ぐるなび みんなのごはん

あなたの”食べたくなる”を作る

グルメ調査隊

パッションフルーツを知っていますか? フルーツ界の神な美味しさです

パッションフルーツをご存知でしょうか。皮は硬く、色は深い赤ワイン色、割ると黄色い果肉と緑色っぽい種子。南国を思わせる香りがたまりません。食べると甘酸っぱい美味しさが口の中いっぱいに広がり、種子のポキポキした食感も楽しい。日本での栽培地は、…

筋トレ民垂涎!「ブロッコリーと鶏胸肉」という“究極”の組み合わせを、マッチョと一緒に試食できるイベントに行ってみた

7月29日の「筋肉の日」に、この日にぴったりのイベントが東京・汐留で開催されました。それは「マッチョと考える、ブロッコリー&鶏胸肉ランチ」。昨今高タンパクの象徴として筋トレ民だけでなく一般人も意識して摂取する傾向にある、鶏むね肉とブロッコリー…

コンビニのどら焼きから考える、現代における「どら焼き」の定義とは?

和菓子店やコンビニで手軽に買えて、ご存知ドラえもんの大好物といえば――そう、どら焼きです。でも、コンビニに並ぶどら焼きのいろいろなバージョンを見ると、ドラえもんが漫画やアニメに登場した頃と比較して、どら焼きの定義も徐々に広範囲化されつつある…

魚類の専門家と焼き魚を食べると、魚の構造が学べてそれらがすべて美味しい

頭から尾までの一匹丸々の焼き魚を食べていると、こんなところにも骨がある!とか、まだ食べられるところがあるのでは?とか思うことがあります。そこで魚の専門家に解説してもらいながら、焼き魚をきれいに食べてきました。一般財団法人進化生物学研究所の…

最初のデートで彼女を連れて行きたいお店に、今日は僕を連れて行ってください

恋人との初デート、どんなお店に行きますか?どんなお店に連れて行ってもらいたいですか?恋人との初デートで選ぶくらいだから、その人にとって真心あふれるセレクトになっているのでは…?ということでデイリーポータルZ編集部安藤昌教さんがライターの地主…

瓶こそ至高。日本初の果汁飲料「瓶のバヤリースオレンジ」が今も年間約480万本売れるワケ

子どもたちが飲めるものや、何かノンアルないかな…と老舗の食堂やレストラン、居酒屋、旅館、ホテルでソフトドリンクのメニューを開くとそこには「オレンジジュース」とあって、注文すると、なぜか決まって出てくるのは瓶のバヤリースオレンジ。子どもの頃の…

巣鴨のプルジャダイニングでグンドゥルックを食べながら、小林真樹さんから「日本のインド・ネパール料理店」の話を伺う

調理器具や食器の輸入販売を手がける会社「アジアハンター」の小林真樹さん。2022年3月に阿佐ヶ谷書院さんから上梓された新刊『日本のインド・ネパール料理店』について、玉置標本さんが小林さんからたっぷりとお話を聞いてきました。インタビューは巣鴨にあ…

イチゴとはなんなのか…? 流通のピークに合わせていろいろな品種のイチゴを食べ比べてみる

毎年12月頃からイチゴがスーパーなどに並び始めますが、12月のイチゴは価格が高く、やがて値段は落ち始め、5月頃まで並んでいることが多いです。東京市場におけるイチゴの取扱数は3月がピーク。そもそもイチゴは野菜なのか、果物なのか、という問題もありま…

ポテチにもかけていいんだよ…!「やすもと醤油」のくんせいドレッシングシリーズで完全に食卓が変わりそう

燻製、美味しいですよね。簡単に燻製の味を楽しめる調味料として人気なのが、島根県の「やすもと醤油」さんの「くんせいシリーズ」です。まずはコンビニ食材に片っ端からくんせいシリーズをかけてポテンシャルを再確認したのちに、やすもと醤油さんのTwitter…

ベニハルカ、鳴門金時、ひめあやか……いろんな品種のサツマイモで干し芋を作る

鍋や肉まん、焼き芋などと並んで冬の味覚のひとつかもしれません、干し芋。天日乾燥できる11月後半から生産が始まるそうで、国内シェア1位は茨城産だとか。保存食としても重宝され、時代時代に合った品種が干し芋として使われてきましたが、現在では一般的に…

