こだわり1 職人技

修業で培った確かな技術で魅了する

オーナーシェフの小倉知巳氏は、イタリアミラノ近郊、アルプスの麓に位置するベルガモでスタージュを終えた後、西新宿のイタリアンや幡ヶ谷の名店で修業を重ね、32歳で独立。富ヶ谷の住宅街に「REGALO dal DIRITTO 」をオープンし、2014年4月には参宮橋駅からすぐという現在の場所に移転した。

こだわり2 ワインにこだわる

数多くの中から好みの味を見つけよう

この店では、イタリア全土のワインを取り揃えており、その数は100種類以上。リーズナブルなものから、貴重なものまでバリエーションは豊富。有名な「キャンティ」などの品種として使われるSangiovese(サンジョヴェーゼ)の種類も多い。好みの味と予算を伝えると、料理に合うものをチョイスしてくれる。

  • この店では、料理の後の愉しみも充実している。イタリアで食後酒として親しまれているブランデーの一種「グラッパ」が10種類以上揃っているのだ。グラッパとは、ブドウを絞った残りを蒸留させたものでアルコール度数も高い。オーソドックスな無色透明なものから、樽熟成させたもの、自家製の梅のグラッパまであり多彩だ。

  • 甘党には別腹のドルチェがおすすめ。目にも鮮やかな苺ジェラートと苺の下には、ジャンドゥィヤが隠れている。ジャンドゥィヤとは、ヘーゼルナッツの入ったチョコレートの一種。最後にプラスしたバルサミコの酸味が、味のアクセントになる。ワインが残っていた場合、デザートの代わりにチーズをオーダーすることも可能。

こだわり3 新鮮食材

「美味しい」の先を見つめる厳しい目

小倉シェフがオリーブ牛を選択するにあたって、「信頼できる業者からの仕入れ」を考えたという。上質な素材の味を存分に活かすために「信頼」は、重要なキーワードなる。「安心できる美味しいものを提供したい」という想いから、2日に一度、シェフ自らが早朝から築地へ出かけ、旬の食材を厳選して買い出しをしている。

こだわり4 自慢の一品

定番メニューは、是非とも味わいたい

「卵とフォアグラのグラタン白トリュフ風味」は、この店を訪れる大概の客がオーダーするスペシャリテだ。ジャガイモのピューレの上に、味の決め手となるフォアグラを散りばめ、卵をのせる。その上からパルミジャーノ・レッジャーノを振り、オーブンで焼き上げる。仕上げに白トリュフオイルで香り付けをした定番メニューだ。

REGALO のサービス一覧

REGALO