埼玉民のソウルフード「スタカレー」がこんなに旨かったとは…!「娘娘」の店主が40年研究して作り上げた究極の丼が凄い

埼玉県民のソウルフード「スタカレー」をご存知でしょうか?県内に複数店舗を構える中華料理店「娘娘(にゃんにゃん)」で生まれたオリジナルメニュー。白いご飯のうえに、挽肉とニラがたっぷり入ったピリ辛の餡がたっぷりとかかった料理で、クセになる味わいです。上尾、桶川、浦和、大宮あたりではお馴染みのメニューとして親しまれ、お店はいつもスタカレーを求めるお客さんでにぎわっています。このスタカレー、誕生したのは40年以上前ですが、いまだにより美味しく進化し続けていました。そんなスタカレーの秘密を、上尾愛宕店の店主・山内和人さんに伺ってきました。(上尾・蓮田のグルメ中華

埼玉民のソウルフード「スタカレー」がこんなに旨かったとは…!「娘娘」の店主が40年研究して作り上げた究極の丼が凄い

f:id:yajirobe0123:20180223121140j:plain

 

ライターの小野洋平です。

 

僕の故郷である埼玉県には「スタカレー」なる料理が存在します。

「娘娘(にゃんにゃん)」という、県内に複数店舗を構える中華屋さんで提供されているオリジナル料理で、ご当地グルメと呼べるほど一般的ではないのですが、娘娘がある(もしくは過去にあった)上尾、桶川、浦和、大宮あたりではお馴染みのソウルフードとして愛されてきました。

 

桶川生まれの僕も慣れ親しんだスタカレー。これがめちゃくちゃ美味かったんですよ。

そこでつい先日、久しぶりに食べたくなってお店を訪れてみたんですが……なんか昔と微妙に味が違う……? 昔より、さらに美味くなってる気がする!

 

これはいったいどういうことなのか? 再び来店し、スタカレーの生みの親である親父さんを直撃してみました。

 

スタカレー生みの親がいる「娘娘」上尾店へ

f:id:yajirobe0123:20180223121210j:plain

 

というわけで、「娘娘 上尾愛宕店」(埼玉県上尾市)にやってきました。看板には大きく「スタカレー」の文字。まさに看板メニューですね。

 

f:id:g-gourmedia:20180305172514j:plain

 

来店したのは平日の14時過ぎでしたが、ご覧の通り満席です。

 

なお、前回は週末の夜に訪れたのですが……

 

f:id:yajirobe0123:20180223121243j:plain

 

ご覧の通り満席です。つまり、大体いつも満席です。その愛されっぷりがお分かりいただけると思います。

 

ちなみにこちらのお店、10年前は桶川にあり、僕の実家の近所だったため家族でよく行っていました(2008年に現在の上尾に移転)。

当時から行列の絶えない人気店でしたが、移転後は県外からのお客さんも増えているそうです。スタカレーがさらに美味くなったことと、何か関係があるんでしょうか?

 

f:id:yajirobe0123:20180223121259j:plain

 

ひっきりなしにお客さんがやってくるため、厨房は連日戦場です。

 

f:id:yajirobe0123:20180223121314j:plain

 

御年66歳にして赤いバンダナを巻きこなすこのお方は、店主の山内和人さん。スタカレーの生みの親であり、中華鍋を振り続けて51年にもなるベテラン料理人です。

 

お話を伺う前に、まずは改めてスタカレーを食してみたいと思います。

 

これが埼玉のソウルフード!「スタカレー」や!!

f:id:yajirobe0123:20180223121344j:plain

 

こちらがウワサのスタカレー(600円)。

カレーを名乗りつつ、ぜんぜんカレーじゃないところがいいですよね。

どう見ても、中華のあんかけごはんですが、「スタミナ丼をどんぶりじゃなくて、カレースタイルで出してるでしょ? だから、スタミナカレー、略してスタカレーって名付けたんだよ」と山内さん。なるほど、幼い頃からのギモンがようやく解決しました。

 

f:id:yajirobe0123:20180223121434j:plain

 

ルー代わりの中華餡には、大きめの挽き肉、ニラがたっぷり。豆板醤が効いていてピリ辛です。コメが輝いてますね。うまいものって美しいですよね。

 

f:id:yajirobe0123:20180223121457j:plain

 

ピリ辛の餡に挽肉のジューシーな脂が溶け込み、レンゲが止まりません。食べ進めていくと、冬でも汗がダラダラ吹き出してくるんですが、これはただ辛いだけが理由ではないようです。

