ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:昭文社

データ提供:昭文社

データ提供:昭文社

データ提供:ユーザー投稿

データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

コロニアル時代の都市リマの雰囲気を伝える鮮やかな黄色い壁とランプが目に付く、エキゾチックな空間。素材にこだわった本格ペルー料理は新鮮な魚介類がオススメ。

データ提供:昭文社

ベポカが紹介されたメディア情報

  • テレビ

    Oha!4NEWSLIVE(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    日本テレビ  放送

    本格的なペルー料理が味わえるお店です。バーカウンターもあります。 ガイドブックに掲載されている5000円以下でも楽しめるお店を特集したコーナーで紹介されました。

    Oha!4NEWSLIVE

    日本テレビ  放送

    2月15日放送の「Oha!4NEWSLIVE」(日本テレビ系、午前04時00分~)では、リーズナブルな価格でおいしく楽しめるお店を特集した中で、宮本真智さんが「Bepocah(ベポカ)」(東京都渋谷区)を訪れた。同店はJR原宿駅の竹下出口から徒歩9分の所にある、本格的なペルー料理が味わえるお店だ。

    番組では、マッシュポテトと色々な具材を一緒に食べる「カウサ・レジェナ」(1600円/税込み)を紹介。「カウサ」はいわばペルーのポテトサラダ。周りは黄色い唐辛子(アヒ・アマリージョ)やライムで味付けしたマッシュポテトで、中にはチキンやオリーブのサラダが入っている。早速頂いた宮本真智さんは、「中の具材はサラダのような感じなんですけど、この黄色のマッシュポテトがすごく辛いという訳ではなく、後味がなんとなくピリッとするような、スパイスを感じる味がします!」とコメントした。

    唐辛子はペルー料理に欠かせない食材で、多くの種類の唐辛子を料理によって使い分けている。辛さというよりは実の味を楽しむために使用しているんだとか。

    牛ハツの串焼き料理「アンティクーチョ・デ・コラソン」(1600円/税込み)は、味付けのベースには唐辛子のうま味を使用。ソースにも黄色い唐辛子や赤いものなどを用意し、お好みで頂けるようになっている。お肉にソースを付けて一口食べた宮本真智さんは、「うん!クリーミーな中にもスパイシーさが効いていて、うま味のある辛さというか、このお肉とよく合う辛さになっているなと思います!」と絶賛していた。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

ベポカの口コミ

応援フォト

※応援フォトとはおすすめメニューランキングに投稿された応援コメント付きの写真です。

ベポカの基本情報

店名

ベポカ

ベポカ

電話番号
  • 03-6804-1377
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • JR山手線原宿駅から徒歩9分
営業時間 18:00~翌1:00(閉店翌2:00)、金曜は~翌3:00(閉店翌5:00)、土曜は17:00~24:00(閉店翌1:00)
定休日
  • 月1回月曜不定休、日曜
平均予算
  • 6000円(通常平均)

データ提供:昭文社

原宿にあるスポット

原宿には明治神宮前(原宿)駅や 代々木公園ラフォーレ原宿 等、様々なスポットがあります。 また、原宿には、「明治神宮」もあります。初詣参拝客数日本一で有名な明治神宮は明治天皇をお祀りした神社。元日以外にもお宮参りや七五三をはじめ結婚式などの神事に、あるいは厄祓いや受験合格などの祈願に訪れる人は少なくありません。もう少し気軽にお守りやお札を求める人もいます。10万本の植樹に囲まれた神域は背筋の伸びるパワースポットでもあり、都心に残された豊かな緑を味わうヒーリングスポットでもあります。苑内の隔雲亭(かくうんてい)、お釣台、四阿(あずまや)、菖蒲田(しょうぶだ)、清正井(きよまさのいど)をカメラ片手に散策するのも楽しいでしょう。この原宿にあるのが、無国籍料理「ベポカ」です。