自慢の食材幻の飯村牛、弓豚

日本に850頭しかいない幻の飯村牛

茨城県土浦市
(主原料原産地:茨城県土浦市)

飯村牛と出会ったのは約15年前。同じ市内の飯村畜産社長から「うちの肉を使ってみませんか?」と声をかけられました。上質を越えた極上の肉質で、「こんなに素晴らしい食材が地元にあるなんて」と感動したものです。美味しさを最大限に引き出せるよう、食材の特性を深く知ろうと実際に農場に足を運び、飼育状況も見せてもらいました。
きめ細やかな霜降り、甘みのある脂、肉自体のうまみや軟らかさを持つ飯村牛。ぜひご賞味を!

中台義浩
(三代目オーナーシェフ) が
選びました

中台義浩(三代目オーナーシェフ)

飯村畜産

生産者
「牛博士」と呼ばれる飯村畜産・飯村社長とシェフ
栽培方法
「牛博士」が独自配合飼料、井戸水を麦飯石とトルマリンで浄化した水を与えているそうです。
特徴
通常より4ヶ月長くゆっくり飼育することが最大のこだわり。

特徴
年間20頭しか流通しないため、幻の黒毛和牛といわれています。

きめ細やかな霜降り、甘みのある脂をお楽しみください。

その他の自慢の食材

レストラン 中台 のサービス一覧

シェフ紹介:
レストラン 中台
  • TEL050-3462-2490