博多ふくや 明太子

福岡県
(主原料原産地:福岡市中央区中洲)

【博多ふくや 明太子】
明太子の原料は、スケトウダラの卵巣。これを、独自の調味液に漬けこんでつくりあげます。そのとき最も大切なことは、なによりもまず確かな素材を使うこと。ふくや明太子は、創業(昭和23年)から変わらずこの素材への想いを受け継ぎながら作られております。

川原俊夫氏の[想い]で生まれた明太子

昭和23年10月5日、博多・中洲の一角に小さな食料品店が生まれました。当時博多の街は戦災で焼け野原となり、少しずつ復興し始めた頃でした。

店主の名は川原俊夫。妻・千鶴子と共に始めた店が、その後半世紀以上続く「ふくや明太子」の始まりです。俊夫は戦時中に過ごした韓国の食べ物「たらこのキムチ漬」の味が忘れられず、戦後引き揚げた博多でその味を再現すべく、創意工夫を重ねた末に日本で初めて「明太子」を作りました。

特徴
常に変わらぬ美味しさを届けるために、品質向上を図ると共に、衛生面にも十分配慮して作られた明太子です。
産地
昭和24年1月10日、商売繁盛を願う博多十日恵比須神社大祭の日、日本で初めて「明太子」が売り出されました
【炙り明太子】

【明太子のアヒージョ】

【元祖めんたい紅白巻き 】

博多 弁天堂 のサービス一覧

博多 弁天堂