【海外の反応】「日本の花火は派手なのにどこか繊細」外国人は日本の花火文化をどう思ってるのか聞いてみた

日本の夏の風物詩「花火」。来日している外国人には日本の花火はどのような印象を持っているのでしょうか?街頭インタビューを行い日本の誇るべき文化「花火」が海外ではどう思われているのか、調査いたしました!(東京 花火大会)

【海外の反応】「日本の花火は派手なのにどこか繊細」外国人は日本の花火文化をどう思ってるのか聞いてみた

f:id:c--cgn:20160728205002j:plain

夏の風物詩といえば、なんといっても花火ですよね! 花火、浴衣、縁日など、日本の夏の夜はとても華やかです。

オリンピックを控えて、来日する外国人が増えている今、日本の誇るべき文化「花火」が海外ではどう思われているのか、調査いたしました!

 

まずは日本に旅行で来た外国人に街頭インタビューを敢行いたします!

 

【一組目】ベルギー人女性2人(新宿

東京 花火大会

ベティさん(仮名)とカレンさん(仮名)

ーーーー早速ですが、お二人は日本の花火文化についてどう思いますか?


ベティ:

とってもカラフルだよね。花火も、屋台のお店も、浴衣も。見てるだけで楽しくなっちゃう!


カレン:

とくに浴衣はとってもキュート!私も着てみたいな。


ベティ:

こんな素敵なイベント、夏だけじゃもったいないわ!一年中やってくれないかしら(笑)

 

【二組目】アメリカ人男性(浅草

東京 花火大会

レナードさん(仮名)

ーーーー観光中に足を止めていただいてありがとうございます。レナードさんは日本の花火を見たことがありますか?

 

レナード:

あるよ〜。10年くらい前だけどね。すごく綺麗だったから、今でも覚えてる。日本の花火は派手なのにどこか繊細だよね。アメリカでも独立記念日にはゴージャスな花火が上がるけど、日本で見る花火はまた別種の趣きがあると思う。

 

ーーーー別種の趣き、というと?


レナード:

アメリカに比べて、日本の花火は丁寧に感じるね。打ち上げる時間に間を開けたりとか。1発1発をじっくり楽しむのが日本流なのかな。

 

【三組目】スウェーデン男性2人(浅草

東京 花火大会

ビョルンさん(仮名)とエディさん(仮名)

———お二人は日本の花火を見たことがありますか??


ビョルン:

実はまだ無いんだ。日本に来たのも初めてだしね。


エディ:

でもガイドブックで見たよ!時間が合えば絶対行きたいね〜。


ビョルン:

スウェーデンでは年明けに花火を上げるから、夏に花火があるってのは新鮮だよ。


エディ:

それに、打ち上げ花火は日本のトラディッショナルな風景とよく合っているね。

 

実際に見たことがある人は多くはありませんが、海外からの旅行者にも日本の花火文化が浸透しているようですね。

続いて、次は日本在住の外国人の方にインタビューしていきます。

 

【アメリカ人男性:ノアさん】

東京 花火大会

約1年前から日本に住んでいるノアさん

———ノアさんは日本の花火を見たことがありますか?


ノアさん:

浅草で見たことがあるよ。みんな浴衣とか着物みたいな伝統的な服を着ているから、普段日本に住んでいても実感しない、異郷の文化を感じることができて好きだな。

———アメリカでは独立記念日に花火を上げると聞きましたが、日本の花火との違いはありますか?


ノアさん:

独立記念日の花火はだいたいみんな車で見に行くんだけど、日本は歩き回って見ることが多いよね。アメリカでは夜中に野外を歩くのはすこし怖いけど、日本は安全だから安心して歩き回れるのが良い所だと思う。

———とはいえ、日本の花火大会の人混みにはウンザリしませんか?


ノアさん:

確かに人混みは息苦しいけど、アメリカの花火も、帰り道はひどい渋滞だからおあいこだよ。

———なるほど。ちなみにアメリカでも手持ち花火で遊ぶことはありますか?


ノアさん:

なくはないけど、日本の花火みたいに見て楽しむというよりも、子供や若者がイタズラで使うことのほうが多いかな。州によっては、手元で爆発したら大怪我するような花火が売ってることもあるよ。

———なんだか花火というより爆竹みたいですね……

 

【韓国人男性:パクさん】

東京 花火大会

日本に来て8年目のパクさん


パクさん:

日本人ってほんと花火好きだよね。夏になったら何度も花火大会あるし。韓国でも花火はあるけど、こんなにたくさんはやらないよ。

———確かに。この季節になるとあちこちでやってますもんね。


パクさん:

それに、日本人は夏になると、ことあるごとに手持ち花火をやりたがる。学生のころ、合宿とか旅行に行くと必ず誰かが花火を買ってきてたね。韓国にいたころは友達と花火をしたことが無かったから驚いたよ。

———言われてみればそうですね。特に学生の頃は、夏の遊びには花火がつきものでした。

 

東京 花火大会

パクさん:

実は僕、手持ち花火の面白さが分からないんだよね。わざわざ買ってきても10分くらいで終わっちゃうし。僕の想像だけど、日本人は子供の頃に家族で花火をやった思い出があるから楽しめるんじゃないかなぁ。小さい頃に楽しかった思い出が心に染み付いてるんじゃない?

———なるほど。考えたことは無かったですが、小さい頃から「夏は花火」というイメージが染み付いているのは確かですね。


パクさん:

でも花火大会は大好きだよ。お酒を飲みながら綺麗な花火を楽しめる素敵なイベントだと思う。あと、女の子が浴衣を着てくるってのもいいね。かわいい。浴衣みたいな服は、韓国にもチマチョゴリがあるけど、あれを着て出かけることはあまり無いし(笑)

 

【オーストラリア人女性:アリソンさん】

東京 花火大会

3ヶ月前から日本に住み始めたアリソンさん

———日本に来てまだ日が浅いと思いますが、日本の花火や祭に行ったことはありますか?


アリソン:

祭には行ったけど、花火はまだ見たことないよ。

———では、手持ち花火をやったことはありますか?


アリソン:

オーストラリアでやったことはあるけど、日本のはやったことない。やってみたいな!

 

筆者が用意した花火で日本の手持ち花火初体験!

東京 花火大会
アリソン:

すごい! カラフル! オーストラリアの花火はあんまり色がついてないから、こんなに色とりどりなのは初めて!

———日本の花火はバリエーションが豊富ですからね。線香花火なんかは特に新鮮だと思いますよ。


アリソン:

センコー花火? よくわからないけどやってみたい!

———では火をつけるので、手で持っていてください。


アリソン:

え、どこ持つの? こわい!

———大丈夫ですよ〜。そんなに火花は出ませんから。

東京 花火大会

アリソン:

ちっちゃくてカワイイ! 日本のワビサビを感じるわ。花火って派手なものだと思ってたけど、こういう落ち着いたものもあるのね!

 

「毎日やりたい!」と楽しそうに笑いながらアリソンさんは去って行きました。

 

まとめ

海外にも花火はあれど、日本の花火はまた少し違う趣きがあるようですね。特に手持ち花火は日本独自の進化を遂げています。

来日した海外の方に会う機会があれば、手持ち花火をプレゼントして、日本の夏を体感してもらってはいかがでしょうか。

 

合わせて読みたい!花火・お祭りに関する記事

 

 

著者・SPECIAL THANKS

今井辰実

今井辰実

新宿ゴールデン街の元バーテンダー。

お酒と海外小説が好き。

編集/Concent編集部

撮影/今井辰実

                             
ページ上部へ戻る