なぜ東洋水産には約50ものローカル即席めんがある? かつての全国商品も生き残るワケ

「マルちゃん」ブランドで親しまれている東洋水産は、数多くの地区限定のカップ麺や袋麺を販売しています。それぞれの地域出身のユーザーにはソウルフードとなっており、「やきそば弁当」「焼そばバゴォーン」「激めん ワンタンメン」「ダブルラーメン」など…

可能性は無限大! レンコン料理を思いつくままに作りまくってみた

れんこんの料理といえば何を想像されますか?炒めても揚げても焼いても煮ても和えても良し、あるいは姿を隠してシュウマイやハンバーグに混ぜても良し…万能選手のレンコンですが、ついつい定番のきんぴらを作って終了となったりします。この記事はレンコン掘…

ヤオコーの「おはぎ」が超うまい。当然おはぎ以外のやつもうまい。

埼玉に本社があるスーパーマーケット「ヤオコー」をご存知でしょうか。関東で展開しているローカルスーパーマーケットチェーンで、現在160店舗あまりが国道16号線付近を中心に出店しています。日本全国の地元スーパーと同じように、そこでしか買えない商品が…

ワサビは冬の方が辛く、そしてパンに塗ってもスープに入れてもワサビは美味しい

鼻にツーンと抜ける辛さを持つワサビ。海鮮丼を食べる際やお寿司を食べる時は必要ですし、地域によっては名産に「ワサビ漬け」があります。日本中どこでもチューブのワサビはあるので、ワサビを手に入れることは容易ですが、ワサビについては詳しくは知らな…

インド料理に欠かせない野菜「メティ」が江戸川区で作られている

インドやネパールなどの料理に欠かせない野菜「メティ(リーフ)」をご存知でしょうか。野菜としては認識していなくても、メティシードやフェヌグリークシードと呼ばれる種子、カスリメティとして売られている乾燥した葉、および葉の粉末は、本格的なカレー…

1ヶ月間、ほぼ毎日お昼に寿司を握ってみたら楽しかった話

コロナ禍で生活が変わり、昼食が自炊になった方も多いと思います。また環境が変わり新たな人との出会いや会話から、普段取り組んだことのない試みに挑戦することもあるのではないでしょうか。この記事では、寿司は神聖なもの、触れてはいけない領域、という…

世界的にもレア! ホロホロチョウの卵が濃厚で美味しいので第二次ブームが来たら良いのに

日本ではあまり馴染みはない鳥ですが、ホロホロチョウという鳥がいます。日本での知名度はあまりありませんが、フランスではスーパーなどにも並び、ちょっと高級な鳥肉を食べてみようかという時に、一般的に食べられているそう。また卵は生産が少ないのであ…

北海道最強のコンビニ・セイコーマートはなぜ遠い茨城・埼玉に約90店もあるのか?

セブンイレブンより古い歴史を持つ、北海道のローカルコンビニ「セイコーマート」。道民のライフラインを支える存在ですが、もちろん道民以外にも広く支持されていて、多くのファンが日本中にいます。しかしながら、茨城県と埼玉県に数多くのセイコーマート…

決して残念ではない兵庫のご当地即席麺「イトメンのチャンポンめん」を君は知っているか

兵庫県たつの市に本社がある「イトメン」をご存知でしょうか。少し前に「世界で2番目に即席麺を発売したにもかかわらず、チキンラーメンに知名度を全部持っていかれた残念な会社」として話題になった会社です。その実力は、昭和30年代にインスタント麺の原型…

千葉はピーナッツ王国! 落花生を知ってから落花生を食べると、新豆がさらに美味しくなってしまった

11月11日は「ピーナッツの日」だそうです。落花生はひとつのカラに2粒の豆が入っていて「双子」であることから「11」が2つ重なる11月11日を 「ピーナッツの日」と全国落花生協会が制定したのだとか。また、ピーナッツの旬は11月…ということで、落花生につい…

