新型コロナウイルス拡大及び緊急事態宣言における対応のお願い

こだわり1 歴史がある

江戸前の鰻ひとすじに、当世9代目

かつて東京が江戸と呼ばれていた時代「江戸前」といえば鰻の代名詞でした。現在の本店が建つ上野池之端で伊豆栄が開業したのは、八代将軍・吉宗公が治めていた頃。それから300年経つ今も変わらずお客様に愛され続けています。世界に誇れる食文化を守り、おいしさを伝えていくことを使命に、この先も精進してまいります。

  • 【江戸時代の伊豆栄】
    当時良質な鰻が獲れたとされる上野界隈には、小屋掛け程度の簡易な造りの蒲焼き屋が立ち並んでいました。現在は上野駅から徒歩5分、上野恩賜公園に面した不忍通り沿いに位置する伊豆栄。そんな当店も、ささやかなお店のひとつだったと言い伝えられています。

  • 【上野エリアに3店舗】
    伊豆栄は上野エリアに、本店を含め全3店舗を構えています。不忍池のほとりに建つ落ち着いた雰囲気の「不忍亭」と、上野恩賜公園内の眺望に心やすらぐ「梅川亭」。いずれも鰻へのこだわりに変わりありません。上野にお出かけの際はぜひお立ち寄りください。

こだわり2 宴会コース

会食にぴったりの優雅なコース料理

江戸っ子の好みを知り尽くした日本料理人が仕立てるコース料理。さまざまなお集まりに好評です。最も人気が高いのは『松コース』8,640円。先付けに始まり、前菜、お造り、煮物、酢の物にうな重、デザートまで、大満足のお品書きが揃います。松コース以外はうな重を蒲焼きまたは鰻を使用しないお食事に変更可能です。

  • 【平日の限定ランチ】
    平日だけのお得なランチセットも大好評です。名物のうな重に、香の物とお吸い物が付いて2,700円とお手頃価格でご用意。お昼も当店自慢のブランド鰻を味わっていただけます。会食やお集まり、おもてなしなどにぜひご利用ください。1日20食限定なので、お早めに。

  • 【鰻のうんちく】
    鰻といえば土用の丑というように夏の風物詩として定着してきました。けれど、実は鰻の旬は秋から冬にかけてなのです。旬の鰻は、厳しい冬を乗り越えるために脂肪や栄養をたっぷり蓄えているので、夏に出回る鰻に比べて濃厚な味わいに。ぜひ四季の鰻を食べ比べてみてください。

こだわり3 宴会貸切

4階は最大50名様まで貸切宴会大歓迎

当店は7階建て、全270席を構えています。お1人様はもちろん、接待などのビジネス利用に、大人数での宴会などさまざまなご歓談シーンに最適。人目を気にせずお仲間だけでくつろげる貸切宴会は4階へ。個室をつなげて10名様~最大50名様までご利用いただけます。カラオケもご用意しておりますので、お気軽にどうぞ。

  • 【少人数個室】
    接待や法事、親戚の集まりなどに最適なカラオケ付きの個室を完備。6階に4名様用個室を4部屋、6階には最大10名様で利用できる個室をご用意しています。ほとんどのお部屋から、上野恩賜公園の緑を眺められるので、開放的な雰囲気です。

  • 【テーブル席】
    お1人様から団体様まで、人数とシチューエーションに合わせて、お席をご用意いたします。より気軽にご利用いただけるのは、1階と2階、7階のテーブル席。特に不忍池周辺を眺められる7階は、ランチ・ディナーとともに人気です。

こだわり4 うな重

長年愛され続けるうな重を堪能する

森鴎外や谷崎潤一郎など、数多くの著名人にも愛されてきた伊豆栄のうな重。三河一色産のブランド鰻に、熟練の職人が受け継ぐプロフェッショナルな流儀、創業当時から変わらぬ配合で作り続ける秘伝のたれ。これら3つのこだわりが織りなす、伝統の味わいが自慢です。絶妙な焼き加減の鰻を、ぜひご賞味ください。

  • 【こだわりの白焼き】
    そのシンプルさゆえにごまかしの利かない白焼きは、鰻屋の真価が問われる一品です。鰻本来のやさしい甘みを、香り高い本山葵が引き立てます。その昔宮内庁のご用命を拝命した際、宮中にお届けする鰻を温かいままお召し上がりいただけるよう特注した桐壺に入れて提供しております。

  • 【鰻御膳】
    日本料理と蒲焼きをどちらも味わいたい時に、お造り、天ぷら、煮物、焼物などを取り揃えた御膳もご用意。この道40年の総料理長をはじめ、専属の日本料理人が腕を振るいます。鰻が苦手な方にもお楽しみいただけるよう、日本料理のアラカルトも多数ラインアップ。どなたでも当店の味をご堪能いただけます。

こだわり5 国産うなぎ

ブランド鰻を職人技で焼き上げる

伊豆栄で使用している鰻は、日本全国を探したどり着いた三河一色産。その中でも、できるだけ自然に近い環境で特別に育てられた「三河鰻咲(みかわまんさく)」というブランド鰻にこだわっています。肉厚でほどよく脂がのった身にたっぷりと旨みを蓄えた鰻は、ふっくら柔らかい仕上がりに。自慢の鰻をご堪能ください。

  • 【職人の技に敬意を寄せて】
    鰻のおいしさを最大限に引き出すのが熟練の職人たち。江戸前の鰻は背から開いて串を打ちます。それを炭火で焼いた後、ふっくらと蒸しあげて、余分な脂を落とし、それからたれに浸してまた焼き上げます。300年に渡って磨き続けられた熟練の職人技が、自慢の蒲焼きを生み出すのです。

  • 【江戸っ子好みのたれ】
    味の決め手は毎日仕込むたれ。2週間から1カ月ほど熟成させることでまろやかさを増していきます。材料は醤油と味醂のみ。キリッとした江戸っ子好みの味わいです。たれに砂糖を使っていないため、鰻重の蓋を開けた次の瞬間には蒲焼きの照りが飛んでしまいます。一瞬の美しさにもご注目ください。

伊豆栄 本店 のサービス一覧

伊豆栄 本店
  • TEL03-3831-0954