サザエのつぼ焼きも1個100円…!福岡市内から日帰りでいける「志賀島(しかのしま)」が最高すぎるぞ

福岡市内から日帰りでいける「志賀島(しかのしま)」を紹介します。志賀島のグルメといえばサザエ!サザエのつぼ焼き、刺身、サザエご飯など、とにかくサザエをいただけるお店がたくさんあります。「SHOP ヒロ」ではなんと100円でつぼ焼きを食べられますよ。オススメは店内で売られているひと盛り1,000円のサザエ。+200円で大きなものは刺身、小さなものはつぼ焼きと2パターンでサザエを楽しめるのです。土日祝日にはサザエご飯も提供。サザエのダシがきいており、これを目当てに通う人がいるほど美味しいです。サザエを食べたら、レンタサイクルで海水浴場や観光名所を巡るのがオススメ。志賀島は、歴史で習った「漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういん)」が出土したとされていますが、そのレプリカを見られる公園もあります。そのほか、志賀海神社や荘厳寺、潮見公園といった名所もありますよ。夏にぴったりの志賀島。市内からアクセスしやすいのでぜひ足を運んでみてくださいね。(その他東区のグルメ和食

サザエのつぼ焼きも1個100円…!福岡市内から日帰りでいける「志賀島(しかのしま)」が最高すぎるぞ

f:id:digimaga:20190622172216j:plain

たくさんあるサザエのつぼ焼き。これ1個100円です

こんにちは、福岡のライターの篠原修司(@digimaga)です。

 

季節はもうすぐ夏ですね。夏に行くところと言えば、まあやっぱり海だと思います。

福岡市内に住んでいるボクがよく行くところは、志賀島(しかのしま)の海です。

 

「島」と言っても、船で行くわけではありません。車で行けます。「島」だけど陸続きです。

大人も子供も遊べる場所として楽しい志賀島ですが、このページはぐるなびが運営しているので、遊び場じゃなくてグルメとしての志賀島を紹介します。

 

志賀島といえばサザエ

志賀島を代表するグルメ、それはサザエです!

 

志賀島はサザエ丼サザエのつぼ焼きサザエの刺身と、これでもかとサザエを食べさせようとしてきます。

f:id:digimaga:20190619140033j:plain

サザエが海から無限に湧き出てる可能性があります。

そんなサザエメニューのなかでボクがおすすめするのは、サザエのつぼ焼きです。

 

なぜか? うまいのに安いからです。

 

オープン当初から値上げせずサザエを売り続ける「SHOPヒロ」

お店によってはお高いサザエのつぼ焼きもあるかもしれません。けれど、これから紹介するお店は安いですよ。

2000年にオープンしたこちらの「SHOP ヒロ」。

f:id:digimaga:20190619140037j:plain

なんとサザエのつぼ焼きを1個100円で販売しています。しかも冷凍モノとかじゃなくて、活きものを焼いてくれます。

せっかく海に来たんだから、新鮮なサザエの焼きたてをその場で食べたいですよね。

 

もともと漁協の購買だったというSHOP ヒロ。だから、いまでも漁具や生活必需品などを販売しています。

f:id:digimaga:20190619140043j:plain

そのままでもやっていけそうですが、残念なことに漁業の衰退にともなって組合員が減少。その結果、売り上げも赤字に転落したことから海産物のお土産も販売するお店へとモデルチェンジしたそうです。

店に入ってすぐの場所に見えていますが、活サザエがこのように一盛1,000円で売られています。

f:id:digimaga:20190619140046j:plain

こちらのサザエ、漁協の人が毎日獲ってきているそうです。だから新鮮。

 

同様につぼ焼きが1個100円で売られていますが、おすすめはこの一盛1,000円の方。

なぜならプラスで200円払うと、大きなサザエをお刺身に、小さなサザエをつぼ焼きにして出してくれるんです!

つまり1,200円でサザエの刺身とつぼ焼きのセットが食べられるわけです。これは絶対にこっちの方がお得。

※サザエはお盆から10月初旬まで禁漁に入るため、この時期はお刺身がありません。つぼ焼きは確保分があるかぎりあります。

f:id:digimaga:20190619140052j:plain

サザエ、でかいです。

 

サザエのつぼ焼きが1個100円で食べ放題!

