ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

mecicolle

mecicolle

mecicolle

前へ 次へ

【金沢 東山 ひがし茶屋街】明治から続く洋食屋
ひがし茶屋街に佇む、昔ながらの洋食が楽しめるレストラン。
珍しい醤油ベース味の「オムライス」755円(税込)

明治42年創業の、老舗洋食屋「レストラン 自由軒」
あっさりめに仕上げられたドミグラスソースを使用した
こだわりの洋食メニューは、ファンの心を掴んで離さない極上の逸品。
一風変わった醤油ベース味のオムライスも定番メニューとして人気です。
昔ながらの変わらぬ伝統の味を、どうぞご堪能ください。

◆おすすめメニュー◆
ハンバーグステーキ・・・1,400円(税込)
タンシチュー   ・・・1,835円(税込)
オムライス    ・・・ 755円(税込)
ハヤシライス   ・・・ 700円(税込)

◆店内◆
ひがし茶屋街の入り口近くに佇むモダンな洋館が目印。
昔懐かしい食堂風の店内には、カウンター席とお座敷席をご用意しております。
散策途中のランチやディナーに、是非一度お立ち寄りください。

レストラン 自由軒が紹介されたメディア情報

  • メシコレ

    創業100年超の人気洋食店!芸妓さんが愛した『自由軒』の「むかカツ」の記事で紹介されました。

    創業100年超の人気洋食店!芸妓さんが愛した『自由軒』の「むかカツ」 メシコレ記事画像
  • テレビ

    ぶらぶらサタデー(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    フジテレビ  放送

    明治の創業以来、その伝統の味を守り続け金沢の洋食の老舗です。 路線バスで金沢を旅した中で紹介されました。

    ぶらぶらサタデー

    フジテレビ  放送

    1月14日放送の「ぶらぶらサタデー」(フジテレビ系、午後12時00分~)では、路線バスで金沢を旅した中で、タカ(タカアンドトシ)さん、トシ(タカアンドトシ)さん、温水洋一さん、IVANさんが「自由軒」(石川県金沢市)を訪れた。

    昭和の面影を残す同店は、1909年創業の老舗洋食
    店だ。

    トシさんと温水洋一さんが頼んだのは「オムライス」。トシさんは「玉子の中はケチャップライスではなくチャーハンの様で、我々の知っているオムライスではないですよね」、温水洋一さんは「美味い!」と一言。

    IVANさんは「日替わり定食」を注文。この日は牡蠣フライとチキンハヤシの組み合わせだ。IVANさんは料理を見るなり「めっちゃイイ!」と驚き、それを見た周りのメンバーも「いいじゃん!超美味そう!」とコメント。ご飯と共に口いっぱいに頬張ったIVANさんは親指を立てて、満足そうな表情を浮かべた。

    タカ(タカアンドトシ)さんが注文したのは「昔のカツ丼」。丼の蓋を開けると、胡瓜などの野菜がビッシリ。心配ご無用、箸でかき分けていくと下にはカツが。一気に口へと掻き込んだタカさんは「肉が軟らかくて、めちゃくちゃ美味い!」とコメントし、その後も頬張り続けた。

    この他にも同店では、ホロホロの肉がやみつきになる名物の「タンシチュー」なども味わえる。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

レストラン 自由軒の口コミ

レストラン 自由軒の基本情報

店名

レストラン 自由軒

レストランジユウケン

電話番号・FAX
  • 076-252-1996
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。

  • FAX:076-252-1966
住所
アクセス
  • 北陸鉄道浅野川線 北鉄金沢駅 徒歩23分
駐車場
  • 有:無料3台
  • (指定駐車場割引あり)
営業時間 月~金
夜の部 17:00~21:00
(L.O.21:00)

土・日・祝
夜の部 16:30~21:00
(L.O.21:00)

昼の部 11:30~15:00
(L.O.15:00)
定休日
  • 火曜日
  • 第3月曜日
平均予算
  • 1,200円(通常平均)
  • 800円(ランチ平均)
予約キャンセル規定
  • 直接お店にお問い合わせください。
開店年月日
  • 1909年

席・設備

総席数

25席

兼六園・金沢城公園・ひがし茶屋街にあるスポット

兼六園・金沢城公園・ひがし茶屋街には北鉄金沢駅や 金沢城公園KKRホテル金沢 等、様々なスポットがあります。 また、兼六園・金沢城公園・ひがし茶屋街には、「金沢城」もあります。加賀百万石の歴史と文化を代表する「金沢城」は、金沢市の中心部に位置し、隣接する日本三名園のひとつとして名を馳せる特別名勝・兼六園と共に、県庁所在地・金沢市のシンボル的存在として多くの県民に親しまれています。兼六園の園内には、四季折々の景色と共に金沢名物あんころ餅、お抹茶、甘酒やおそば、丼物等が手軽に味わえるお店や「治部煮」をはじめとする加賀の味覚が堪能できる茶懐石風弁当や季節の懐石料理がいただける料亭も。周辺には、金沢城を眺めながら旬の加賀料理を楽しめるロケーション自慢の飲食店もあります。この兼六園・金沢城公園・ひがし茶屋街にあるのが、洋食屋「レストラン 自由軒」です。