こだわり1 刺身

長崎近海の魚種豊かで新鮮なお刺身

●刺身の魚は新鮮な長崎の地魚にこだわり、通常開店時には8品以上をご用意するよう心がけております。●普通には珍しいくらいの魚種を刺身にするのが好きで、できるだけ登場させています。●メインの魚屋さんは「魚浩」さん。それと茂木のおばちゃんの「茂木漁港市場」です。

  • ●魚種豊かな長崎ですが、残念なことは強風注意報となど、時化の時は小さな漁船(底引き)は漁になりません。また、満月の夜は月夜間で集魚灯に魚は集まらず巻網船団は休みで、魚市は休みます。こうなると、漁獲量・種類共に激減です。
    ●この商売柄、いっつも「風を気にして、月齢を計って」おります。

  • ●右上は「鱧」です。
    ●右はワタリガニ。天草灘の旨味たっぷり。

こだわり2 日本酒にこだわる

酒は純米 燗ならなお良し

●『醸造用アルコールや糖類等を添加した酒は、酒税法上の「清酒」であっても「日本酒」と呼ぶべきではない』(「純米酒を極める」上原浩) ●純米冷酒タイプの日本酒を多く取り揃えており、新酒やにごり、火入れしたてのものなど、季節のお酒が多数入荷。また純米吟醸酒を燗にして美味しいものなど、計20種以上揃えてます。

  • ●玉櫻酒造(島根県) 他、店主おすすめの日本酒が多数。
    ●ラインナップは、いわゆるメジャー級の全国人気のお酒より、小さな蔵元でも、真面目に作られているところからのお酒が多いです。そっちの方が、季節の楽しみがあり、より美味しく、CPも全然上です。

  • 「長崎県産酒」 これらに、その季節のお酒が登場してきます。

こだわり3 手作り

繊細な「だし」へのこだわり

水は大村多良岳水経の天然水を使用しています。
昆布だし 【昆布は、浄水に40分浸し、煮出しに20分、80℃までで引き上げることが基本。】
一番だし 【昆布だし80℃にかつおをかませ、すっきりと金色のだしにしあげます。】
仕入れは長崎市の業者から。昆布だしは多くの料理に活用しています。

  • やさしい協力者から、美味しい天然水をいただいております。

  • 昆布ダシと大根おろしでぶりシャブ。
    冬場のご予約で。

こだわり4 新鮮魚介

豊かな魚種を居酒屋らしい調理法で

長崎市に入る魚介は、五島灘の巻網漁をはじめ、茂木の底引き漁、野母崎の定置網、内海の大村湾からと、多様な魚種が豊富に獲れます。小さな店舗なので、沢山の種類を持つことは難しいですが、できるだけ季節の物を揃えて、海美味さを提供したいと努力しております。

  • イワシすり身揚げ。
    長崎を代表する味。

  • 小イカの煮付け。
    茂木のものはその鮮度が味の良さに。
    おとうし です。

こだわり5 焼酎にこだわる

長崎県産焼酎にこだわる

店主が選んで、バリエーション豊かに長崎県産の焼酎を20種以上取り揃え。「長崎県の県産酒消費率が30%なんて、なんだか悔しいです。美味しいお酒、個性もいろいろあるのに!」との思いでラインナップ。ぜひ飲み比べてみてください。

  • 壱岐焼酎、色々。

  • 県外の焼酎も有ります。

風と月
  • TEL050-3464-4151