注文をすると、早速サザエの刺し身とつぼ焼きを店内で調理してくれます。

f:id:digimaga:20190619140057j:plain

網の上のサザエひとつずつに特製のたれを入れて、グツグツと沸騰するまで待ちます。

f:id:digimaga:20190619140107j:plain

f:id:digimaga:20190619140111j:plain

香ばしい匂いがしてきたら食べごろです。

 

網から直接、ではなくちゃんと食べやすいようにして出してくれるので大丈夫です。

f:id:digimaga:20190619140115j:plain

久しぶりのサザエ、たまりません。

 

刺さっている爪楊枝を軽く持ち、サザエのしっぽの形をイメージしながらくるくる回すと綺麗な形でサザエの身が全部取れます。

f:id:digimaga:20190619140120j:plain

f:id:digimaga:20190619140124j:plain

プリンと取れます

あとはそのままガブリ!といきましょう。

サザエのもつ磯の香りと、やや甘めのタレの柔らかい味が楽しめます。

 

美味しいサザエのつぼ焼きですが、ひとつだけ問題があります。

しっぽをどうするか? です。しっぽというか、肝ですね。

 

この肝、コクもありますが苦味もあります。ボクもいい年こいたおっさんなので、「この苦味がいいんだよ」と涼しい顔して食べるべきなんでしょうが、苦いもんは苦いです。

白状します。ボクはしっぽをちぎって、身だけ楽しむ派です。

殻のふちに境目を引っ掛けると指を汚さずにちぎれるのでおすすめです。

f:id:digimaga:20190619140127j:plain

f:id:digimaga:20190619140131j:plain

今回の取材でも身だけ楽しみました。好きな食べ方が正義です。

 

f:id:digimaga:20190619140136j:plain

おつゆもわすれずに

 

コリコリ感がたまらない! サザエのお刺身

続いてサザエのお刺身です。

f:id:digimaga:20190619140141j:plain

ちなみに先ほどのつぼ焼きやこのお刺身が載っているお皿は、店主の松田さんの手作りだったりします。 

f:id:digimaga:20190619140102j:plain

店主の松田清隆さん

新鮮な活サザエのお刺身はコリコリで、噛めば噛むほど磯の香りと歯ごたえが美味い!

f:id:digimaga:20190619140145j:plain

量もあるので、たくさんつかんで一気にボリボリ食べると「あー、いま自分はサザエを食っているんだな」という気持ちにひたれます。幸せです。

f:id:digimaga:20190619140150j:plain

こんなにいっぺんに……贅沢食いですよ!

こういうところで食べるときは、一気に食べた方がより美味しい気がします。

 

ちなみにこのサザエの刺身にも肝がついていきます。

f:id:digimaga:20190619140153j:plain

生だからでしょうか。つぼ焼きに比べて苦味が少ないと感じます。

この肝、黒い方(濃い緑)が雌で、白い方が雄だそうです。

 

そのままでも苦味が少なめですが、わさびを載せて食べるとほぼ感じなくなりました。

f:id:digimaga:20190619140158j:plain

大人ぶりたい人は、わさび載せ、おすすめです。

 

土日祝日限定のサザエ飯

つぼ焼きやお刺身以外にも、土日祝日のみ「サザエご飯」を350円で提供しています。

f:id:digimaga:20190619140202j:plain

このサザエご飯、サザエのつぼ焼きやお刺身を食べるときのご飯として頂くと相性バッチリです。

まあサザエ×サザエですからね。合わないわけがありません。

f:id:digimaga:20190619140208j:plain

サザエ出汁も効いており、ほのかに磯の香りもします。

f:id:digimaga:20190619140212j:plain

サザエのつぼ焼きより、このサザエご飯を目当てにやってくるお客さんの方が多いそうです。

ぜひセットで食べてみてください。

 

ちなみに添え物のわかめの佃煮は「SHOP ヒロ」で作られたもの、たくあんは鹿児島からのお取り寄せです。

取材に伺った日も、わかめの佃煮が作られていました。

 

店内のお土産も忘れるな!

この「SHOP ヒロ」、 ボクにとっては思い出のお店です。 というのも若い頃に通っていたからです。

たぶん、遊ぶ場所が海とか山とかしかなかったんでしょうね。車に乗ってよく志賀島に遊びに行き、友人とこの「SHOP ヒロ」でサザエのつぼ焼きを食べていた記憶があります。

健全なようなそうでないような……。ともかく、お店が続いていたことが嬉しいです。

 

それと当時は見向きもしませんでしたが、店内のお土産もおすすめです。年をとってからわかる、お土産の楽しさ。

この「SHOP ヒロ」がある「弘(ヒロ)」は、「弘わかめ」が特産品です。

f:id:digimaga:20190619140231j:plain

今シーズンはすでに売り切れていますが、毎年2月下旬あたりから売りに出される人気商品です。

今回は売り切れで買えなかったので、かわりに「あかもく」を買って帰りました。

f:id:digimaga:20190619140220j:plain

「あかもく」は粘り気の強い海藻の一種です。

「メカブ」よりも粘り気が強く、食べれば病みつき間違いなし。

f:id:digimaga:20190619140226j:plain

店内で試食もできます。

「あかもく」以外に「メカブ」や「ひじき」、お魚も販売されているのでつぼ焼きを食べて満足したらお土産もぜひどうぞ。

f:id:digimaga:20190619140217j:plain

 