野菜不足の食生活が不安なので「マイベスト焼き浸し野菜」を決めてみた

偏った食生活にならぬよう、野菜はしっかりと摂っておきたいという希望は、誰にでも少なからずあるのでは?といいつつ、自炊にかけるリソースや、コンビニで買うサラダのコスパのことを考えると、なかなか良いアイデアが出ないかもしれません。そんな人には…

その数1,000羽以上! 網走にある“日本最大のエミュー牧場”に行ってエミューについて詳しくなりたい

ダチョウの次に体高が高く、世界で二番目に大きい鳥として知られているのが、オーストラリア原産のエミューです。その起源はなんと8000万年前。アボリジニは太古の昔から神の鳥として大切にしてきたのだとか。そんなエミューですが、近年では日本の各地でも…

【豚骨編】ラーメンと音楽が好きすぎるから、ラーメン屋をミュージシャンに例えてみた

ラーメンマニアや音楽好きの間で話題となった、「ラーメン店をミュージシャンに例える」記事の第二弾です。前回の天下一品・青葉・ホープ軒・蒙古タンメン中本に続き今回は「豚骨編」。まずは東京人の博多豚骨ラーメンの登竜門「博多天神」、そして東京で食…

いろんな色のトマトでケチャップを作ったら、ケチャップが赤い理由がよくわかった

ケチャップは赤い色なのははトマトで作るからですが、トマトには赤い色以外もあります。そこでこちらの記事では黄色や緑のトマトでケチャップを作ってみたいと思います。黄色いケチャップは、ホットドッグにかけた場合、マスタードと同じような色になるので…

おはぎを主食として食べたら、おいしいを通り越して別の高揚感がやってきた

一気に秋めいてきました。秋の和菓子と言えばおはぎ…蒸したり炊いたりしたもち米を丸めてあんこをまぶしたその美味しさは、お盆やお彼岸の法事やおやつといった場面に限定されず、日本人に親しまれている味ではないかと思います。ライターのココロ社さんはあ…

焼売に合う七味唐辛子はどれだ!? シュウマイ専門店の店主と食べ比べした結果

令和の時代は焼売ブームがキテる…といった記事を目にしたりする昨今、「焼売といえばカラシ」という王道に一石を投じる記事がこちらです。「焼売と七味が合う」という感動を戸越銀座にある焼売専門店「京都鳳焼売」で味わったうないいちどうさん。同店の店主…

セイコーマートが好き、いや大好きなので理想のフルコースをセコマ限定で作って堪能する

北海道には美味しいものが溢れています。北海道を舞台に理想のフルコースを作りたいと考え、オードブルからデザートまでのメニューを北海道で探した記事がこちらです。食前酒、前菜、スープ、プリモ・ピアット、魚料理、ソルベ、肉料理、デザート、コーヒー…

いい加減味の違いがわかる男になりたい!日本酒AIとバナナで修行してみた_PR

【PR】こちらの記事では「【日本酒ソムリエAI】KAORIUM for Sake 日本酒 飲み比べセット」を紹介します。味の言語化を気にされたことはあるでしょうか?あるいは、味を言語化したら、より飲食が楽しくなったことは?言語化することで味への理解が深まるのは…

西友のカレー、どれが1番美味いの?開発担当者に聞いたら無印と松屋のおすすめやちょい足しレシピも教えてくれた

スーパーの「西友」をご存知でしょうか。ユーザーの声で商品化を決定する「みなさまのお墨付き」というPB(プライベートブランド)も有名ですね。価格帯もお手頃で、種類も豊富とあって手に取りやすく、中でもレトルトカレーの品数の豊富さは特筆モノ。どれ…

【上昇中】ムーガタ、チムチュム、パッキーマオ…! この夏注目のタイ料理まとめ【ド定番に迫る勢い】

ぐるなびデータライブラリ編集部による、今夏注目すべきタイ料理のメニューについてのまとめ記事です。暑い季節には辛いものが食べたくなる方が多く、毎年夏はタイ料理が人気です。定番もいろいろありますが、中でも人気なのはガパオとグリーンカレー。テイ…

