創業享保3年(1718年)の伝統の味。
両国に9代続いている「しし鍋」の名店。いまも生き続ける伝統の味をご堪能下さい。

享保3年(1718年)創業の山くじら(猪肉)料理の専門店です。
昔は、獣肉料理店のことを「もゝんじ屋」といいお店もたくさんありましたが、今では当店のみとなってしまいました。

当店の猪肉は丹波や鈴鹿などから取り寄せており、みそ仕立ての「すき焼き」にしてお出ししております。また、そのほかに鹿肉の刺身もあります。 猪の鍋は深紅色した赤身と白い脂肪が特徴で、その色合いから、しし鍋のことをぼたん鍋とも言います。

一番美味しい部位は脂の多いバラ肉で煮れば煮る程味が深まる。ほかにも脂身がなくキメの細かいのが特徴のシカ鍋や、
やや黒味を帯びた赤身にたっぷりと霜降りののったクマ肉を使った鍋も当店ならでは伝統のお味付けで召し上がっていただけます。

当店のこだわり

食材や調理法、空間から接客まで。お客様をおもてなし。

  • 仕込み豆腐

    両国の代々続く伝統のしし鍋料理

    猪の鍋は深紅色した赤身と白い脂肪が特徴で、その色合いから、しし鍋のことをぼたん鍋ともいう。一番美味しい部位は脂の多いバラ肉で煮れば煮る程味が深まる。ほかにも脂身がなくキメの細かいのが特徴のシカ鍋や、やや黒味を帯びた赤身にたっぷりと霜降りののったクマ肉を使った鍋も、是非ご賞味下さい。

    詳細を見る

トピックス
当店のおいしい情報や
オススメ情報をお知らせ

ピックアップ写真

  • 40名様までの宴会は広々とした和室で

  • 新鮮な鹿肉はお刺身で召し上がれます

  • 人気の野獣肉コース

  • 猪肉は煮れば煮るほど美味しく召し上がれます

写真をもっと見る

ももんじや  基本情報

店名

ももんじや

モモンジヤ

電話番号・FAX
  • 050-3469-3543
  • お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。

  • FAX:03-3631-6276
住所
アクセス
  • JR総武線 両国駅 西口 徒歩5分
営業時間
月~土
ディナー 17:00~21:00
(L.O.20:45)
定休日
  • 日曜日
  • その他(2017年5月28日)
  • ※12月は休まず営業いたします
  • ※両国国技館で大相撲開催中の際は営業。詳細は店舗までお問い合わせください。
平均予算
  • 7,000円(通常平均)
  • 8,000円(宴会平均)
その他料金
  • サービス料:ディナーのみ 10%
  • チャージ料金:ディナーのみ お通し 300円(税抜)
クレジットカード
  • VISA
  • MasterCard
  • UC
  • DC
  • アメリカン・エキスプレス
  • JCB
  • 銀聯
  • MUFG
予約キャンセル規定
  • 直接お店にお問い合わせください。

席・設備

総席数
  • 100席
  • 座敷席あり
宴会最大人数
  • 80名様(着席時)
貸切可能人数
  • 40名様 ~80名様
個室
  • 座敷個室あり(2名~8名様用)
  • 座敷個室あり(1名~4名様用)
  • ※個室の詳細はお店にお問い合わせください

お子様連れ

お子様連れOK

  • 受け入れ対象:
  • 乳児からOK
  • 設備・サービス:
  • 離乳食持ち込みOK
  • お子様用食器あり
ペット同伴
  • 同伴不可
外国語対応
  • 外国語メニューあり:
  • 英語メニューあり
  • 中国語(簡体字)メニューあり
  • 中国語(繁体字)メニューあり
  • 韓国語メニューあり
  • 外国語対応スタッフ:
  • 英語を話せるスタッフがいる
携帯・Wi-Fi・電源
  • Wi-Fi使えます( 無料接続可 )