さて、今回紹介した「SHOP ヒロ」ですが、じつはちょっと行くのが大変な場所にあります。

冒頭で「志賀島には車で行く」と言いましたが、車がない場合、バスで行くしかありません。志賀島まで電車は通ってないからです。

たとえば福岡の中心街・天神から志賀島に行きたい場合は、西鉄バスに乗るか、博多駅まで行ってJR香椎線に乗り、終点の西戸崎駅からまた西鉄バスに乗って志賀島に行くしかありません。

f:id:digimaga:20190623185918j:plain

JR西戸崎駅

f:id:digimaga:20190623185933j:plain

バスは2時間に1本のレベル

船酔いに強い人は、博多埠頭から志賀島航路で船で行く方法もあります。

 

問題は志賀島の入り口までしかバスが行かなかった場合、「SHOP ヒロ」までかなりの距離を歩かないといけなくなることです。

 「これだと行きにくいなー。どうしようかなー」と悩んだ結果、徒歩以外の手段、レンタルサイクルを紹介しておきます。

 

時間貸しで自転車をレンタルできる「シカシマサイクル」

じつは志賀島の入り口付近に、レンタルサイクル屋さんが2014年10月にオープンしました。

それがこちらの「シカシマサイクル」です。

f:id:digimaga:20190622172115j:plain

2階はカフェになっています

「シカシマサイクル」ではロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク、ミニベロ(タイヤの径が小さい自転車)の4種類を時間で借りられます。もちろん安全のためのヘルメット付き。

f:id:digimaga:20190619140250j:plain

f:id:digimaga:20190619140245j:plain

ここで自転車を借りれば、志賀島を一周することもできます。

 

気になる料金は3時間レンタルでクロスバイクが2,500円、マウンテンバイクが2,000円、ミニベロが1,500円。ロードバイクのみ2時間で4,000円です。延長は30分ごとに500円。

f:id:digimaga:20190619140254j:plain

ドリンクやフードも販売されているので、カフェ利用もOKです。

f:id:digimaga:20190619140259j:plain

車以外で志賀島へお越しの方は、「シカシマサイクル」でぜひ自転車のレンタルを!

 

せっかくなので自転車で行ける志賀島のおすすめ観光スポットも紹介しておきます。

 

志賀海神社

志賀海神社(しかうみじんじゃ)は、「シカシマサイクル」の前の通りを北に登って行った場所にある神社です 。ここは自転車じゃなくて徒歩でお散歩できる距離。

f:id:digimaga:20190619140304j:plain

志賀海神社の名前は志賀島の「しか」から持ってきているのかと思いましたが、紹介文を読むと動物の鹿とも関係あるような???

f:id:digimaga:20190619140308j:plain

境内には鹿の像もありました。

f:id:digimaga:20190619140317j:plain

 

こちらが志賀海神社の拝殿です。

f:id:digimaga:20190619140321j:plain

 

この拝殿の隣におすすめポイントの遥拝所(ようはいじょ。遠く離れた場所から神仏などをはるかに拝む場所)もあります。

f:id:digimaga:20190619140326j:plain

この遥拝所からはなんと! 対岸にある大嶽神社・小嶽神社にくわえて伊勢の神宮・宮中三殿を拝すことができます。

 

福岡県から三重県と東京都にこんにちは!

f:id:digimaga:20190619140332j:plain

当たり前ですが肉眼では見えません。

 

荘厳寺

志賀海神社の隣には、縁結びのお寺の荘厳寺(しょうごんじ)があります。

f:id:digimaga:20190619140337j:plain

素敵なご縁をお探しの方はこちらのお寺もどうぞ。

 

金印公園

続いて、おそらく志賀島の目玉観光スポット金印公園です。

f:id:digimaga:20190619140342j:plain

これは「SHOP ヒロ」に続く道なりにあります。

 

みなさん、金印、覚えていますか?

「漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういん)」です。

授業で習ったと思いますが、あれが出土したのがここ、志賀島だと言われています。

 

その金印が発見されたことを記念して造られた公園が金印公園です。

f:id:digimaga:20190619140349j:plain

公園というより遊歩道的な感じですが、その歩道を登った一番上には金印の彫刻が飾られています。

f:id:digimaga:20190619140353j:plain

 

「なんかこんな感じだったなぁ」と思いつつも隣を見ると、実物大のレプリカもありました。

 

f:id:digimaga:20190619140357j:plain

 

はい、ちっちゃい。

 

なんだか教科書のイメージと違ってかなり小さいのですが、残念ながらこれが実物大。

このレプリカ、お土産屋さんに行くと買うこともできます。

 

