ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:昭文社

前へ 次へ

開店前から行列ができる天丼専門店。ネタの鮮度にこだわり、その日に水揚げされた車エビだけを使用している。砂糖や化学調味料を使わず、カツオだしでコクを出したたれと天ぷらとの相性も抜群だ。

データ提供:昭文社

まさるが紹介されたメディア情報

  • ぐるなびレポート

     浅草を代表する天丼のお店「まさる」は、いつもお店の外の椅子に行列ができるほどの人気の名店です。浅草寺の雷門を抜けた仲見世通りの裏手にあり、「天丼のうまい店」と書かれた白い垂れ幕を目印に行くと、すぐに見つけることができます。このお店の天ぷらはごま油を使って揚げられているので、お店に入るなりごま油のいい香りが漂ってきて食欲をそそります。店内は、カウンターと座卓が3つという、こぢんまりとしたつくりです。
     このお店の天丼には、車海老と穴子、キス、めごちの天ぷらがのった「江戸前天丼」と、車海老の天ぷらが贅沢にのった「車海老天丼」の2種類があります。どちらも器のふたが閉まらないので、天ぷらに立てかけられた状態で店員さんが席まで持ってきてくれます。甘めのタレと、ごま油の香りとのバランスが絶妙にマッチして素材の味を堪能できる絶品です。天ぷららしからぬ軽い食べ心地でどんどん食べ進められます。「お椀の中のものは全部食べられます。」というお店の人のことば通り、頭や足がついたままの車海老もカリッと揚がっていて、頭からしっぽまでサクサクと全部おいしく食べられます。このお店の天丼はお腹いっぱい食べても、不思議なことに胃もたれしません。天丼を食べたいけれど胃もたれするのはいやだという人におすすめです。
    (出典:みんなのごはん)

  • テレビ

    ニュースシブ5時(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    NHK総合  放送

    昭和22年(1947年)創業の天ぷら屋です。 浅草の絶品料理を学ぶコーナーで紹介されました。

    メレンゲの気持ち

    日本テレビ  放送

    12月24日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、午後12時00分~)では、ホンジャマカの石塚英彦さんがご利益グルメを求めて浅草周辺を散策し、石塚英彦さんが「まさる」(東京都台東区)を訪れた。

    江戸前天丼が味わえるという同店。席についた石塚英彦さんの前に現れたのは
    天ぷらが山盛りになった丼。「はみ出し違反で逮捕出ましたよ、これ!」と石塚英彦さんが思わず言うように、丼から飛び出した天ぷらたちはフタをしめることも許さないほど。
    その名も「大入江戸前天丼」(3700円/税込)。新鮮な車海老など、厳選した素材をごま油であげ、特製の天つゆに漬けて盛り付けたという一品だ。

    箸でエビをつかんだ石塚英彦さん、カメラにエビを見せつけて「どうですかこれ、衣以上にエビが出てる」とその大きさに驚きの声。ぱくりと食べると「身がキュっとしてうまいなぁ。香りがいい」とコメント。天ぷらを次々とほおばり「香ばしいなあ」という石塚英彦さんに、店主も「いいごま油使ってますから」と答えた。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

まさるの基本情報

店名

まさる

マサル

電話番号
  • 03-3841-8356
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 地下鉄浅草駅から徒歩3分
営業時間 11:00~14:00(材料がなくなリ次第閉店)
定休日
  • 水・日曜(天候・仕入れ状況による臨時休あり、GW休、盆時期休、年末年始休)
平均予算
  • 3700円(通常平均)

データ提供:昭文社

浅草にあるスポット

浅草には浅草駅や 浅草花やしき雷門 等、様々なスポットがあります。 また、浅草には、「浅草寺」もあります。浅草寺は1400年ほど前、隅田川で漁師の網にかかった仏像を起源とし、御利益は古今無双、あらゆる願いを叶えると言われています。特に7月10日のお参りは4万6千日参詣分の御利益があるとして人気。10月18日の菊供養会では浅草寺幼稚園園児の献花と併せ、中国の故事にちなみ菊の葉のお守りで長寿を願います。また江戸三十三観音めぐり第一番の御朱印やおみくじも人気です。浅草寺を中心に発展した浅草は、鉄道開業で銀座が台頭するまで江戸期を通じて最大の繁華街。ライトアップされた姿には今もそんな力強さがあります。この浅草にあるのが、天ぷら「まさる」です。