• 氷鉢に盛った生牡蠣!磯の香りと旨みが大満足の至福の一品です。

  • 三年物の殻付き活生カキをふんだんに使用した7品フルコース会席

  • ※写真はイメージです。仕入れ状況などにより実際とは異なる場合がございますのでご了承ください。
  • おいしいものに出会ったときって本当にうれしいものです。港小樽ではこれからどんどん旬の味覚が入荷して登場してきます。かき、ホッキ、鮑、きんき、タラバ、毛がになど、種類豊富な魚達など、どれも新鮮なものばかり・・・特に当店自慢の厚岸直送の牡蠣は、海水と淡水が混じりあう汽水域で生育されるカキです。古来よりロシア領域アムール川方面より釧路管内、厚岸湾の海水に流れくる、流氷がもたらす豊富なプランクトンと何十年もの町ぐるみでの川の上流や山への植林による良質な植物性プランクトンを湖に発生させる為の作業により美味しいカキになります。厳しい冬のシーズンは身もひきしまり、その美味しさはもちろんの事、8月の産卵期に向け、今どんどんと栄養をたくわえ、4月から9月までの時期は最高の時期と言えます。その栄養とはグリコーゲン。旨みの元です。グリコーゲンの蓄積が最高に達するこれからの牡蠣は流氷のお土産のプランクトンをたくさん食べ、甘味も増し、味もよくなり最高の旬と言えるでしょう。この他、牡蠣には、鉄分、カルシュウム、ビタミンA、B1、B2、ナイアシン、ビタミンCも含み、さらにタウリン、味覚障害治療に良い亜鉛など、多量に含み海産物中、栄養含有量は、トップクラスで、一年を通してのかっこうのスタミナ源となり、海のミルクといわれるほど栄養豊富です。グリコーゲンは肝臓の働きを活発にし、タウリンはコレステロールを低下させ、また、視力を強めます。鉄分は血行によく、ビタミンB1、B2は悪性の貧血を回復させる作用があります。この素晴らしい、かきえもん、まるえもん、仙法祉かき、雅叙園自慢の厚岸直送の牡蠣をぜひ食していただきたいと思っています。

小樽雅叙園 のサービス一覧

小樽雅叙園
  • TEL0134-27-5560