この金印の彫刻やレプリカがある高台からは、能古島や福岡タワーを望めます。

f:id:digimaga:20190619140405j:plain

能古島

f:id:digimaga:20190619140409j:plain

木の枝の下に見えるのが福岡タワー

見たからなんだって話ではあるんですが、まぁ見ていってください。

 

休暇村

「SHOP ヒロ」を越えた先には休暇村というリゾート施設があります。 志賀島に宿泊するときは、こちらの施設に泊まることになると思います。

f:id:digimaga:20190619140414j:plain

f:id:digimaga:20190619140418j:plain

日帰り入浴もできますが、15時まで(最終受付14時)とかなりキビシー。

だから宿泊しない場合はあまり寄ることもないかもしれません。泊まるときはぜひどうぞ。

なぜかau回線はつながらないので、KDDIユーザーで編集者から逃れたいライターさん漫画家さんにもおすすめです。ドコモ回線はつながるので逃げられませんよ。

 

こちらの休暇村の道路を挟んで反対側には、下馬ヶ浜海水浴場があります。

f:id:digimaga:20190619140422j:plain

休暇村に泊まるときは、こちらの海岸で遊ぶと良いでしょう。

 

志賀海神社 沖津宮

また、この海岸から海を左手沿いに北のほうへ歩いて行くと、志賀海神社の沖津宮(おきつぐう)があります。

f:id:digimaga:20190619140427j:plain

遠くの方に見える鳥居が沖津宮への入り口です。

f:id:digimaga:20190619140431j:plain

こちらの神社、大潮の干潮時には歩いて向こう側へ渡ることができるそうです。ロマンですね。

時間帯が合う方は訪ねてみてください。

 

中津宮

沖津宮の近くには、中津宮(なかつぐう)もあります。

f:id:digimaga:20190619140437j:plain

中津宮では古墳が祀られています。

f:id:digimaga:20190619140441j:plain

中津宮の社へ向かう道は木々に囲まれており、映画『となりのトトロ』に出てくるようなトンネル状になっています。

f:id:digimaga:20190619140448j:plain

福岡の「トトロの森」と言えば糸島市にある芥屋の大門(けやのおおと)が有名ですが、中津宮のトンネルもなかなかのものだと思いました。

f:id:digimaga:20190619140454j:plain

 

潮見公園

最後に紹介する観光スポットが潮見公園です。

f:id:digimaga:20190619140459j:plain

公園というよりは展望台として知られています。

 

展望台では志賀島からの眺めを一望できます。

f:id:digimaga:20190619140507j:plain

志賀島へと続く道を見ると、「あんなに細かったんだなぁ」と思わされます。あの道がなくならないことを願うばかりです。

 

この展望台からは福岡の猫の島として知られる相島(あいのしま)を見ることもできます。

f:id:digimaga:20190619140510j:plain

意外と近くにあるように見えます。まぁ実際は遠いんですけど 。

 

潮見公園まで自転車で登ってくるのはかなり苦労しますが、それだけに感動ものの風景が味わえます。

 

あまおうをアイスにした「いちごのともや」

おすすめ観光スポットは以上ですが、最後に忘れずに食べて帰って欲しいものがあります。

志賀島の入り口に志賀島センターというお食事処があるのですが、今回紹介するのはそのお隣。

f:id:digimaga:20190619140516j:plain

志賀島センターのお土産コーナーです。

f:id:digimaga:20190619140521j:plain

ここでは志賀島産のサザエやワカメなどの海産物を購入できます。

が、おすすめしたいのは海産物ではありません。志賀島産のあまおう苺を使った 「いちごのともや」という苺の実アイスです。

f:id:digimaga:20190619140526j:plain

こちらのアイス、2018年の発表時は超人気で並んでも買えないくらいでしたが、今なら並ばずに買えます。

志賀島からバスで帰る前に、こちらのお土産屋さんでぜひアイスを食べて帰ってください。

f:id:digimaga:20190619140530j:plain

いちごの中にアイスが詰まった酸っぱ甘いおもしろデザートで、志賀島を最後まで味わってください。

 

紹介したお店

  • 店名:SHOP ヒロ
  • 電話番号:092-603-6866
  • 住所:福岡市東区大字弘1285-1
  • 営業時間:8:00~18:30
  • 定休日:火曜日

 

  • 店名:シカシマサイクル
  • 電話番号:050-3459-2956
  • 住所:福岡市東区志賀島417-1
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 定休日:火曜日

 

アクセス

 

著者プロフィール

f:id:g-gourmedia:20170227084508j:plain

篠原修司
1983年生まれ。福岡県在住。フリーライターとして九州各地を取材しながらその土地の美味しいものを食べるのが趣味。『Yahooニュース!個人』や『ASCII.jp』などで連載中。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

                             
ページ上部へ戻る