早く片付けないと結婚できないと言うけれど?

春を告げる「桃の節句」 立春過ぎた2月初旬に飾る

女の子の健康を祈ると共に、春を告げる桃の節句として親しまれるひな祭り。季節の節目である節分が終わり、立春を迎える2月第1週目に飾るのが良いといわれています。早く飾りたい場合は、2月4日を目処にひな人形を用意しましょう。

良縁を呼ぶ「雨水の日」 2月中旬に飾る

季節を春夏秋冬に分けるために用いられた中国の定気法、二十四節気(にじゅうしせっき)によると、2月18日または19日は雪が溶けて雨に変わる「雨水」とされています。この日を境に寒さも和らぎ、本格的な春も近いということからひな人形を飾る日としても好まれており、良縁に恵まれるという言い伝えもあります。

地中蠢く「啓蟄(けいちつ)の日」 3月6日に片付ける

ひな人形を片付けるのは、「啓蟄(けいちつ)の日」である3月6日頃が良いと言われています。若葉が芽吹き虫が蠢き始めるとされるこの日は、雨水の次の節目に当たります。3月3日からたった3日後とはずいぶん慌ただしい気もしますが、できるだけ季節の節目を超えず、遅くとも3月中旬頃までに片付けるのが良いようです。

災いを遠ざけ、娘が早く片付く(結婚できる)ように

季節の他にも早く片付ける理由があります。ひな人形は、女の子の厄を引き受ける役目を持っています。災いを遠ざけるという意味でも、ひな人形はできるだけ早く片付けた方が良いのです。また、行事が終わったらいつまでも出しっ放しにせず、きちんと片付けさせるというしつけの意味も含まれています。そして「片付けもできないとお嫁に行けないよ」というようなお小言が、「ひな人形を出しっ放しにしていると結婚できない」と変化し、通説になったと思われます。さらに、そのようによくしつけられた娘が早く「片付く」(結婚できる)ように、との願いも込められています。

片付けが遅れてもこうすれば安心?

早く片付けようと思っていても、つい遅れてしまうこともあります。古いしきたりに縛られず、天気の良い日を選んでゆっくりと片付ければ良いのですが、もし、気になる場合は内裏ひなを後ろ向きにしておきましょう。こうすることでお内裏様とおひな様は「眠った」「帰った」と解釈する地域もあるということです。