デート中に美人を褒めまくる!サイバーエージェントSELECTY編

女性を口説く秘訣は、とにもかくにも褒めること。「褒め」のテクニックを駆使して、いま最もイケてるメディア・SELECTY(セレクティ)編集部の美人デスクを口説いて、どんなリアクションが返ってくるか試してみました。

デート中に美人を褒めまくる!サイバーエージェントSELECTY編

デート中に美人を褒めまくる!サイバーエージェントSELECTY編

デート中に美人を褒めまくるとどうなる? サイバーエージェントSELECTY編

デート中、美人を褒めまくってみた

やっとの思いで気になるアノ子とデートをしたけれど、いまいち満足度とコンバージョン率が低い……。このような悩みを抱えている男性に足りないのは、女性を徹底的に褒めることだ。

デートにおいて女性を褒めることがどれほど大切なものなのか? 美人が多いことで知られるサイバーエージェントで働く女性社員とデートをして、「褒め」の重要さをお伝えする

筆者のスペックは、32歳のフリー素材モデル。褒め歴32年のベテランだ。

情報を制する者は世界を制す

今回デートにお誘いしたのは、忙しい現代女性のために厳選したニュース・トレンド・美容・ファッション・恋愛情報などを届けるメディア、SELECTY(セレクティ)の編集部で働く玉田理沙さん。新卒1年目、初々しい笑顔がチャーミングな女性。

デートをする前に、玉田さんの上司に好みの男性や仕事の様子などを事前調査。IT業界には、「情報を制する者は世界を制す」という言葉がある。デートにおいても、情報は武器になるのだ。

SELECTY編集部の山崎編集長と古賀プロデューサーを呼び出し、玉田さんに関する情報と、女性好みの店をあれこれリサーチ。その結果、玉田さんを攻略するポイントは、下記の3点だということが判明した。

・イケメンでちょっと強引な人が好き
・仕事に情熱を注ぐタイプのアツい子
・素直な子なので、お世辞ではなく本音で褒めると喜ぶ

イケメン以外は、なんとかなりそうな気がする。デート中はちょっと強引にエスコートをして、仕事を褒め、社交辞令ではなく本音で褒めることに注力する作戦が良いとのこと。

褒めは女性の緊張をほぐし、心を開く

山崎編集長に教えてもらったのは、最近流行りの「餃子デート」ができる穴場のお店、広尾のJASMINE

中華香彩 JASMINE(ジャスミン)広尾本店
「よだれ鶏」は、蒸し鶏の上に特製ラー油と特製甘酢たれがかかった看板メニュー。餃子も一緒に注文し、よだれ鶏のたれをつけて食べるのがおすすめ。
住所/東京渋谷広尾5-22-3 広尾西川ビル1階
電話/03-5421-8525
http://jasmine310.com/hiroo/

店の前で待っていると、緊張気味の玉田さんが到着。まずはリラックスさせるため、まずはファッションを褒める

大川「白いワンピース、とっても似合ってるよ」
玉田「本当ですか? うれしいです!」

ベタではあるが、ファッションを褒めるのは大切だ。デート開始時のぎこちない雰囲気を解消してくれる。席につくとは、さり気なくイスを引く。もちろん褒め言葉だけではなく、こういった細かい気配りも大事だ。

大川「ここ餃子が有名なんだよね。餃子好き?」
玉田「私、餃子大好きなんです! 何で知ってるんですか?」
大川「わお、偶然だね」

玉田さんの好物が餃子だということなどあれこれリサーチしたと明かすと、キモい男性だと思われる可能性があるので、うまく言葉を濁しつつ褒めトークを進める。

ビールと餃子、JASMINE名物のよだれ鶏を注文。せっかくの白いワンピース。たれが垂れてしまったら責任問題だ。店員にさっと合図をして、紙製エプロンをもらう

ビールが到着したことで、ふたりの出会いを記念して乾杯を交わす。
大川「普段はどういうお酒を飲んでるの?」
玉田「ビールが好きです」
大川「そうなんだ! 玉田さんに飲まれるビールは幸せだろうね」
玉田「そ、そうですね(笑)」

褒めることで少しずつ緊張がほぐれ、自然な笑顔を見せる玉田さん。

料理が運ばれてきたので、ふたりの距離をグッと近づけるキラーワードを使ってみた。

大川「玉田さん、君にあ〜んしてもいいかな?」
玉田「え!?」

驚きの表情で固まる玉田さん。デートは時に、冒険することも必要だ。

大川「あまりにもおいしそうに餃子を食べるから、あ~んしたくなったんだ」
玉田「私がじゃなくて、大川さんが私にあ~んするんですか?」
大川「そう。さあ、行くよ。あ~ん」

