営業状況とテイクアウトの可否につきましては、ご利用の際に飲食店にお問い合わせください。

こだわり1 おもてなし

私の家にお招きします

店名に記されたCasa di Hokkaidoとは「北海道の家」。北海道で生まれ育った高尾シェフの家に招かれて、食事を楽しむようなイメージ。予約を取るのは1日数組のみ。シェフが目指す新しい北海道イタリアンを、ゆったり寛ぎながら堪能できる。

こだわり2 空間にこだわる

北海道ゆかりのお気に入りを店内に

店内にはシェフが好きな北海道にゆかりのあるものを配している。テーブルやイスなどインテリアは、シェフの故郷・旭川のメーカーのもの。エントランスには、札幌在住の造形作家に制作を依頼したオブジェを配置。店舗デザインは、世界でも活躍する北海道出身の建築家が手掛けている。

こだわり3 素材

北海道の自然が育む大地の恵み

食材は、信頼する北海道の生産者が育てたものを使用。シェフ自ら山に分け入り、川で魚やエビを捕り、山で山菜や香草、草木の芽や皮なども採取することも。北海道の大地が育んだ自然の恵みを料理に生かしている。

こだわり4 器にこだわる

石やコルクなど自然素材を器に

北海道の四季と大地の豊かさを表現するTakaoの料理。時には、食材探しによく行く支笏湖周辺で見つけた石や樹木の皮、コルクのかたまりなどを器にすることも。インパクトと遊びゴコロに富んだ仕掛けだ。

こだわり5 厳選食材

目指すのは「新・北海道イタリアン」

自然溢れる北海道は食材の宝庫。エゾシカが食べる白樺の樹皮を出汁に使ったメニューも考案し、コースの一品に。シェフが目指すのは、自然の摂理や北海道に根付く独自の食文化を学び、取り入れながら作り上げていくもの。“ガストロノミー北海道イタリアン”という新しいスタイルの北海道料理が味わえる。

Takao のサービス一覧

Takao