こだわり1 旬の素材

■自然の恵みに感謝をこめて

春は筍、夏は鮎、秋は松茸、冬は海老芋……。
季節を告げる旬の素材は、味の深まりを待ってお献立に登場します。現在ではフォアグラやキャビアなど外国の素材も採り入れ、日本料理の新たな可能性を追求しています。

  • 濱田家のお料理は伝統的な会席料理です。
    料亭として大切にしているものは、まずは美味しさ。その日お見えになるお客様のためだけに、心を込めておつくりします。

  • 目でも味わっていただけますよう、一皿ひと皿に晴れやかな季節感を凝縮。彩りの美しさや手の込んだ繊細さも、あわせてお楽しみいただければと存じます。

こだわり2 歴史がある

■百余年の伝統を守り続ける老舗料亭

濱田家は大正元年、歌舞伎の舞台としても知られる玄治店の跡地にて開業いたしました。以来、百余年料亭としての伝統を守り続けております。
ほんの少し日常を離れた特別な一日を演出する、「お料理」「しつらえ」「おもてなし」。濱田家では料亭としての昔ながらの有りようを、時代の風を採り入れながら守り続けています。

  • お献立に合わせて選ばれる器の数々は、どれも名匠の手によるもの。一幅の画にも似た、鮮やかな調和をご堪能ください。

  • 季節に合わせて掛け軸を選び、お軸との取り合わせを考えながら季節の花をいける。季節ごと、お席ごとに床の間のしつらえにも趣向を凝らしています。

こだわり3 会席料理

■伝統を支える技と感性

濱田家のお料理は伝統的な会席料理です。
料亭として大切にしているものは、まずは美味しさ。その日お見えになるお客様のためだけに心を込めておつくりします。
さらに目でも味わっていただけますよう、一皿ひと皿に晴れやかな季節感を凝縮。彩りの美しさや手の込んだ繊細さも、あわせてお楽しみいただければと存じます。

  • 吟味した旬の食材を活かした会席料理をお届けします。

  • おせちは黒塗りの重箱に整然と彩りよく盛り込み、祝肴、煮物、焼物・・・と昔ながらの手法で丁寧に作っております。
    料亭の味をぜひご自宅でご賞味下さい。

こだわり4 おもてなし

■心安らぐひと時のために

ご接待ならご商談がうまく進むように、プライベートのお客さまならお席が和むように。女将・仲居ともにお席に合わせてきめ細かなおもてなしができますよう、心を尽くしております。

  • お料理はもちろんのこと、季節ごとに表情を変える庭園や数寄屋造りの端正な日本建築の佇まいをもお愉しみください。

  • お献立の内容は、季節や仕入の状況により異なりますので、お好みなどございましたら何なりとご希望をお聞かせください。

こだわり5 完全個室

■掘り炬燵のお部屋を中心に全8室

夏なら簾障子にかわるお座敷は、少人数のご利用に適した桔梗の間をはじめ、掘り炬燵のお部屋を中心に全8室ございます。
戦後まもなく建て直された「玄冶店 濱田家」は、東京では数少なくなった数寄屋造りの建物です。季節ごとに表情を変える庭園とあわせ、日本建築の端正な佇まいをぜひご堪能いただければと存じます。

濱田家