【人力ホームベーカリー】炊飯器とフライパンだけで簡単にパンが焼けちゃうんです!

自宅で自作のパンを焼いてみたいけど、パン焼き器もオーブンも持っていないという方にぜひおススメのレシピです。何と炊飯器とフライパンだけで簡単にパンが焼けちゃうのです。果たしてどんなレシピで、どんな出来栄えとお味だったのでしょうか・・・(新宿のグルメカフェ

【人力ホームベーカリー】炊飯器とフライパンだけで簡単にパンが焼けちゃうんです!

f:id:g-gourmedia:20141114161304j:plain

 

実家に帰るたびに、気になるアイツ。それは半年ほど同じ場所にある。開封した形跡のない強力粉。

 

母いわく、パンを作ってみようと思い立ったものの、材料を揃えてそのままとのこと。きっと、賞味期限がきて、いつのまにかゴミ箱行きになっていそうな気がする。

 

「オーブンを使ったことがないから、焼き方が良くわからなくてー」実家には電子レンジ機能付のオーブンがあるものの、電子レンジのみしか使っていない。オーブンの使い方を説明したものの、普段使わないのですぐに忘れてしまうみたいで。

 

これは、アイツをなんとかしなくては……! オーブンがダメなら、使い慣れている炊飯器とフライパンでパンを作ってみるのはどうだろ?

 

上手くいけば、残りの粉でパン作りに目覚めるかもしれないし……。というわけで、帰省がてら、炊飯器とフライパンでパン作りにチャレンジしてみます!

 

いざ、炊飯器とフライパンでできちゃうLet’s パン作り♪

材料(作りやすい分量)

  • 強力粉 200g
  • 砂糖 大さじ1
  • ドライイースト(予備発酵不要タイプ) 小さじ1/2
  • 塩 小さじ1/2
  • オリーブオイル 大さじ1/2
  • ぬるま湯(40℃くらい) 120cc

 

1. 強力粉を大きめのボールに計り入れ、真ん中をくぼませる。くぼませた部分に砂糖とドライイーストをおき、離れた場所に塩とオリーブオイルを置く。

f:id:g-gourmedia:20141114101826j:plain

2. 炊飯器の内釜にオイルを薄く塗り、保温ボタンを押して10分。10分たったらスイッチを切っておく。

 

何をしているのかというと、炊飯器を温めておいて、ここで、パン生地を発酵させるんです! 一時期パン作りにハマった私の、自己流ながらオススメの方法♪

 

3. 炊飯器を温めている間に、生地をこねます。

粉のくぼみの中にぬるま湯の半量を注ぎ、イーストと砂糖を混ぜる。この作業で、イーストが発酵しやすい状態になります。イーストを発酵しにくくしてしまう塩とオイルは、この後に混ぜていきますよー。

 

f:id:g-gourmedia:20141114102239j:plain

4. 徐々に周りの粉と混ぜながら、残りのぬるま湯も加え、ひとまとまりに。親指の付け根部分で、表面がなめらかになるまで生地をボールの中でこねる。

 

はじめはベタベタの生地ですが、こねていると、だんだんまとまってきます。このとき、ボールの下にぬれ布巾をしくと作業しやすいですよ。


5. そろそろ、こねる作業に疲れてきたので、状態チェック! 生地を指でのばして、膜が張るような感じならOKです。

 

f:id:g-gourmedia:20141114102402j:plain

6. 生地を丸めます。上から下にラップを張るように丸めると、イーストの発酵で出たガスが逃げにくくなります。下の部分はガスが逃げにくいように閉じると良いですね。

f:id:g-gourmedia:20141114102518j:plain

6'. 生地のとじ目を下にして、温めておいた炊飯器の中にいれます。フタを閉めて、30分休憩。

 

f:id:g-gourmedia:20141114103120j:plain

7. 30分後に生地は、こんな風に膨らんでいました。イースト菌、スゴイよ!

f:id:g-gourmedia:20141114102905j:plain

8. 発酵が上手くできているか、チェックしてみます! 生地がくっつかないように、粉をつけた指を真ん中にブスリ。

f:id:g-gourmedia:20141114103156j:plain

写真のように、空いた穴がふさがらなければ発酵完了。穴がふさがってしまったら、もう少し炊飯器で寝かせます。

 

9. 生地を取り出して、ガス抜きをします。生地を軽くパンチ。より良い発酵のために必要な作業。

 

f:id:g-gourmedia:20141114103249j:plain

10. 軽く形をととのえて、包丁で8等分にします。生地が乾かないように、ぬれ布巾をかけておきましょー。

 

f:id:g-gourmedia:20141114103421j:plain

11. ここでまた炊飯器を2のやり方で、10分温めておきます。その間に8等分した生地を6の要領で1つずつ丸め、ぬれ布巾の下へ。

 

12. 炊飯器の内釜にクッキングシートをしき、丸めた生地を写真のように並べます。フタを閉じて、20分休憩♪

 

f:id:g-gourmedia:20141114103522j:plain

13. 20分後には、こんな感じに。イースト菌がんばってます!

f:id:g-gourmedia:20141114103601j:plain

14. いよいよ、フライパンの登場です♪ フタをして、1分強火で温めたフライパンにシートごと生地をイン。

 

火加減を弱火におとし、フタをして15分。蒸し焼きにして、中まで火を通すイメージでやってみました。

 

f:id:g-gourmedia:20141114103704j:plain

15. 両面焼きたいので、生地をフライ返しで裏返します。思ったほど焼き目がつかなかったけど、まぁ良しとして……。

 

f:id:g-gourmedia:20141114103749j:plain

表面をパリっと仕上げたいので、仕上げはフタなしで10分焼いてみることに。楊枝を刺してみると、刺した部分が乾いていたので、火は通ったみたい。取り出して網にのせて、冷まします。

f:id:g-gourmedia:20141114103927j:plain


うーん、どうかな? 上手くできてるかなー? 実際はパクっと食べてみましたが、みなさんにも伝わるように包丁でカット。

f:id:g-gourmedia:20141114103936j:plain

ジャーン! 一応パンらしきものが完成しました!

お気に入りのベーグルパンの配合を参考にしたからか、ベーグルっぽい食感。なんかこう、もちもちした感じに焼きあがりましたよ。

 

ベーグル好きな母は、フライパンのパンに関心してました。パン作りに目覚めるかは、謎ですけどね……(笑)

 

フライパンでも、パンは焼ける! オイルを薄く塗ったフライパンで、直接生地を焼けば、焼き色がもっとキレイにつくかもしれませんね。 

 

とにかくオーブンがなくたって、パンが焼けることを証明できました! 興味のある人は、ぜひ作ってみてくださいねー♪

  

ライター: オグラミエ
ブログ: オグごはん☆ http://blog.goo.ne.jp/azuki-ogu0424

編集: 23番地cook ~人と料理の交差点~
https://www.facebook.com/23fanDecookrentoLiaoLinoJiaoChaDian

                             
ページ上部へ戻る