 

f:id:g-gourmedia:20180305171736j:plain「唐辛子もそうだけど、生姜とか数種類の香辛料をブレンドしているから発汗するんだよね。なかにはラー油をかけて食べている人もいるよ」

 

f:id:yajirobe0123:20180223121513j:plain

 

なお、御覧の通り普通盛りでもかなりご飯が多いです。濃い味付けの餡でコメをたっぷり食わせてくれる料理なんですね、スタカレーは。

食べきれるか心配な方は、半スタカレー(350円)もあるのでそちらをどうぞ。

 

まだある! 「娘娘」渾身の激うまメニュー

f:id:yajirobe0123:20180223121542j:plain

 

せっかくなので、スタカレー以外の人気メニューもご紹介しておきましょう。こちらはスタカレーの餡を使ったスタミナラーメン(600 円)。中華餡って、汎用性抜群ですよね。

 

f:id:yajirobe0123:20180223121559j:plain

 

醤油ベースのあっさりとしたスープにアツアツの餡が馴染んでマイルドな味わい。餡のとろとろが肉そぼろやニラを引き連れ麺にからむ感じ……これもうまいなあ!

 

f:id:yajirobe0123:20180223121616j:plain

 

餃子(250円)は、朝6時半から仕込むそうです。

 

f:id:yajirobe0123:20180223121630j:plain

 

そのこだわりようといったら、店内の壁になぜか「行程」を貼り出してしまうほど

 

f:id:yajirobe0123:20180223121644j:plain

 

パリパリ食感の皮に包まれた餡には「ウーシャンフェン」(五香粉)という拳法の達人が使いそうな技名っぽいスパイスが入っています。

中国ではお馴染みのスパイスだそうで、一般的な日本の餃子とはまたひと味違った香りと味わいが楽しめます。

 

f:id:yajirobe0123:20180223121720j:plain

 

ちなみに、山内さんオススメの食べ方は自家製ラー油とお酢の合わせダレ。辛さが食欲をそそり、お酢の後味が餃子の油っこさをすっきりさっぱり洗い流してくれます。

 

f:id:yajirobe0123:20180223121731j:plain

 

他にも、魅力的なメニューが満載。爆肉(にんにくいため)はめちゃくちゃビールに合うのでぜひ!

 

中華料理人・山内和人とスタカレー物語

 

さて、娘娘の人気メニューたちを存分に堪能したところで、山内さんにお話を伺ってみましょう。

 

まずは身の上話から。

50年以上前に青森から上京し、娘娘で料理人の道に入った山内さん。北浦和店や浦和店で初代店長を務め、1980年には暖簾分けという形で上尾店を任されることになります。

その後、上尾で8年、桶川で20年、そして再び、上尾の地に舞い戻って今年で10年目。その長きにわたる料理人人生において、「スペシャリテ」として山内さんの代名詞になったのがスタカレーです。

 

f:id:yajirobe0123:20180223121751j:plain

f:id:g-gourmedia:20180305171815j:plain「スタカレーって、いつからあるんですか?」

f:id:g-gourmedia:20180305171736j:plain「遡ると、オイルショックの頃(1970年代中頃)になるのかな。その時、色んなラーメンを考案していたんだけど、その中の1つに麻婆豆腐ラーメンがあってね。豆腐をニラに変えて生まれたのが今のスタミナラーメンなんだよ」

f:id:g-gourmedia:20180305171815j:plain「そもそも、スタカレーより前にスタミナラーメンがあったわけですね」

f:id:g-gourmedia:20180305171736j:plain「そう、店で出すようになったらすぐ人気が出てね。そこで、暖簾分けした店舗でも味や見た目を変えた独自のスタミナラーメンを作ったら、けっこう話題になった。今も各地の娘娘がオリジナルのスタミナラーメンを提供していますよ」

