2019年10月からの消費税増税に伴い、価格が変更になっている場合があります。ご来店の際には事前に店舗へご確認ください。

こだわり1 手打ちうどん

京都らしい食材で、心に残る一杯を

「嵐山にお出でのお客様に、うどんを通してもっと気軽に京都を感じていただきたい」そんな店主の想いから、具材にも京都らしさにこだわったお品書きが豊富に揃う当店。京野菜「九条ねぎ」をはじめ「山城産京鴨」「丹波産美肌豚」、夏の風物詩「はも」などを使った、地元・京都ならではのうどんを多数ご紹介しています。

  • 《厳選の鰹節を使うだし》
    高級感を醸し出す北海道産利尻産の昆布や枕崎産の本枯節の他、うるめ、めじか、片口いわし等、良質な雑節も織り交ぜた、当店ならではのだし。無化調仕上げもポイントです。

  • 《世代を超える王道の味》
    先代の桜海老と三つ葉のかき揚げ、当代の創作カレーうどんなど、初代から続く歴史の中で、その代ごとに自慢の逸品が誕生。それらの美味しさは時代を越えて受け継がれています。

こだわり2 自家製麺

温故知新。伝統と新しい感性の融合

伝統の美味しさを守るだけではなく、常に新しい新渡月の味をプロデュースする四代目。「丹波産美肌豚と半熟玉子のカレーつけ麺」をはじめ、うどんが持つ固定概念を覆す自由な発想で、人気メニューを続々と考案しています。一度食べたらまた食べたくなる!そんな、メディア取材も後を絶たない人気の逸品は必食です!

  • 《麺の増量無料》
    麺は、厳選の国産小麦と品質の安定した豪州産小麦をブレンドした特注品。温製・冷製で茹で時間を調整し、打ちたて・茹でたてをご提供しています。1.5~2玉まで増量無料です!

  • 《海外のお客様に大好評》
    バラエティに富んだ具材の「自家製ポン酢で食べる具たくさんかやくうどん」は海外からのお客様から大人気。日本ならではの調味料・ポン酢の風味と豊富な具材が好評です。

こだわり3 厳選食材

減農薬×京都産を意識した食材選び

九条ねぎ、水菜、白菜、茄子、きのこ類…メニュー毎に使い分ける野菜は、鮮度の高さはもちろん、減農薬栽培や京都産を意識。共感できる農家さんを店主が自ら開拓した、思い入れのある食材です。そんな野菜類だけではなく、鶏や豚など、使用する食材には妥協せず納得できるもののみを使っています。

  • 《近江黒鶏・丹波美肌豚》
    弾力ある肉質と、野生味が残る風味が特徴の銘柄鶏・近江黒鶏。そして自然に恵まれた京丹波地域産で強い甘みを持つ丹波産美肌豚。いずれも主人が自ら現地に赴き見出した逸材です。

  • 《果実酒も京都産》
    フレッシュな甘みで女性のお客様に人気の果実酒は、ゆず酒と梅酒の2種類。京都随一の柚子産地である水尾産の柚子と、京都府内で収穫した梅を使った、京都色豊かなお酒です。

こだわり4 宴会コース

ゆっくり語らいたい夜に最適な鍋宴会

夕食も兼ねてグループで嵐山にお越しのお客様には、お酒と共にお楽しみいただける鍋コースをご用意。「うどんすき」「京赤みそチゲ鍋」の2種からお選びください。いずれも天ぷらやおばんざい、〆まで付いて満足感もひとしお。尚、4月、5月連休、8月盆休み、1月、12月はご提供がございませんのでご注意を。

  • 《一人鍋もございます》
    グループでの宴会で人気の鍋メニューは、2名様から単品でもご注文いただけます!近江黒鶏のうどんすき、牛すじのチゲ鍋の〆には雑炊もついております。

  • 《厳選地酒とご一緒に》
    鍋を囲んで語らう夜を美味しく盛り立てる日本酒も。主人が数多ある京の酒から選んだ洛中の「神蔵五紋七曜」、伏見の「澤屋まつもと」「神聖 松の翠」の3銘柄をお愉しみください。

こだわり5 歴史がある

景勝地、嵐山・渡月橋のたもとで80年

1年を通して賑わう観光地・嵐山に店を構えて80年余り。現在、若き四代目がその歴史を受け継ぎ切り盛りしています。嵐電嵐山駅徒歩1分、阪急・JR各線嵐山駅からもほど近い好立地。渡月橋を目指してお越しください。季節ごとに様々な表情を見せる嵐山の風景とともに、こだわりの自家製麺と自慢のだしをお愉しみください。

  • 《団体様ならテーブル席》
    グループ観光やお仕事でご来店のお客様、地域のお集まりに。6~12名様まで揃ってご着席いただけるテーブル席がございます。昼・夜どちらのお集まりにもマッチします。

  • 《気軽なカウンター席も》
    嵐山デートのカップルや二人旅のお客様はもちろん、お一人でもお気軽にご利用いただけるカウンター席をご用意しています。できたての一杯をお愉しみいただけます。

京都嵐山 自家製麺 新渡月 のサービス一覧

京都嵐山 自家製麺 新渡月