チビ太のおでんみたい!「ちくわとちくわぶの甘辛煮」と「イカダちくわ」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯」。本日のレシピは「ちくわとちくわぶの甘辛煮」と「イカダちくわ」です。「ちくわとちくわぶの甘辛煮」は1.5~2センチの輪切りにして10分煮込んだらバターを落として出来上がりという簡単さ!「イカダちくわ」は縦半分に切ったらねぎをのせてマヨネーズを絞ってゆずこしょうを少し。オーブンで4~5分焼けば完成です!(表参道のグルメ和食

チビ太のおでんみたい!「ちくわとちくわぶの甘辛煮」と「イカダちくわ」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20180514134624j:plain

 今回の料理:「ちくわとちくわぶの甘辛煮」「イカダちくわ」

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

茶色でもおしゃれに

枝元 2つの材料だけで作るレシピ(「ジャガベーとタマベー」参照)が好評だったので、今回も超簡単なのを作ります。ジャーン!! ちくわとちくわぶです。

西原 ちくわぶ……これね、私が上京して初めて食べたとき、正直怒りに震えました。だって絶対に魚のすり身だと思ったもん。そしたら、ただのメリケン粉でやんの!

枝元 確かに申し訳ない。うどん文化の人からしたら、スルッといかないし、穴開いているしね。でも私は大好き。ムチッとしているからかな。それでは「甘辛煮」からいきます。ちくわもちくわぶも1.5~2センチくらいに切って、煮汁に投入するだけ。見てこれ、可愛いでしょ?

西原 チビ太(赤塚不二夫のギャグ漫画「おそ松くん」に登場するキャラクター)のおでんみたい!

枝元 10分くらい煮て、汁がなくなったらバターを入れます。

西原 照りを出すんですね?

枝元 いえ、コク出しなんですよ。ちくわとサトイモを煮るときも、好みで最後にバターを混ぜます。ちくわとマヨネーズが合うみたいにね。

西原 勉強になりました。煮物、最後はバターですね。

枝元 肉じゃがもね。コツは、あまり多くの煮汁でコトコトしないで、少ない煮汁で水分を飛ばして最後に絡めること。これなら調味料も少なくて済みますよ。

西原 香りが変わってきました。

枝元 しょうゆの煮詰まった匂いとバターの匂いっていいですよね。見た目も可愛いから、お弁当に入れるのもグッド。私、ちくわぶをバターで焼いて、フレンチトーストみたいにシナモンとかお砂糖をかけてみたいんだよね。「ちくわぶデザート」作ってみたいなあ。

西原 それさ、ディズニーランドで「チュロス」(揚げ菓子)だってうそついて売ったらいいんじゃない? 田舎もんが食べるでしょ。

枝元 はははっ、茶色いしね。しょうゆとバターが混ざって、ちょっと甘みも混ざると、メープルシロップ風な感じがしないでもない。さて、もう1品は、ちくわと万能ネギを使ったおつまみ「イカダちくわ」です。マヨネーズとユズコショウをかけてオーブントースターで焼くだけ。

西原 遠慮しないでいい人が家に来たときのおつまみだね。これは簡単だし、おしゃれですわ。

枝元 「インスタ映え」狙った!?

 

【構成・矢澤秀範、写真・根岸基弘】

 

「ちくわとちくわぶの甘辛煮」「イカダちくわ」

f:id:g-gourmedia:20180514134621j:plain

材料(2人分)大は大さじ

【ちくわとちくわぶの甘辛煮】

  • ちくわ  2本
  • ちくわぶ 1本
  • 煮汁(だし1カップ、砂糖大1/2、しょうゆ・みりん各大2)
  • バター  適量

【イカダちくわ】

  • ちくわ          2本
  • 万能ネギ         5本
  • マヨネーズ・ユズコショウ 各適量

作り方

【ちくわとちくわぶの甘辛煮】

  1. ちくわ、ちくわぶは1.5~2センチの輪切りにする。
  2. 煮汁で1.を約10分煮て、バターを落として混ぜる。

【イカダちくわ】

  1. ちくわは縦半分に切り、くぼみに刻んだ万能ネギをのせ、マヨネーズを細くしぼる。
  2. ユズコショウを少しのせ、オーブントースターで4~5分焼く。

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売中!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から2017年3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

【西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る