 

f:id:yajirobe0123:20180223121809j:plain

f:id:g-gourmedia:20180305171815j:plain「同じスタミナラーメンでも店によって全然違うんですね。食べ比べてみたくなるなあ。それで、スタカレーはどうして生まれたんですか?」

f:id:g-gourmedia:20180305171736j:plain「スタミナラーメンには半ライスをつけるのが定番だったんだけど、よく見ると、みんなスタミナの餡をご飯にかけて食べている。それなら最初からライスに餡をかけて出したらどうかってことでメニューに加えてみたらヒットした。だから、元々はお客さんの要望から生まれたみたいなもんだね」

f:id:g-gourmedia:20180305171815j:plain「カレーにカツをのせてくれっていう客の要望でカツカレーが生まれたみたいな話ですね」

 

f:id:yajirobe0123:20180223121827j:plain

 

f:id:g-gourmedia:20180305171815j:plain「それにしても、このボリュームで600円って安すぎませんか?」

f:id:g-gourmedia:20180305171736j:plain「昔からの常連さんもいるし、遠くからわざわざ食べにきてくれる人もいる。こないだは島根から来てくれてね。だから、俺は値上げはしない。そのぶん、数をこなすしかないんだよ。1回の鍋で10人前は作らないと追っつかないね」

f:id:g-gourmedia:20180305171815j:plain「かっこいい……!」

 

f:id:yajirobe0123:20180223121841j:plain

 

f:id:g-gourmedia:20180305171815j:plain「僕も久しぶりにスタカレーが食べられて嬉しかったです。ところで、昔より今の方がさらに美味しく感じたんですけど、気のせいでしょうか…?」

 

f:id:yajirobe0123:20180223121855j:plain

 

……瞬間、山内さんが「ニヤリ」とほくそ笑んだ気がした。

 

f:id:g-gourmedia:20180305171736j:plain「じつは、桶川の頃と今とでは、餡が違うんだよ」

f:id:g-gourmedia:20180305171815j:plain「あ、やっぱり!」 

f:id:g-gourmedia:20180305171736j:plain「上尾、桶川、上尾と場所を移る度に、徐々にではあるけどパワーアップしてきたつもりだよ。特に上尾に戻ってきたこの10年で、やっと理想の味になったと思う。今の餡は、40年の集大成だね。だから、スタカレーは今が一番美味い

f:id:g-gourmedia:20180305171815j:plain「どんな風に変わってきたんですか?」

f:id:g-gourmedia:20180305171736j:plain「子どもや年配の方も食べやすいようにマイルドさを強めたり、セットスープとの相性を考えて辛さを抑えたり……いろいろやったなあ。作っては食べ、時には常連さんに判断してもらいながら試行錯誤してきたよ」

f:id:g-gourmedia:20180305171815j:plain「スタカレーにそんなドラマがあったとは……!」

f:id:g-gourmedia:20180305171736j:plain 「昔は食べ歩きが趣味でね。『美味しい』と聞けば、どのジャンルの料理でも足を運んだんだよ。そこで研究をしては、餡に活かせないかを考えていたね」 

f:id:g-gourmedia:20180305171815j:plain「全く別の料理でも、中華餡の参考になるんですか?」

f:id:g-gourmedia:20180305171736j:plain「なるね。たとえば、スタカレーの赤色は『テグタンスープ』をヒントにしているんだ。あの赤は朝鮮の粉を使っていると聞いたから、その粉をすぐに取り寄せてラー油を作った。今では味付け用と色味用のラー油、2種類を使っているよ」

 

f:id:yajirobe0123:20180223121944j:plain

 

f:id:g-gourmedia:20180305171815j:plain「研鑽がすごい! これからも改良は続けていくんですか?」

f:id:g-gourmedia:20180305171736j:plain 「現時点ではこれが完成形だと思ってる。でも、もしかしたら息子たちが一人前になった時に進化するかもしれない。彼らがどんな味にしていくのか楽しみだね」

 

f:id:yajirobe0123:20180223121959j:plain

 

というわけで、埼玉県民が愛する「スタカレー」には、知られざる進化の歴史がありました。山内さんが料理人人生を賭して追い求めた究極の味、最高にうまいスタカレーが食べられるのはまさに今! 昔食べたことがある人も、ぜひ再び訪れてみてはいかがでしょうか。

 

【紹介したお店】

店名:娘娘 上尾愛宕店
住所:埼玉県上尾市愛宕3-7-17
TEL:非公開
営業時間:11:30~14:30、18:00~20:30(月曜日のみランチ)
定休日:火曜日

 

【プロフィール】

f:id:yajirobe0123:20170731145531j:plain

小野洋平(やじろべえ)

1991年生まれ。編集プロダクション「やじろべえ」所属。服飾大学を出るも服が作れず、ライター・編集者を志す。自身のサイト、小野便利屋も運営。

http://yajirobe.me/
https://onobenriya.com/

                             
ページ上部へ戻る