「とんかつパフェ」だと……あれ!?……旨い!愛媛・松山「清まる」の個性的すぎるメニューに圧倒されまくってきた

愛媛県松山市の名物のひとつに、「清まる」(愛媛県松山市花園町4-6 アプトンパーク21)というお店が出している「とんかつパフェ」があります。名前のとおり、とんかつを使ったパフェなのですが、それが意外にも美味しいのです。りんごやキウイ、みかんといったフルーツと生クリーム、抹茶アイスをとんかつと一緒にいただきます。組み合わせに驚きますが、その相性の良さに思わず笑ってしまいますよ。清まるには、パフェ以外にも挑戦的なメニューが数々存在しており、「あんチーズかつ」「マル秘かつ」といった謎メニューも。「本当に美味しいの?」と疑ってしまいますが、ぜひ松山観光のついでに立ち寄って、自分の舌で確かめてみてください!(松山のグルメ和食

「とんかつパフェ」だと……あれ!?……旨い!愛媛・松山「清まる」の個性的すぎるメニューに圧倒されまくってきた

f:id:g-gourmedia:20171214123016j:plain

こんにちは、さすらいの畦道ライダー、四国案内人の林ぶんこです。

愛媛・松山名物といえば、鯛めし、みかん、坊ちゃん団子、タルトなどが有名ですよね。しかーし!忘れてはならないのがもう1つあるのです!

それが「清まる」というお店の「とんかつパフェ」。あの「桃太郎電鉄」にも松山の「とんかつパフェ屋」が登場するくらい知名度が高いのです。

f:id:g-gourmedia:20171214120326j:plain

筆者が5年前に愛媛へ引っ越してきたときからウワサには聞いていましたが、食べたことはありませんでした。だって、とんかつ×パフェって、ちょっと勇気のいる組み合わせじゃないですか……!

とはいえ、愛媛県民ならば、松山名物スイーツの味と奥深きとんかつの世界を体験しておかねばならない……と使命感に駆られて、今回初めて清まるを訪れてみました。 

 

パフェ以外にも危険なメニューが……!

お店はいよてつ高島屋、松山市駅から徒歩3分もかからないところにあります。観光でも立ち寄りやすいですね。

さて、とんかつパフェをお目当てにやってきましたが、メニューを開くとこの通り!

f:id:tepo1173:20171120174246j:plain

ドドーンと「アブノーマル中級」(写真左)「アブノーマル上級」(写真右)と、オリジナルメニューが目白押し(もちろん「ノーマル」なメニューもありますよ)。「チョコ」「バナナ」「あん」……とんかつ屋さんではまず見かけないような単語のオンパレードです。

どれもクラクラしそうなメニューで、いったい何を選んだら良いやら……と、しばし悩みましたが、まずは左側のアブノーマル中級メニューから、“普通に”とろ~りチーズが美味しそうな「とろーりチーズかつ」(単品830円)と、寒さにやられないように「スタミナニンニクかつ」(単品930円)を選んでみました。

アブノーマル上級メニューからは、勇気を出して「イケる!あんチーズかつ」(単品830円)と「マル秘 清まるかつ」(単品1,030円)をセレクト。店内に「あんチーズまいう~」という某氏の色紙があったので、きっと大丈夫!たぶん!

というわけで、とんかつパフェだけでもドキドキなのに、「毒を食らわば皿まで」(失礼)とアブノーマルメニュー4種にもチャレンジです。

 

アブノーマルな製造過程へ潜入!

そして、どんなふうにアブノーマルなのか?製造過程から確かめるべく、厨房へ潜入させていただきました。

f:id:tepo1173:20171120174612j:plain

▲さすがとんかつ屋さん!まずは大量の刻みキャベツに目をひかれます。毎日だいたい3カゴ程度は使ってしまうそうです。

豚肉は、できる限り脂分の少ない、あっさりした柔らかいロースの部分を使って、さっぱり&ヘルシーなカツになるように心がけているんだそう。

f:id:tepo1173:20171120174414j:plain

ん……?お肉の上に何やら、いろいろな物体がのっていますね……。

f:id:tepo1173:20171120174435j:plain

調理担当は水野さん。創業者、水野清子さんの息子さんです。

手早くこの物体を、もう一枚のお肉でサンドしていきます。

f:id:tepo1173:20171120174511j:plain

うひゃー!巨大ハマグリのようなでっかいとんかつ(?)になりました。

……というか、とんかつなんですかね?これ。何て形容したらいいんだろう。この段階からすでにアブノーマルまっしぐらですね。

f:id:tepo1173:20171122083937j:plain

たっぷりのパン粉がつけられ、油のプールへと放たれます。

f:id:tepo1173:20171123213322j:plain

ジューッ、パチパチパチ……こんがりと揚げられていくカツたち。

f:id:tepo1173:20171123211819j:plain

サクッ!と小気味よい音とともにカットされました。

f:id:tepo1173:20171123213951j:plain

じゃーん!まずはアブノーマルかつ4種のできあがり!(おさらいしておくと「とろーりチーズかつ」「スタミナニンニクかつ」「イケる!あんチーズかつ」「マル秘 清まるかつ」ですね)

