ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:昭文社

うな重 データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

創業は明治26(1893)年。昼は朝仕込みをしたうなぎを使用、夜は様子を見ながら少しずつ仕込んでいくなど、できたてならではのやわらかいうなぎを味わえる。

データ提供:昭文社

宮川本廛が紹介されたメディア情報

  • ぐるなびレポート

    東京都中央区築地にある「宮川本廛」は、地下鉄築地駅から徒歩3分。新富町駅からも徒歩3分ほどで着きます。都心部に数件あるうなぎ店の中でも、長い歴史を織りなすこちらのお店は、築地本願寺が周辺にあり、高度な医療を提供する専門病院、ホールなどの施設も点在しています。

    創業は1983年という、明治からの時代を渡り歩いている名店は、うなぎで人々を幸せにしてきたという、ゆるぎない実績を抱えています。創業から変わらず利用しているたれは、うなぎの旨みを最大限に引き出すことができている逸品。

    エントランスから2階・3階の席に移動し、テーブル席や座敷席などに着くと、温かなお茶が運ばれてきます。もちろん、多くのお客さんが注文するのがうな重。不動の人気を誇るメニューは、ふっくらとしたうなぎの魅力を存分に楽しむことができる至高の一品。食べ応えがあるように見えますが、女性でもペロリとたいらげてしまうほど、素材とたれの美味しさが堪能できます。うなぎの骨が気になるということがあるかもしれませんが、こちらのうな重は口に違和感がなく、すぐに口の中で身がホロホロになるほどの柔らかさ。

    創業以来の変わらぬ味を守り続けることは、並大抵の努力でも大変です。しかし、名店を継ぐからこそ、美味しさを極限にまで高めた調節が成されているからこそ、発展を続ける老舗としての認識も強いのではないでしょうか。うなぎの美味しさを想像させてくれるたれの香りは、嗅ぐだけでもご飯を食べられそうなほどの魅力があります。

    五感で料理を楽しむことができるこちらのお店。うなぎの美味しさをしっかり楽しませてくれるからこそ、多くのリピーターが訪れるのです。あっさりしていて深みのあるたれの味は、多くの満足で心と体を満たしてくれます。絶対に満足する食事がしたいというのであれば、間違いなくこちらのお店の食事を取ることによって、自分が思い描く想像以上に美味しい体験を重ね
    るべきです。

    続きを読む
  • テレビ

    和風総本家(再)(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ東京  放送

    老舗のうなぎ料理店です。 伝統の江戸前料理を支える職人を特集した中で紹介されました。

宮川本廛の口コミ

応援フォト

  • うな重

    FOXFACEさん

    さすが名店だけあって、ウナギの歯ごたえ、たれの甘さともバランスがとてもよいと思います。 店に入ってからちゃんと焼いてくれるだけあって、時間がかかりますが、香ばしくてとても美味しいです。

※応援フォトとはおすすめメニューランキングに投稿された応援コメント付きの写真です。

宮川本廛の基本情報

店名

宮川本廛

ミヤガワホンテン

電話番号
  • 03-3541-1292
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 地下鉄築地駅から徒歩3分
営業時間 11:30~14:00(閉店15:00)、17:00~20:30(閉店21:30)、日曜、祝日の夜は~20:00(閉店21:00)
定休日
  • 土曜(12月31日~翌1月3日休)
平均予算
  • 6000円(通常平均)

データ提供:昭文社

築地にあるスポット

築地には新富町駅や 築地本願寺浜離宮朝日ホール 等、様々なスポットがあります。 また、築地には、「聖路加国際病院」もあります。米国聖公会の宣教師ルドルフ・トイスラー博士によって1902年に創設された、東京都中央区の聖路加国際病院は、病院ランキングなどで何度も上位に上ったことのある、人気の高い大規模総合病院です。通院や入院経験がある人の口コミによれば、医師や看護師のレベルが高く対応も丁寧で、施設もまるで高級ホテルのようだと評判です。すべての病室が個室であり、プライバシーが保護されているのも大きな特徴の一つです。お見舞いに訪れた際には、ぜひ近隣の築地ならではの新鮮な魚料理やお寿司が味わえるお店に立ち寄るのも良いでしょう。この築地にあるのが、うなぎ「宮川本廛」です。