シェフ・料理人の紹介

シェフ

桜井 要三さくらい ようぞう

桜井要三

創業者、職匠・桜井要三です。
1977年(昭和52年)墨田区石原に「巨牛荘(きょぎゅうそう)」を創業。
以来焼肉通の多い業界人が“究極の焼肉屋”と絶賛し通いつめる、こだわりの焼肉屋として知られてゆきました。秘伝が息づく看板メニューの「プルコギ(味付け焼肉)」、
その肉汁で仕上げる「焼きうどん」が自信作。丁寧に漬け込んだ「自家製キムチ」
あくまでも肉は厚くピリッと塩を利かせた「上牛タン」肉の旨みが口中に広がる「上カルビ」もたまりません。箸休めの一品には「ケジャン(ワタリガニの塩辛)」がおすすめ。
未体験の舌触りはご満足請け合いです。
ぜひご堪能ください。

巨牛荘 六本木店 のサービス一覧

巨牛荘 六本木店