ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

mecicolle

ハラミステーキ データ提供:ユーザー投稿

ヒレステーキ データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

ステーキてっぺい×六本木Buffが紹介されたメディア情報

  • メシコレ

    てっぺいステーキ@ステーキてっぺい×六本木Buff

    悶絶必至!ご飯にのせてガッツリ食べたい魅惑の肉料理5選
    ここ「ステーキてっぺい×六本木Buff」は、東京都六本木に構えるサイコロステーキ店。
    ステーキの種類もヒレ、サーロイン、リブロース、ハラミなど色々とあるが、ここでいただきたいメニューは「てっぺいステーキ」。
     
    このてっぺいステーキの部位は、同じ横隔膜であるハラミよりも脂が少ないサガリ。
    なので、柔らかい食感でありながらも肉々しさも感じることができ、肉好きにはぴったり!
    また、味付けのベースはニンニクではあるが、数種類の中から選べるソースにもあえてニンニク醤油を選択したい。
    お肉の旨味にニンニクの旨味がさらに加わることで、ライスと一緒に無我夢中でがっつくにはもってこいのメニューになるのである。

    悶絶必至!ご飯にのせてガッツリ食べたい魅惑の肉料理5選の記事で紹介されました。

  • テレビ

    誰だって波瀾爆笑(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    日本テレビ  放送

    アメリカ産牛肉を使用したステーキが味わえるお店です。 ゲストがおすすめするグルメを特集した中で紹介されました。

    誰だって波瀾爆笑

    日本テレビ  放送

    2月1日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系、毎週日曜午前9時55分)では「舞の海が大好きな三大グルメツアー」と題して、元大相撲力士でスポーツキャスターの舞の海秀平さんとアナウンサーの藤井恒久さんが「Steak Buff すてーき ばふ」(東京都港区)を訪れた。

     同店は
    六本木一丁目駅から徒歩1分ほどの場所にある。ガッツリ系の肉が食べたいという舞の海さんの要望に応えて提供されたのが、店の人気メニュー「ヤングステーキ(300g)」(2480円 税込み※肉の量は150gから選べます)だ。脂身が少ない赤身のもも肉をサイコロ状にカットし、ガーリックとバターで味付けしたステーキに、ライスとサラダがセットになっている。4種類から選べるオリジナルソースに付けて食べるのがおすすめだ。

     サイコロ状のステーキを口にした舞の海さんは「うまい!! 肉汁がジュワーと…おいしいですね」とコメントした。どんどん箸を進めていく舞の海さんは「こういうのが食べたかったのですよ!」と満足げだった。

    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

ステーキてっぺい×六本木Buffの基本情報

店舗情報は変更されている場合がございます。最新情報は直接店舗にご確認ください。

店名

ステーキてっぺい×六本木Buff

ステーキテッペイロッポンギバフ

電話番号
  • 03-6277-7634
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 東京メトロ南北線六本木一丁目駅3番口 徒歩3分
平均予算
  • 2,150円(通常平均)
  • 3,200円(宴会平均)

席・設備

総席数

18席

  • カウンター席あり
禁煙・喫煙
  • 喫煙可
外国語対応
  • 外国語メニューあり:
  • 英語メニューあり
  • 韓国語メニューあり
  • 外国語対応スタッフ:
  • 英語を話せるスタッフがいる
携帯・Wi-Fi・電源
  • 携帯の電波が入る( ソフトバンク 、NTT ドコモ )
  • Wi-Fi使えます( 無料接続可 )
その他の設備・サービス
  • プロジェクター・スクリーンあり

メニューのサービス・関連情報

メニューのサービス
  • 飲み放題メニューあり
ドレスコード
  • カジュアル

六本木(乃木坂方面)にあるスポット

六本木(乃木坂方面)には六本木一丁目駅や 東京ミッドタウンザ・リッツ・カールトン東京 等、様々なスポットがあります。 また、六本木(乃木坂方面)には、「国立新美術館」もあります。建築家黒川紀章氏の設計により、2007年に日本最大の延床面積を持つ美術館としてオープンした国立新美術館は、コレクションを持たないユニークな美術館。さまざまな美術表現を紹介し、新たな視点を提起することを目的として、国内の美術団体に発表の場を提供する他、内外の新しい美術に焦点を当てた自主企画展や新聞社などと共催による展覧会を開催しています。また、戦後の国内展覧会のカタログを網羅的に蔵書しており、無料で閲覧できます。アクセスは地下鉄乃木坂駅に直結している他、大江戸線と日比谷線の六本木駅からも5分程。この六本木(乃木坂方面)にあるのが、ステーキ「ステーキてっぺい×六本木Buff」です。