具だくさんなので、アブノーマルかつ類はこのように基本ワンカットなのだそうです。とんかつというより、揚げパン?でっかいピロシキみたいなルックスですね。

さて、一方のとんかつパフェはというと、まずはカツを揚げます。

f:id:tepo1173:20171123213351j:plain

パフェ用のとんかつは薄く、よりさっぱりした口あたりになるように揚げているとのこと。ソースたっぷり。

f:id:tepo1173:20171120174542j:plain

カツは冷凍庫で10分程度冷やしてから盛り付けます。だからオーダーしてから20分程度は待たなければならないんですね。どんなパフェが登場するのか、そわそわしながら待つことにしましょう!

f:id:tepo1173:20171120223302j:plain

ちなみに、今回はかなりの量のとんかつを迎え討つため、助っ人のクボちゃんに登場してもらいました。

 

とんかつパフェが笑っちゃうくらい美味しかった

いよいよとんかつパフェとのご対面です。

\  ドドン  / 

f:id:g-gourmedia:20171214123016j:plain

本当にとんかつがパフェになっています……!まるで花びらのように、先ほど揚げられていたとんかつが刺さっています。

f:id:g-gourmedia:20171214125304j:plain

とんかつのほかには、りんご、キウイ、みかんといったフルーツ、寒天、生クリーム、下には抹茶アイスが潜んでいます。お店には食べる前の心得が。「あくまでもデザートとして」楽しむのがポイント。とんかつのことは忘れましょう、とのことです。

f:id:tepo1173:20171120180856j:plain

食べ方の流儀は「とんかつを手に持ち、その上にりんごと生クリーム、抹茶アイスをのせて食べる」。それにならって、いざ実食!

 

f:id:tepo1173:20171120180426j:plain

こんな感じでしょうかね……?

f:id:tepo1173:20171120180448j:plain

生クリームととんかつって、一緒に食べたことないです……」とクボちゃん。彼も筆者同様にとんかつパフェ初体験です。かなり不安そうな面持ち。

f:id:tepo1173:20171120180518j:plain

「じゃ、食べてみます!」 意を決したように宣言!大口をあけて、クボちゃんいきました!(アゴ大丈夫なのかな……)

f:id:tepo1173:20171120180546j:plain

「……あれ、うまい!?意外にこれうまい……イケますよ!」

緊張していたクボちゃんの表情が和らぎ、美味しそうに残りのパフェを口の中に。しかも目をキラキラさせながら「もっと食べてもいいですか?」と!ちょっとにわかには信じられません!だって、とんかつとパフェですよ!?

f:id:tepo1173:20171120180920j:plain

「美味しいんなら私が食べるっ!」と、慌てて残りのパフェを自分側へ。今度は抹茶アイスもしっかりのせてチャレンジしてみます(美味しそうってわかりましたからね)。

そして、確かにうまかったのです!!!

スミマセン、食べるまでは「ただのウケを狙った色モノ」くらいにしか思っていなかったんですが、全然違いました!普通に美味しいですよ、これ。

りんごととんかつを一緒に食べると、バナナのような甘さで、きちんとスイーツとして成り立っているのです。そこに抹茶アイスが加わると、何ともいえない不思議な美味しさのハーモニー。「こんなにとんかつパフェが美味しいのはなんでだろ~」という某コンビの色紙が店内にありましたが、その言葉にもうなずけます。いやー、とんかつって奥深いですね。 

 

とんかつの新たな可能性に出会えるアブノーマルかつ

さてさて、とんかつパフェが美味しいことに驚きましたが、私たちにはまだアブノーマルかつが残っています。

f:id:tepo1173:20171120180044j:plain

パンパンに具が入った巨大カツが4つ!壮大な眺めです。

おもむろに 「マル秘 清まるかつ」を手に取ったクボちゃん。いちばん「中身が何だかよくわからないもの」から手をつけるなんてチャレンジャーですね。しげしげと中を覗きこんでいます。

f:id:tepo1173:20171122122725j:plain

f:id:tepo1173:20171121202527j:plain

中身はこんなになっています……いったい何が入っているの……?

f:id:tepo1173:20171120181119j:plain

今度も意を決して、大口でカブリつきます!

