ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

うなぎのきも データ提供:ユーザー投稿

ぴいなっつ豆富 データ提供:ユーザー投稿

上うな重 データ提供:ユーザー投稿

上うな重 データ提供:ユーザー投稿

上うな重 データ提供:ユーザー投稿

上うな重 データ提供:ユーザー投稿

肝焼き データ提供:ユーザー投稿

養老茶わん蒸し データ提供:ユーザー投稿

上うな重 データ提供:ユーザー投稿

うなぎの塩辛 データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

友栄が紹介されたメディア情報

  • テレビ

    ぶらぶらサタデー(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    フジテレビ  放送

    季節料理や創作料理も提供している鰻料理店です。 小田原の幻の青うなぎを求め路線バスで旅する中で紹介されました。

    ぶらぶらサタデー

    フジテレビ  放送

    7月15日放送の「ぶらぶらサタデー」(フジテレビ系、午後12時00分~)では、小田原の幻の青うなぎを求め路線バスで旅する中で、「友栄」(神奈川県小田原市)が紹介された。

    同店は、青うなぎを使用した料理が味わえるうなぎ料理の専門店。訪れた4人の前に「青うなぎ・割きたての
    きも(たれ)」(800円)と「青うなぎ・割きたてのきも(わさび)」(800円)が運ばれてくると「うわ~綺麗だね」「でかっ!」「こんな大きいんですか、きも」と驚きの声を上げた。篠原ともえさんがうなぎのきもをわさび醤油につけて一口頂くと「すごい新鮮で・・・うわ、美味しい!クセがなくてまろやかで…こんなの初めて!」とコメント。トシさんが頂くと「すごい濃厚!このキモが、こんなの初めてだ。全然臭み全く無いぞこれ、すげえ青うなぎ!」と絶賛していた。温水洋一さんがたれがついたうなぎのきもを頂くと「臭くはない、でも風味が苦味がやっぱりすごい。タレはやっぱりいいですね」とコメントした。

    「しら焼御膳」(5000円)は、うなぎの白焼きをわさび醤油で頂く一品。他にも、山椒と白みそを合わせたものや柚子胡椒などで味わうこともできる。温水さんがわさび醤油につけて頂くと「やわらか!もう骨が骨と感じない」と笑顔でコメント。タカさんが頂くと「うわ~めっちゃフワフワ!美味しい~!全然違う!」と絶賛していた。

    「上うな重」(4800円)はふっくらとした大きなうなぎの蒲焼がお重に入った一品。トシさんが一口頂くと「うわ、全然違う柔らかさが…全然違う!」とコメント。篠原さんも一口頂くと「うわもうジュワ~って遠くへ行った!え~!何?」と驚きの声を上げ、温水さんも「俺食べた?柔らかい」とコメント。タカさんも「まじやばいですね!」と絶賛していた。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

友栄の基本情報

店舗情報は変更されている場合がございます。最新情報は直接店舗にご確認ください。

店名

友栄

トモエイ

電話番号
  • 0465-23-1011
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 箱根登山鉄道風祭駅 徒歩7分
平均予算
  • 4,500円(通常平均)

席・設備

総席数

62席

小田原・南足柄にあるスポット

小田原・南足柄には風祭駅や 小田原早川漁村曽我梅林 等、様々なスポットがあります。 また、小田原・南足柄には、「小田原城天守閣」もあります。小田原城の天守閣は、1960年に市制20周年の記念事業として、鉄筋コンクリートで外観が復元され現在に至ります。復元は、宝永時代の再建時に作成された設計図や模型を頼りに行われました。内部は古文書や絵図、武具などを始めとした歴史資料の展示室となっており、小田原城の深い歴史を知ることができます。また、最上階に上れば、相模湾が一望できる眺望を楽しむこともできます。小田原の地魚が味わえる和食店など、周辺にはぜひ立ち寄りたい大人向けの飲食店が多いのも特徴です。歴史めぐりやランチなど、優雅に小田原の歴史を感じながらの観光ができます。この小田原・南足柄にあるのが、うなぎ「友栄」です。