年越しそばの起源は? 有力5説を紹介!(5つもあるんかい!)

大晦日に「年越しそば」を食べる習慣は江戸時代に定着したと言われており、その起源には諸説あります。中でも有力な説で「延命・長寿祈願」「金を集める縁起物」「旧年の苦労や借金を切り捨てる説」「健康祈願」「世直しそば由来」の5つをご紹介します。

年越しそばの起源は? 有力5説を紹介!(5つもあるんかい!)

f:id:g-mag:20180820142119j:plain

大晦日に「年越しそば」を食べる習慣は江戸時代に定着したと言われています。その起源には諸説あり、有力なものだけでも次の5つが挙げられます。

 

延命・長寿祈願説

そばは細く長く伸びるので、「長寿延命」「家運長命」などの縁起を担いで食べるようになったというもの。引越しそばの「末永く宜しく」という意味にも通じます。

 

金を集める縁起物説

金銀細工師が散らかった金粉を集めるために使っていたのがそば粉。そこから、「金を集める縁起物」「金運を呼ぶ」という意味合いが生まれ、新年の金運向上のために食される様になったという説です。

 

旧年の苦労や借金を切り捨てる説

そばは切れやすいことから、旧年の労苦や災厄をきれいに切り捨てて新しい年を迎えることを願ったとする説です。「縁切りそば」「年切りそば」とも言います。借金を打ち切る意味で「借銭切り」「勘定そば」とする説もあり、この場合は必ず残さずに食べなければいけません。

 

健康祈願説

そばは風雨に叩かれても、再び日光を浴びると元気になる植物です。そこから健康の縁起を担ぐのに最適とされました。また、そばの実が五臓の毒を取ると信じられていたことに由来するとの説もあります。

 

「世直しそば」由来説

鎌倉時代、博多の承天寺では年の瀬を越せない町人に「世直しそば」としてそば餅を振る舞ったところ、翌年から皆に運が向いてきたという伝説があります。そこから、大晦日に「運そば」を食べる習慣が生まれました。「運気そば」「福そば」とも呼ばれます。

                             
ページ上部へ戻る