もはや食紅…? 根菜「ビーツ」で料理を赤く染めまくったら、良いことばかりだった

カブに似た地中海沿岸が原産の野菜「ビーツ」を使って普段食べている白い料理を赤く染めてしまう試みです。ロシアの料理「ボルシチ」で有名ですね。ビーツはベタシアニンというポリフェノールを含むなど栄養価にも優れており、1年間に旬が2回。生でも火を通…

ムスリムも非ムスリムも大満足のハラールショップ「ボンゴバザール」の心意気と品揃えがハンパじゃなかった

埼玉県三郷市にあるハラールフードショップ「ボンゴバザール」を紹介します。一般にはハラールショップはイスラムの戒律に基づいて暮らす人たちの集うムスリム・コミュニティにこじんまりと出店していますが、ボンゴバザールは非ムスリムも満足する品揃えで…

キビダンゴは鬼ヶ島に行くほどの味なのか…? 一番美味しい雑穀ダンゴを考える

ダンゴ界における認知度トップクラスと言えば、三兄弟やムシと並んでやはり「キビダンゴ」ではないでしょうか。キビダンゴの魅力ゆえ、犬もキジも猿も仲間になり鬼を退治までしたと考えた場合、「キビダンゴは生死をかけるまでに魅力的なものなのか?」とい…

「おまえ、ここにいたのか!」が見つかるお店。業務用キッチンツールの楽園「テンポスバスターズ」に行ってきた

「業務用」という言葉、惹かれますよね。飲食店さんで良く見かけるあれもこれも、ここで売ってるのか!という驚きを体験できるのが、業務用のキッチン用品・食器などを扱う「テンポスバスターズ」というお店です。やたらハイスペックな調理器具があったり、…

きゅうりのキューちゃんを使ったレシピをいろいろ考えてみた

「きゅうりのキューちゃん」と言えば食卓で愛され続けている東海漬物さんのロングセラー。1962年発祥だそうですからもうすぐ60年ですね!4種の本醸造醤油をブレンドして調味した香り立つ風味と深い旨味。ネットで検索すると「自作キューちゃん」をはじめとし…

材料は牛乳と酢(と塩)だけ! 手で割くチーズ自作したら簡単で楽しくて美味しかった

「さけるチーズ」を自宅で手作りする記事がこちらです。材料は、牛乳と酢(と塩)だけ。ただし牛乳は普段私たちが飲んでいる「ホモ牛乳」ではなく、「ノンホモ牛乳」を使うのでご注意を。温度と分量に注意しながらすすめると、30分くらいでさけるチーズが完…

「もち麦」とはなんなのか…? いろんな品種のもち麦を食べてみる

最近よく目にする「もち麦」。水溶性食物繊維の「β-グルカン」が豊富で、機能性表示食品制度により、科学的根拠を届け出た上で、機能性を明記することも可能なので、食後の血糖値上昇の抑制などさまざまな良い面も謳われていますね。でも「もち麦」ってどん…

鹹豆漿に炸鶏排…? “ネクストタピオカ”の座を争う台湾グルメ10選をデータで整理してみた

ぐるなびのデータサービス「データライブラリ」のデータをもとに、みんなのごはんで深堀り記事を紹介するシリーズの第三弾、今回は「台湾グルメ」を取り上げます。台湾グルメと言えば近年では何と言っても「タピオカ」ですが、タピオカに続く台湾グルメのト…

プロ仕様中華鍋×超人気中華店レシピで自宅チャーハンしたら、あまりにお店の味過ぎて自炊生活が劇的に変わりそう

自炊生活でなかなか上達しない料理のひとつにチャーハンがあります。火力は致し方ないとしても、「調理道具」と「レシピ」をプロに教われば美味しくなるのでは?ということで2人のスペシャリストを訪ねました。かっぱ橋道具街の「飯田屋」店主の飯田結太さん…

コンビニで売ってるものを片っ端から燻製にしてみた

自宅で手軽に燻製を楽しむ…家時間が長くなった今、ぜひ挑戦したい皆さんにおすすめの記事です。100均で調達した道具やダンボール、フライパン、土鍋を駆使するのもなかなか面倒なのが正直なところ。ミニ燻製器「もくもくクイックスモーカー」なら直径12セン…

