歓送迎会にぴったり!!■お米にこだわった究極の宴会プラン■

4名様から14名様まで個室をご用意しております!!

ご家族でのお食事会、会社でのご宴会、父母会、謝恩会などでご好評のコース

□飲み放題付□
「土鍋ごはん 米三」旬の宴会コース ¥4000(税抜)

「米三(こめさん)」
土鍋、水、お米の三つのこだわりから名付けられた米三。
当店のお米は、厳選された産地直送のお米を、
自家精米し、お米を丁寧に研いだ後、
山形県出羽三山の天然水を使用し、
三重県四日市の萬古焼特注土鍋でふっくらと炊き上げております。

【駐車場案内】横浜市営地下駐車場(あいたい地下)
3,000円以上で2時間分,
5,000円以上で3時間分の駐車券サービス

ピックアップ写真

  • 土鍋ごはん7種類と多彩な一品料理が味わえます

  • 七種野菜のきんぴら。
    細かく千切りにした人気メニュー。

  • 黒毛和牛モモ肉の炙り焼き。とろける美味しさ、山葵と塩で。

  • 【個室】14名様迄ご利用可能
    お早めのご予約をお待ちしてます

写真をもっと見る

土鍋ごはん 米三  基本情報

店名

土鍋ごはん 米三

ドナベゴハンコメサン

電話番号・FAX
  • 050-3466-4419
  • ご予約の際ぐるなびを見たというとスムーズです。

  • FAX:045-912-3353
住所
アクセス
  • 横浜市営地下鉄 センター北駅 2番出口 徒歩1分
駐車場
  • (横浜市営地下駐車場3,000円以上で2時間分, 5,000円以上で3時間分の駐車券サービス)
営業時間
月~金
ランチ 11:00~14:30
(L.O.14:00)
ディナー 17:00~22:00
(L.O.21:00)

土・日・祝
ランチ 11:00~15:30
(L.O.15:00)
ディナー 17:00~22:00
(L.O.21:00)
定休日
平均予算
  • 2,500円(通常平均)
  • 4,000円(宴会平均)
  • 1,500円(ランチ平均)
クレジットカード
  • VISA
  • MasterCard
  • UC
  • ダイナースクラブ
  • アメリカン・エキスプレス
  • JCB
  • MUFG
予約キャンセル規定
  • 直接お店にお問い合わせください。

席・設備

総席数
  • 60席
宴会最大人数
  • 60名様(着席時)
  • 100名様(立食時)
貸切可能人数
  • 30名様 ~100名様
個室
  • テーブル個室あり(2室/4名~6名様用/カーテン仕切り)
  • テーブル個室あり(1室/7名~12名様用/カーテン仕切り)
  • ※個室の詳細はお店にお問い合わせください

  • 席・個室情報を見る

禁煙・喫煙
  • 店内全面禁煙
バリアフリー
  • 車いすで入店可

※バリアフリーの詳細はお店にお問い合せください

お子様連れ

お子様連れOK

  • 設備・サービス:
  • お子様メニューあり
  • お子様用椅子あり
携帯・Wi-Fi・電源
  • 携帯の電波が入る( ソフトバンク 、NTT ドコモ 、au )
  • 電源利用可
その他の設備・サービス
  • 日曜営業あり

メニューのサービス・関連情報

メニューのサービス
  • 飲み放題メニューあり
  • ランチメニューあり
  • ヘルシーメニューご相談

このお店のメニュー:

ランチタイムのサービス
  • ドリンク付きランチ
テイクアウト
  • ドギーバッグ可 (食べ残しをお持ち帰りいただけます)
お店のウリ
  • 土鍋ごはん
  • 会食 法事 接待
  • 宴会 個室 コース

土鍋ごはん 米三 のサービス一覧

Foreign Language Version

土鍋ごはん 米三  が紹介されたメディア情報

  • テレビ

    newsevery.(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    日本テレビ  放送

    出羽三山の天然水を使用し土鍋で炊くご飯にこだわった食堂です。ディナーは17:00~21:00です。 お米が主役の飲食店を特集した中で紹介されました。

    newsevery.

    日本テレビ  放送

    1月16日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、お米が主役の飲食店を特集した中で、「土鍋ごはん・米三」(神奈川県横浜市都筑区)が紹介された。

    横浜市営地下鉄・センター北駅の2番出口から徒歩1分のところにある同店は、 土鍋で炊いたご飯に相性抜群のお
    かずが評判のお店。

    ランチに楽しめる「鮭ハラス炙り定食」(1,300円/税込み・ドリンク付き)は脂がのった鮭の身をシンプルに塩焼きにしたおかずとご飯、汁物などがセットになっているメニュー。夜メニューには国産豚の肩ロースを自家製のタレに絡めた生姜焼きで、濃厚な甘辛味が食欲をそそる「豚の生姜焼き」(1,404円/税込み)といった料理をいただくことができる。

    お店の主役であるご飯は、三重県の萬古焼といって形が丸い土鍋を使用して大粒でやさしい甘味が特徴の茨城県産のお米「一番星」をふっくらと炊いている。お米のこだわりは玄米で仕入れ、品質を保つため使用する分だけ自家精米しており、精米後のお米に一番初めに入れる一番水には軟水のミネラルウォーターを使用、さらにミネラルウォーターに浸して冷蔵庫で6時間以上寝かせて米の芯までしっかりと水を吸わせる。そうすることでよりふっくらと炊きあがるのだとか。

    まずご飯をそのままで食した磯部さちよさんは「ふっくらして、モチモチです。やわらかいんですけど、適度な弾力もあって本当に粒の感じが楽しめます」とコメント。続いてご飯とともに鮭のハラスを口に運び「ん~!鮭の脂の感じと塩気がご飯の甘さと合います。相乗効果で最高ですね」と絶賛。

    お店ではディナータイムに1人間ずつ小さな土鍋で、炊きたてご飯の「土鍋ごはん」(1,026円/税込み)を提供している。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む
土鍋ごはん 米三
  • TEL050-3466-4419