ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:昭文社

前へ 次へ

昭和29(1954)年創業の、東京で最も古いおにぎり専門店。大釜で炊かれたコシヒカリに厳選素材の具を入れ、香ばしい江戸前の海苔で包む。具は18種前後。

データ提供:昭文社

おにぎり 浅草 宿六が紹介されたメディア情報

  • テレビ

    リトルトーキョーライブ(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ東京  放送

    昭和29年(1954年)創業のおにぎり専門店です。 アイドルが米の美味しさについて学ぶコーナーで紹介されました。

    Nスタ

    TBS  放送

    6月7日放送の「Nスタ」(TBS系、午後15時50分~)では、今ブームとなっているおにぎり専門店を特集した中で、TBSアナウンサーの小林由未子さんが「おにぎり浅草宿六」(東京都台東区)を訪れた。

    こちらはつくばエクスプレス浅草駅から徒歩5分の所にあるおにぎり専門店。店内には
    寿司店のようなカウンター席が設けられており、厳選した具材がズラリと並べられている。定番の梅干しや昆布、いくらから、「紅生姜」(270円)といったちょっと珍しい具材も楽しめる。

    小林由未子さんはお店で1番人気の「さけ」(290円)を頂き、「うーん!おいしい!ふわふわ!でも、ちゃんと1粒1粒ご飯が立っているので、お米の粒を感じますね!」とコメントしていた。

    美味しさのヒミツは握り方。初代が考案したというおにぎり専用の型にご飯と具材を入れ、その上から更にご飯をかぶせたら型から取り出し、形を整える程度に3回だけやさしく握る。そうするとご飯がふわっとし、粒がしっかりと残るんだとか。

    もちろんお米にもこだわっており、9月から10月にかけて試食を行い、強い具材や海苔に合うご飯を厳選しているそう。現在使用しているのは新潟県産のコシヒカリとの事。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

おにぎり 浅草 宿六の口コミ

おにぎり 浅草 宿六の基本情報

店名

おにぎり 浅草 宿六

オニギリアサクサヤドロク

電話番号
  • 03-3874-1615
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • つくばエクスプレス浅草駅から徒歩5分
営業時間 11:30~16:30(閉店17:00)、18:00~翌1:30(閉店翌2:00、材料がなくなり次第閉店、水曜は昼のみ、日曜は夜のみ)
定休日
  • 無休
平均予算
  • 1200円(通常平均)

データ提供:昭文社

浅草にあるスポット

浅草には浅草駅や 浅草花やしき雷門 等、様々なスポットがあります。 また、浅草には、「浅草寺」もあります。浅草寺は1400年ほど前、隅田川で漁師の網にかかった仏像を起源とし、御利益は古今無双、あらゆる願いを叶えると言われています。特に7月10日のお参りは4万6千日参詣分の御利益があるとして人気。10月18日の菊供養会では浅草寺幼稚園園児の献花と併せ、中国の故事にちなみ菊の葉のお守りで長寿を願います。また江戸三十三観音めぐり第一番の御朱印やおみくじも人気です。浅草寺を中心に発展した浅草は、鉄道開業で銀座が台頭するまで江戸期を通じて最大の繁華街。ライトアップされた姿には今もそんな力強さがあります。この浅草にあるのが、日本料理「おにぎり 浅草 宿六」です。