何が違うの? 「上新粉」「白玉粉」「だんご粉」「もち粉」を自分で作る

米粉とその分類「上新粉」「白玉粉」「だんご粉」「もち粉」について調べました。使われるお米や製法を調べ、それぞれの粉を自作してみます。小麦粉でなく米粉で作る料理の筆頭と言えばやはりパンでしょうか。最近ではうどんやピザ、ドーナツをはじめいろん…

生ハムやローストビーフに完全に火を通す

ふだん「生」で食べているものを、完全に火を通して食べると味や食感はどうなるのだろう?美味しくなるのだろうか?という調査の記事がこちらです。森鴎外の娘である森茉莉が書いた『貧乏サヴァラン』で紹介されている森鴎外の衛生学や、ご自身の海外での食…

年間90万円で365日モバイルハウス生活。幸せの沸点を下げて暮らせるの?

新しい「車中泊」の形が「バンライフ」と呼び名を変えて新しい暮らし方として注目されています。場所に縛られず車で各地を移動しながらの暮らしを続ける生活冒険家の赤井成彰さんに話をうかがいました。電気・ガス・水といったインフラも整っていないバンラ…

100均に売ってるスパイスの小瓶で「クラフトコーラ」をつくってみた。

クラフトビールやクラフトジンに続いて人気なのが「クラフトコーラ」。大手飲料メーカーが世界的に販売しているものに対して、クラフトコーラはクラフトビールと同じく、地元の素材にこだわって作ったものです。高田馬場の「伊良コーラ」や熊本の「熊本クラ…

お正月にお餅を食べない地域、「餅なし正月」のお雑煮を作る

お正月といえば、お餅とお雑煮…が日本の大多数の地域での定番ですが、いろんな理由でお餅をお正月に食べない「餅なし正月」を迎える地域もあります。そこで今回は、お餅を食べない地域に思いを馳せ、「餅なし正月」のお雑煮作りにチャレンジします。諸説を調…

3年前に取材でお世話になったあの店は、今どうなっているのか? 再訪して、この1年のことを聞いてみた

外食業界と飲食店にとって受難の年となった2020年を振り返るべく、3年前に取材でお世話になったお店を再訪し、この1年についてうかがってきました。訪れたのは、日本一のホッピーが飲める店、銀座の「嘉茂」と、パレスチナ出身のマンスール・スドゥキさんが…

【GLAYの差し入れ力】マジでハンパない…函館公演アーティストに手配されまくる「三種の神器」がすごかった

GLAYが地元函館を愛しているエピソードを「差し入れ」から検証します。様々なアーティストが函館でコンサートを行う度に「函館差し入れセット」なるものを大量に差し入れしているGLAYのメンバー。ちなみにセットの内容は「ハセガワストアのやきとり弁当」、…

「第4次韓流ブーム」は「ステイホーム」の産物だった!…からの、次に流行る韓国グルメはこれだ

2020年の新語・流行語大賞にノミネートした「第4次韓流ブーム」。…はて、韓流ブームって今までに3回もあったっけ…?というわけで、この記事では今までの韓流ブームを定義づけしながら、過去に流行した韓国グルメのデータを分析し、あわよくば第4次韓流ブーム…

食への関心は、自分への関心。現代人が「狭いキッチン」で失ったもの

自炊中心の一人暮らしを都会でする場合、多くの方が直面する問題の一つが「キッチンの狭さ」。キッチンから物件を探せる不動産情報サイト「たのしいキッチン不動産」を立ち上げたカズワタベさんは「物件におけるキッチンのプライオリティが低かった」と言い…

喧嘩勃発!ラーメンと音楽に狂う大人が、メジャーラーメン4店をミュージシャンに例えてみた

「有名なラーメン店をミュージシャンに例えると何になるのか?」というアジェンダを大の大人4人が膝を突き合わせて本気で話し合った記録がこちらです。対象となったのは「天下一品」「青葉」「ホープ軒」「蒙古タンメン中本」のメジャーラーメン店4軒。議論…

                             
ページ上部へ戻る