2019年10月からの消費税増税に伴い、価格が変更になっている場合があります。ご来店の際には事前に店舗へご確認ください。

上海蟹宴席菜譜<10月6日~11月30日まで>美味しい食べ方

魅惑の上海ガニは美味しくて食べ易く♪フルサービスでご利用戴きます

【上海蟹】は日本での呼び名で、上海近郊の陽澄湖が産地。正式名は「大閘蟹」一年でもわずか2ケ月程しか味わえない。蒸し蟹は上海名産「鎮江香酢」という黒酢や三杯酢で味わいます。

【活上海蟹の老酒漬け】は、生きたまま調理するというのが、なかなか一般では簡単に食べられない理由でもあります。ビロードのような舌触りをご賞味ください。

【メス】
10月に子の沢山詰まったメスを食します。このふっくらとしお腹から、たっぷりの卵と溢れる蟹味噌が魅了です。

【オス】
11月にオスを食すのは、メスは産卵後でオスは丸々肥えて、肉厚で蟹味噌がたっぷり詰まっています。秋の代表的な味覚ですが蟹爪は栗のような香ばしさがあります。

【蒸し蟹】
蒸すこと20分。赤々と紅葉のような色が綺麗です。本場、上海ではこのまま、皿に出てきます。さて、どの様に食すか?行儀悪くかじって、吸い出し、吐き出すのが流儀
テーブルは殻の山となります。

【食べ方1】
蒸し蟹は熱いうちに、甲羅から脚を外します。いろいろな食べ方がありますが、熱いうちに食すことができる美味しい手法です。

【食べ方2】
甲羅の尻からパックリと割り出しますとオレンジ色の味噌と純白の蟹肉がお目見えします。このとき、ガニと言われる肺は食べないので取り除きます。

【いざ実食】
先ずは胴体にたっぷりとろけ出る味噌をガブッと食す!後にお好みで黒酢、三杯酢をつけてご賞味ください♪
蟹専用フォークでほぐすか、やわらかい殻ごと口に入れ中国式に吐き出すのも乙な食べ方

【食べ方3】
脚の部分は相当に面倒で格闘するか、しゃぶるかとなりますが、上品に食し方は専用鋏で第一関節と第二関節の間を残しカットする。
さらに第三関節を斜めに切り落す。すると2本の脚が残ります。

【食べ方4】
根元の脚には
蟹肉が詰まっております。
先ほどカットした爪先部分の脚をつかって、押し出します。

【食べ方5】
するとスルッと蟹肉が出てきます。蟹爪部分はハサミの間からカットしパックリ割ります。上海蟹は美味いけど本当に面倒な料理ですが新橋亭ではフルサービスで食べ易くサーブ致します。

★11月30日迄
活上海蟹の老酒漬けと陽澄湖特大上海蟹の姿蒸し《一匹》各1匹4000円。 
上海蟹コース
はお一人様9,800・12,000円(2名様より)
「メニュー」ページご覧ください。
問合せ電話
03(3580)2211

新橋亭 新館 のサービス一覧

新橋亭 新館