メニューのサービス・関連情報

メニューのサービス

このお店のメニュー:

お店のウリ
  • 猪肉 熊肉 鹿肉
  • 両国 宴会
  • 歓送迎会

ももんじや のサービス一覧

Foreign Language Version

ももんじや  が紹介されたメディア情報

  • テレビ

    朝の!さんぽ道(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ東京  放送

    享保3年(1718年)創業の猪肉料理専門店です。 隅田川で行われる花火大会の穴場を探して散策した中で紹介されました。

    朝の!さんぽ道

    テレビ東京  放送

    7月25日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、隅田川で行われる花火大会の穴場を探して散策した中で、「ももんじや」(東京都墨田区)が紹介された。

    JR総武線 両国駅西口から徒歩5分の位置にある同店は、来年で創業300年を迎える猪肉料理の専門店。

    「山くじら・ももんじや」と書かれた看板につられてお店に入った金子貴俊さんが、先ず店主に看板に書かれた言葉の意味を確認した所、店主曰く「山くじらとは猪肉の事で、ももんじやとは、百の獣を意味する「ももじゅう」から由来しているとの事だ。

    早速、運ばれてきたのは「猪鍋」(1人前4320円)。一口頂いた金子貴俊さんは「こんなに煮込んでも、お肉が大きいですねー!うん!美味しい!柔らかいですし、脂身がとってもプルプルしてる。全然脂っぽくなくて、さらっとしているし、全然臭みが無いです!赤身の部分はお肉らしい食感が残っていて、うんうん、すごい、これは300年続く理由が分かりますね!」と大満足した様子だった。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

    出没!アド街ック天国(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ東京  放送

    享保3年(1718年)創業の猪肉料理専門店です。 新スポットも続々登場の大相撲の聖地、東京都墨田区の両国を特集した中のランキング第7位の項目内で紹介されました。

    噂の!東京マガジン(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    TBS  放送

    享保3年(1718年)創業の猪肉料理専門店です。 両国の魅力に迫る特集の中で紹介されました。

    グッド!モーニング(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ朝日  放送

    享保3年(1718年)創業の獣鍋料理店です。 両国を散策した中で紹介されました。

    ぶらぶらサタデー(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    フジテレビ  放送

    享保3年(1718年)創業の獣鍋料理店です。 両国を散策しながらグルメや名所を巡る中で紹介されました。

    ぶらぶらサタデー

    フジテレビ  放送

    9月3日放送の「ぶらぶらサタデー」(フジテレビ系、午後12時00分~)では、両国を散策しながらグルメや名所を巡る中で、有吉弘行さん、ビビる大木さん、井森美幸さん、稲村亜美さんが「ももんじや」(東京都墨田区)を訪れた。

    JR総武線両国駅から徒歩5分ほどにある同店は、1718
    年創業の獣肉料理専門店。イノシシをつかった「しし鍋」などの獣肉料理が味わえる。鶏肉いがいの肉食が禁止されていた江戸時代に栄養価の高いイノシシを「山くじら」と呼びこっそり食べていた歴史のある店だ。

    ヘルシーなのに栄養たっぷりで女性のお客さんに人気の「鹿ソース焼き」は、日本酒を加えて臭みを飛ばした鹿肉に、秘伝の甘ずっぱいソースを絡めた一品。同じソースを使用した「熊ソース焼き」は個性的な味が楽しめる一品だ。

    クセが少なく脂が甘くあっさりとした味わいの丹波産のイノシシを使用した「猪鍋」は割り下に味噌を合わせたタレで煮込んだ一品。イノシシは豚肉と違い脂身を食べる食材で、長時間煮込んでも硬くならないのも特徴。稲村さんは「おいしいです!全然クセないです」「豚と牛の中間ぐらいですね」とコメントした。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む
    更にテレビ番組情報を見る
ももんじや
  • TEL050-3469-3543