「百年を伝えし味には百年の味あり」文豪 吉川英治

元禄から享保の昔、私共の初代当主、平野権太夫が宮様の九州御幸にお供した際、持ち帰った唐芋(とうのいも)が京の地味にかなって立派に育ち、形が海老に似ていることから海老芋(えびいも)と呼ばれる様になります。この芋を宮中への献上品、北海道産の棒鱈(ぼうだら)と炊き合わせたのが、「いもぼう」の始まりです。まさに南と北の出会いのもの、先人の知恵が生きる料理、それが京名物「いもぼう」なのです。
「いもぼう平野家」では、十四代続いた一子相伝の技とほんまもんの味を今もかたくなに守り、厚く面取りした海老芋と、一週間から十日かけて柔らかく戻した棒鱈を丸一昼夜かけて炊きあげます。手間ひまをかけることにより、おいしい味が全体にまわり、柔らかく艶よく仕上がるからです。(「いもぼう」は登録商標です。)

当店のこだわり

食材や調理法、空間から接客まで。お客様をおもてなし。

  • 落ち着いた雰囲気

    静かな立地で季節の京会席

    他では真似のできない「いもぼう」 十四代続いた一子相伝の技とほんまもんの味を今もかたくなに守り、厚く面取りした海老芋と、一週間から十日かけて柔らかく戻した棒鱈を丸一昼夜かけて炊きあげます。手間ひまをかけることにより、おいしい味が全体にまわります。

    詳細を見る

おすすめメニュー

  • いもぼう会席
  • 鯛笹巻寿司(10個入り折詰)

メニューをもっと見る

ピックアップ写真

  • 海老芋と棒鱈

  • いもぼう

  • 座敷席

  • 椅子席

写真をもっと見る

いもぼう 平野家本家 基本情報

店名

いもぼう 平野家本家

イモボウ ヒラノヤホンケ

電話番号・FAX
  • 075-525-0026
  • お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。

ネット予約はこちらから

  • FAX:075-531-3232
住所
アクセス
  • 京阪線 祇園四条駅 徒歩10分
  • 阪急線 河原町駅 徒歩15分
  • JR 京都駅 バス25分
  • 京都市バス 祇園石段下停留所 徒歩5分
駐車場
  • 有:専用4台
  • (専用)
営業時間
月~日
11:00~20:30
(L.O.20:00)
定休日
  • 年中無休
平均予算
  • 6,000円(通常平均)
  • 8,000円(宴会平均)
  • 2,600円(ランチ平均)
その他料金
  • サービス料:無
  • チャージ料金:無
クレジットカード
  • VISA
  • MasterCard
  • UC
  • ダイナースクラブ
  • アメリカン・エキスプレス
  • JCB
予約キャンセル規定
  • 直接お店にお問い合わせください。
お店のホームページ
備考
  • ※お店は八坂神社北側にございます。

席・設備

総席数
  • 120席
  • 座敷席あり
  • 座椅子あり
宴会最大人数
  • 40名様(着席時)
貸切可能人数
  • 100名様
個室
  • 座敷個室あり(2名~4名様用)
  • 座敷個室あり(2名~5名様用)
  • 座敷個室あり(2名~8名様用)
  • 座敷個室あり(2名~10名様用)
  • ※個室の詳細はお店にお問い合わせください

  • 席・個室情報を見る

禁煙・喫煙
  • 店内全面禁煙
    iQOSは、全席喫煙可
お子様連れ
  • 設備・サービス:
  • お子様メニューあり
携帯・Wi-Fi・電源
  • 携帯の電波が入る( ソフトバンク 、NTT ドコモ 、au )
  • Wi-Fi使えます( 無料接続可 )

メニューのサービス・関連情報

メニューのサービス

このお店のメニュー:

ランチタイムのサービス
  • 14時以降もランチメニューあり
お店のウリ
  • お庭の見える椅子席
  • 名物メニュー
  • お子様OK

いもぼう 平野家本家 のサービス一覧

いもぼう 平野家本家  が紹介されたメディア情報

  • テレビ

    あさチャン!(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    毎日放送  放送

    海老芋と棒鱈を炊き合わせた料理「いもぼう」を扱うお店です。 日本各地のおせち料理を特集した中で、中継先として紹介されました。

    和風総本家特別編(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ大阪  放送

    海老芋と棒鱈を炊き合わせた料理「いもぼう」を扱うお店です。 有名人がオススメする京都の老舗の手土産めぐりをした中で紹介されました。

    遠くへ行きたい(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    読売テレビ  放送

    海老芋と棒鱈を炊き合わせた料理「いもぼう」を扱うお店です。 師走の京都を巡る旅の中で紹介されました。

    遠くへ行きたい

    日本テレビ  放送

    12月25日放送の「遠くへ行きたい」(日本テレビ系、午前06時30分~)では、師走の京都を巡る旅の中で、風間トオルさんが「いもぼう平野家本家」(京都府京都市東山区)を訪れた。

    京阪線祇園四条駅から徒歩10分ほどにある同店は海老芋とマダラの干物「棒鱈」を使用した料理「いも
    ぼう」が楽しめるお店。
    「いもぼう」は乾燥した棒鱈を氷水に浸してじっくりと一週間かけて戻し、棒鱈と海老芋をかつお・昆布の出汁に入れ、醤油・砂糖・秘伝のタレを加えてから更に一週間煮込んだ一品。
    お店のメニューとして「いもぼう」がセットになっている「いもぼう・花御膳」を紹介。「いもぼう」を見るなり「へぇ~、りっぱな芋ですね。やっぱり。」と声を上げた風間トオルさんは芋を箸で割り「うわぁ~柔らかいな~もうすでに。いただきます。」と言い、芋を口に運んだ。芋を味わいながら風間さんは「うわぁ、 これもうホクホクですね。冬にはいいですね、やっぱり。体があったかくなりますね。」「美味しいなーこれ、味付けがいいですね。」とコメント。続いて、海老芋と一緒に煮込んだ棒鱈を食し「うん!柔らかいですね。」「これはちょっと嬉しいな~。なんか幸せな気分になりますね。これね。」と言いながらホクホクの海老芋と柔らかい棒鱈を楽しんだ。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

    羽鳥慎一モーニングショー(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    朝日放送  放送

    海老芋と棒鱈を炊き合わせた料理「いもぼう」を扱うお店です。 300年続く京名物「いもぼう」を継ぐ14代目女将のお仕事を取材した中で紹介されました。

    更にテレビ番組情報を見る
いもぼう 平野家本家