九州豪雨の影響につきましては、ご来店の際に店舗へお問い合わせください。詳細はこちら

こだわり1 職人技

全国で腕を磨き、魅力ある食材を探求

店主の新宅氏は、京都で5年間修業した後に金沢、銀座などの和食店で腕を振るってきた人物。各店で料理人としての技を磨くとともに、その土地が持つ優れた食材を探求してきた。素材の味を生かしたシンプルな和食のスタイルを基本とし、旬で新鮮なものを提供するのが信条。季節感あふれる繊細な料理が魅力だ。

こだわり2 旬の素材

修業の地で発見した魅力ある食材

例えば、「能登の海女さん直送 シャキシャキ岩もずく酢」は、能登の海で採れた新鮮な岩もずくを自家製のもずく酢でいただく人気メニュー。他にも北海道のししゃもや塩水うに、秋田の天然の山菜やきのこなど、店主が修業中に探してきた全国の食材を取り寄せる。九州ではあまり目にかかれないものも多く、新鮮な驚きがある。

こだわり3 空間にこだわる

ネオンを映した那珂川を眺める特等席

「自分が修業した京都のお茶屋バーのようなイメージにしたかった」という店主の言葉どおり、飾らぬ上品な店内からは、那珂川の景色が見られる。京都・鴨川の川床のような雰囲気で、夜になると博多の街のネオンが川面に映り込み、幻想的な景色を眺められるのが魅力。一本杉を使ったカウンター席も美しい。

こだわり4 仕込み

出汁や調味料にもこだわる

「小料理 新宅」では、出汁へのこだわりも強い。厳選された昆布とかつお節を用い、同店ならではの味を追求し作り上げた出汁を提供している。また、塩は新潟の笹川流れのものを、醤油は甘さを抑えた京都のものを使うなど、店主が全国の様々な調味料を試したうえで厳選し使用している。

小料理 新宅 のサービス一覧

小料理 新宅