウイルス拡大における対応のお願い

こだわり1 会津最高級馬刺し

会津の馬刺し

会津の馬刺しは上品な赤身が特徴で、日本酒にもぴったりです。ひれの部位は、牛肉でいえばシャトーブリアン。唐辛子やニンニクを混ぜた辛味噌を醤油に溶かしていただくのが会津流です。ニンニクの香りにピリッと辛子が効き、醤油の味わいも上品で、あっさりとした赤身肉を引き立てます。」

こだわり2 馬刺し

仕入れるのは極上の逸品のみ。

会津の馬刺しに惚れ込み、愛し、この素晴らしさを多くの人に知ってほしいとの思いで郡山に「鶴我」を開業したのは、今から約30年前のこと。その後、会津若松市内や東京・赤坂などにも店舗を設けましたが、もともと祖父の家だったこの木造建築を改装し計6店舗の「総本山」として開業したのは意外にも最近で、2017年のこと

  • 「いつかはここで馬刺しと会津の伝統料理を振る舞いたいと思ってやってきた」と入谷さん。深いゆかりのあるこの場所で、自身の料理の集大成を飾るべく腕を振るっています。

  • 会津の馬刺しは上品な赤身が特徴で、日本酒にもぴったりです。ひれの部位は、牛肉でいえばシャトーブリアン。唐辛子やニンニクを混ぜた辛味噌を醤油に溶かしていただくのが会津流です。ニンニクの香りにピリッと辛子が効き、醤油の味わいも上品で、あっさりとした赤身肉を引き立てます。」

こだわり3 完全個室

会津昭和木造建築3代御殿のひとつ。

鶴我(会津、郡山、赤坂)3店舗の総本山。東山の玄関口に属し鶴我名物馬刺しを始め、活魚鯉刺し、活魚岩魚刺しなど新鮮な川魚を堪能できます。茶室別館(明静庵)全個室、囲炉裏2部屋(充静庵)、大広間(里馬亭)と別れています。

  • 特別な空間で最高級の会津食材と最高級馬刺しを一流の料理人が作る会津郷土料理をお楽しみ下さい。

  • 囲炉裏のお部屋(充静庵)

こだわり4 日本酒にこだわる

福島県内全て59種の純米日本酒

鶴我・會津東山総本山には、福島県内全酒造59種の純米酒を4,500円で少量ずつ楽しめるサービスもあります。蔵数日本トップクラスの福島県。その福島の日本酒をすべて取り揃えるこだわりにもまた、会津に対する、そして福島に対する深い愛が感じられます。

  • 会津郷土料理の中でも日本酒好きにはたまらないのが、「鰊の山椒漬け」。とりわけ冬場は鰊に脂が乗り、シンプルながらインパクトの強い<つまみの一品>となります。

  • 海のない会津ならではの食文化を感じる「鰊の山椒漬け」この一皿にマリアージュさせるのは、廣木酒造の「飛露喜」純米吟醸。全国的に人気が高く一般にはなかかなか出回らないお酒ですが、ここでは常時楽しむことができます。

こだわり5 会席料理

「会津会席」

様々な郷土料理を散りばめた祝膳(八寸)が出されます。色彩豊かな品々が盛りつけられるのは、伝統の会津漆器。誇り高き会津ならではのおもてなしです。いわなの塩焼きは、踊り串の打ち方が普通とは逆。武士が豪快にかぶりつけるように配慮されたという城下町らしい心遣いを今に再現しています。

  • 最高級会津ブランド馬刺しと小名浜漁港の地魚(鶴我ハワイアンズより直送)

  • 桜開花と会津アスパラ(おまかせコース昼・夜の一品)8,000~10,000円(税込)
    桜肉の希少部位に薬味を利かせて「なめろう」に。添えたアスパラの甘みが引き立つ、会津の春を満喫できる逸品。

會津懐石 鶴我 東山総本山