……どうでしょう??

f:id:tepo1173:20171120181222j:plain

「うまっ!うわ……これもうまいですよ!? このジューシーな白いモノと辛子マヨネーズがイイ!」

また笑顔になったクボちゃん。本当に美味しいようです。

(一応「マル秘かつ」ですので、全部の中身は言えないのです。ゴメンナサイ。白いモノが何かは、とんかつパフェをヒントに写真から推理してみてくださいね) 

f:id:tepo1173:20171120181255j:plain

黄色いのはチーズかと思ったら、辛子マヨネーズも入っていたんですね!

f:id:tepo1173:20171120181314j:plain

美味しいとの確証がとれたので、残りの半分は私がいただいてみることにしました。断面がスゴいことになっています。とんかつの定義について、立ち止まって考えたくなるビジュアル……。一気に口に入れてしまいましょう!

……うん、 これも普通に美味しいです

カツがさっぱりしていて、中のあんこと白いモノの甘さにすごく合います。とんかつというより、パン生地のかわりに豚肉を使った揚げパンのような感覚。サクサクした生地に辛子マヨネーズが効いて、意外や意外、見てくれからは考えられない衝撃の美味しさです!

中身を知らないままオーダーしたので、結果的に「あんチーズかつ」(名前のとおり、あんことチーズととんかつ)と少しカブってしまいましたが、マル秘カツのほうが味に奥行きがあって、筆者好みでした。

人間といっしょで、食べ物も外見や思い込みだけで判断したらダメですね。いやー、またしても清まるのとんかつに教えられてしまいました。奥深い、奥深い。

 

一見ふざけたように見えなくもないアブノーマルメニューですが、じつはお客様への感謝の気持ちから生まれた、愛情あふれる真面目なメニューなのです。

20年ほど前、清まるは火事で店を失い閉店一歩寸前という状況に。その危機を救ってくれたのが、お客さんたちからの温かい励ましだったのだそう。

その時に励ましてくれたお客さまへの感謝の気持ちから、明るく、楽しく、たとえ人生どん底にいるような人でさえも笑わせてしまうような、元気づけるメニューを作りたい!との思いから、清まるのアブノーマルメニュー群が生まれたのだそうです。

 

とろとろチーズがそそる「とろーりチーズかつ」は文句なく美味しいですし、

f:id:tepo1173:20171120180251j:plain

ニンニク丸ごとひと玉とすりおろしニンニクまで豪快に入った「スタミナニンニクかつ」は、これでこの冬は風邪をひかないで過ごせそう、と思えるニンニクどっさり具合です。

f:id:tepo1173:20171120222853j:plain

ただしニオイも豪快なので、食べるタイミングには気を付けた方がいいかも……。

 

清まるへのアクセス

f:id:tepo1173:20171120173934j:plain

冒頭にも書きましたが、清まるはいよてつ高島屋、松山市駅から徒歩3分もかからない場所にあります。

f:id:tepo1173:20171120174016j:plain

看板にも小さく「松山名物」の文字がありますね。

f:id:tepo1173:20171120174043j:plain

とんかつパフェ屋さんではなく、あくまでもとんかつ屋さんです。色々なとんかつ類のガッツリ系メニューがショーケースにいっぱい並んでいます。

f:id:tepo1173:20171120174130j:plain

店内は女子一人でも入りやすいカフェのような雰囲気。

f:id:tepo1173:20171120210826j:plain

有名人のサイン色紙もたくさん。

f:id:tepo1173:20171120174339j:plain

お店のマスコット、ピンクのブタちゃんがテーブルの上でお迎えしてくれます。

f:id:tepo1173:20171122170807j:plain

ビタミンBとタンパク質が豊富な豚肉。お肌にもダイエットにも良いとされています。そして何より美味しい!

 

そんな良いとこだらけの豚肉を、清まるではいろんなスタイルのとんかつで楽しむことができます。

松山に来た際にはぜひ清まるで、奥深いとんかつの世界に浸ってみてくださいね。とんかつパフェは松山でしか食べられませんよ!

 

紹介したお店

とんかつ 清まる 花園店
住所:愛媛県松山市花園町4-6 アプトンパーク21
TEL:089-948-9588

r.gnavi.co.jp

 

プロフィール

f:id:tepo1173:20170623073612j:plain

林ぶんこ

相棒エストレヤと四国の畦道や山道をトコトコするさすらいの0850(オバハン)ライダー。

ブログ:四国トコトコ
Twitter :@tepo11734

                             
ページ上部へ戻る