多少強引だったが、見事あ〜んすることに成功。褒めることにより、女性は心だけではなく口も開くのだ。

ここであ〜ん返しをしてもらうのは男の夢だが、相手に強要してしまうとただの自己満足だ。

そこで、玉田さんが食べた半分の餃子の片割れを、セルフあ〜んで食べることにした。

この餃子が二倍おいしかったのは言うまでもない

外見だけではなく内面、仕事面もとことん褒める

今宵のデートはまだまだ続く。山崎編集長に教えてもらったのは、1軒目にカジュアルな中華料理へ行き、2軒目はがらっと雰囲気を変えるという作戦なのだ。

期待の2軒目は恵比寿にあるシャンパンバーDIVN(ディヴァン)。大人な雰囲気のバーで、もう一歩玉田さんの心に踏み込んでみよう。

■Cave de Champagne DIVIN(ディヴァン)
シャンパンは常時5種類ほどをグラスで揃える。シャンパンモヒートや、旬のフレッシュフルーツを使ったシャンパンソルベなどのシャンパンカクテルもおすすめ。
住所/東京渋谷恵比寿西1-10-3 トラストリンク恵比寿ビルB1
電話/03-3461-1389
http://albente.jp/divin/

カウンター席に座り、バーテンダーにおすすめを聞く。本日のおすすめシャンパンと、白桃を使ったシャンパンカクテルを注文することに。

大川「こういうお店はよく来るの?」
玉田「はじめてです。私まだこういう大人のお店は似合わないから……」

大川「そんなことない、とっても似合ってるよ。玉田さん大人っぽい一面もあるから」
玉田「そんなこと言ってくれるの大川さんだけですよ」

大川「実は、玉田さんのことを先輩にいろいろ聞いてきたんだ」
玉田「え!? 何て言ってましたか?」
大川「仕事熱心で頑張り屋さん。SELECTY編集部だけじゃなくて、社内のみんなに好かれてるって」
玉田「まだ入社したばかりで不安になることもあるんですけど、仕事を認めてもらえるのってうれしいですね」

若い女性は、自分の幼さを気にしていることが多い。外見だけではなく、内面を褒めることで安心感が生まれるのだ。

さらに距離を縮めるため、呼び名を変えてみることに。

大川「今日出会ったばかりだけど、『玉ちゃん』って呼んでもいいかな?」
玉ちゃん「はい! 社内でもけっこうそう呼ばれているので」

残念ながらふたりだけの特別な呼び名にはならなかったが、それもまた一興。仕事がいかに楽しいかという話をしながら、我々は濃密な時間を共有した。

楽しい時間はあっという間。

最後に玉ちゃんのLINEもゲット。これぞ褒めのなせる技だろう。

アフター褒めは忘れずに

その日の夜、玉ちゃんLINEで褒めフレーズを送信。撮影中だけ褒めるなんていう、せこい男ではない。

「今日という日にいいね!をしたい」「玉ちゃんへのLikeがLoveに変わったよ」など、アフターフォローならぬアフター褒めをすることにより、恋がバイラルする可能性が飛躍的にアップするのだ。

まとめ

さすが、イケてるメディアSELECTY編集部の玉ちゃん。使い回したフレーズは敏感に察知したようだ。

今回の褒めデートで分かったのはこちら。
1)デートで大切なのは、本音でとことん女性を褒めること。
2)周囲にあれこれ聞いたことをバレてはいけない。
3)女性は感が鋭いので、建前の褒めは禁物。

気になるアノ子とデートをするときは「褒め」を意識することで、満足度とコンバージョン率が飛躍的にアップすることが証明された。ぜひ参考にしてみてはいかがだろうか。本日の「餃子デート」に関する記事も合わせてどうぞ。

【会員制餃子店も?!イマ、”あえての餃子デート”が密かなブーム】
http://selecty.me/article/38611482843305589

 

 

著者・SPECIAL THANKS

大川竜弥+プレスラボ
SELECTY(セレクティ) | 知ってる女性御用達の情報メディア
SELECTY(セレクティ) | 知ってる女性御用達の情報メディア

http://selecty.me/

 

                             
ページ上部へ戻る