シェフ・料理人の紹介

大将

坂井 康人さかい やすひと

出身:東京都

坂井康人

東京・浅草に生まれ、錦糸町で育ちました。21歳のときに根津の焼き鳥店「八まき」の大将に師事。鶏の目利きから串打ち、焼きにいたるまで、師匠の背中を追いながら修業を重ねました。「師匠と同じように、お客さまに喜んでいいただける逸品を届けたい」という一心で10年間技を磨き、その後独立。平成14年に「とり喜」を開店し、繁盛店で培った経験に、自分なりの創意工夫を加えて、こだわりの味わいとサービスを提供しています。平成20年には現地に店舗を移転し、従前と変わらず、多くのお客さまに足を運んでいただいています。

  • 得意(専門)料理ジャンル
    焼き鳥
  • 料理人としてのモットー
    お客さまの期待に応えられるよう、満足していただける味とサービスを届ける。
  • 料理人になったきっかけ
    焼き鳥職人を志して修業先を探していたところ、「八まき」と出会い、弟子にしてほしいと門を叩きました。
  • 料理人として影響を受けたもの(味・人など)
    「八まき」の大将です。お客さまを大切にし、楽しませようとする姿に、自分もこうでありたいと思いました。

私のおもてなしスタイル

  • 食材選択

    おいしい焼き鳥を召し上がっていただくため、鶏の選び方にこだわっています。
    そのひとつ「信玄どり」は、添加物を加えない植物性飼料で育てた銘柄鶏で、くさみが少なく、奥行のある旨みがあります。東京しゃもは江戸時代から飼育されていた鶏で、濃厚な赤身としっかりとした歯ごたえをお楽しみいただけます。

  • 調理方法

    火持ちの良い紀州備長炭を使い、素材の旨みを逃さずに焼きあげています。
    団扇で煽ぎ続けることで炭火は1200℃という高温になり、それにより鶏や野菜に炭のにおいが移らず、雑味のない素材本来の味わいをご堪能いただけます。焼きたてを召し上がっていただきたいので、頃合いを見ながら1、2串ずつお出ししています

とり喜
  • TEL050-5487-3780