ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

さかなや大将が紹介されたメディア情報

  • テレビ

    よじごじDays(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ東京  放送

    良質な本マグロと日本酒・焼酎が楽しめるお店です。 サンマの新しい魅力を引き出すアレンジ料理を特集した中で紹介されました。

    よじごじDays

    テレビ東京  放送

    9月20日放送の「よじごじDays」(テレビ東京系、午後15時40分~)では、サンマの新しい魅力を引き出すアレンジ料理を特集した中で、「さかなや大将」(東京都港区)が紹介された。

    旬の魚にこだわった、こちらのお店。
    定番の「さんまの塩焼き」(626円/税込)はもちろん、「ギョ
    ギョギョなポテサラ」(734円/税込)など変わり種を含めた様々な魚介料理を豊富に取り揃えている。

    看板メニューの「まぐろ5種食べ比べ盛り・2人前」(3,024円/税込)とランチ限定メニューの「さんまの蒲焼丼」(1,000円/税込)を川田広樹さんがいただいた。

    「まぐろ5種食べ比べ盛り」は、「中トロ」、「カマトロ」、「ほほ肉」、「ツノトロ」など、まぐろの様々な部位を楽しめる一品だ。
    馬肉のような味わいの「ほほ肉」はにんにく醤油でいただくのがこちらのお店流。
    脳天に位置する希少部位の「ツノトロ」は、脂がのってとろける食感なのだという。炙るのもオススメだ。

    「さんまの蒲焼丼」は、おろして醤油と日本酒ベースのタレに一晩漬け込み、炭火で焼いたさんまを丼ご飯に載せた一品。
    一晩漬けることによってタレの味が身の中まで染み込み、外は香ばしく中はふっくらと焼きあがっておいしくなるのだという。
    さらにこちらでは、さんまの苦味を和らげ、清涼感をアップさせるために、きざみショウガが添えられている。シメでとろろをかけてさっぱりといただくことも可能だ。

    まずは「まぐろ5種食べ比べ盛り」から「ほほ肉」を一口食べた川田さんは、「おいしい!うっまい!本当にお肉ですね!おいしい!にんにくつけたら、もう(お酒)何杯でもいけますね!」とコメント。
    続いてわさびと醤油で「ツノトロ」を食べた川田さんは、「おいしいわ…」としみじみと呟いた。「見た目は普通の赤身っぽいんですけど、食べた感じがもう大トロなんですよ。とろっとろですね。もう本当、すごい脂のって!おいしいですね!」と嬉しそうだ。
    さらに炙った「ツノトロ」を食べると、「また全然違いますね!おいしい、これも!口の中ですぐ、これもとろけていきます」と絶賛。

    ショウガを載せて「さんまの蒲焼丼」を一口食べた川田さんは、「うまい!うわ、本当だ!ショウガがあとから効いてきますね。良いアクセントになってますね!あと、さんまの身が柔らかい!ふわっふわ!」とビックリ。
    さらにとろろを添えて食べると「うーん!濃いめの味から急にまろやかに変わりますね。アッサリいけちゃう感じです。半分くらい普通に食べて、半分くらいとろろで食べるっていうふたつの楽しみ方もありますね」とコメントした。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

さかなや大将の口コミ

さかなや大将の基本情報

店舗情報は変更されている場合がございます。最新情報は直接店舗にご確認ください。

店名

さかなや大将

サカナヤタイショウ

電話番号
  • 03-6441-2328
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 東京メトロ南北線溜池山王駅12番口 徒歩4分

赤坂にあるスポット

赤坂には溜池山王駅や アメリカ大使館akasaka Sacas(赤坂サカス) 等、様々なスポットがあります。 また、赤坂には、「サントリーホール」もあります。名指揮者カラヤンの助言を得て設計されたサントリーホールの大ホールは、後にカラヤンをして「音の宝石箱」と言わせた日本を代表する名コンサートホールです。日本初のヴィンヤード(ぶどう畑)形式により、通常のホールと異なり、舞台背後にもP席と呼ばれる客席があります。ちなみ座席もこの形式にちなんでワイン色が採用されています。小ホールのブルーローズは演奏者を間近に感じられる設計。レストランやカフェはアークヒルズの他、すぐ隣の泉ガーデンにも充実しています。アクセスは地下鉄六本木一丁目から3分、溜池山王から5分。この赤坂にあるのが、刺身「さかなや大将」です。