「ミシュランガイド東京2017」一つ星を獲得

確かな技と卓越したセンスが冴える“自由”なフレンチ。
季節感に満ちた一期一会の味わいが待つレストラン

日本とフランスの両国で数々のフレンチの名店に勤め手腕を発揮してきた武田シェフが、
2012年に独立して麻布十番に構えた話題のレストラン。
気鋭のシェフが手掛ける創造性に満ちた料理を楽しめるとあって、食通を中心に注目を集めている。
「そのときどきの旬の美味しい食材で料理をつくる」という姿勢を貫き、
いわば、すべての料理がシェフのスペシャリテ。
一期一会の感動を味わいに、また足を運びたくなる。

席情報

  • ダイニング

    大きな窓越しに見える水面の眺めが目を楽しませる。陽光が差し込むランチタイムと、明かりがともるディナータイムでは、まったく異なった雰囲気が楽しめるのも魅力だ。

    席情報をもっと見る

ピックアップ写真

  • ムニュ リベルテ 10,000円

  • ムニュ デギュスタシオン 15,000円

  • ムニュ リベルテ(ランチ) 5,800円

  • ムニュ デギュスタシオ(ランチ) 7,800円

写真をもっと見る

Liberte a Table de Takeda  基本情報

店名

Liberte a Table de Takeda

リベルテアターブルドタケダ

電話番号
  • 03-5765-2556
  • お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。

ネット予約はこちらから

住所
アクセス
  • 地下鉄 麻布十番駅 7番出口 徒歩7分
駐車場
営業時間
水~日
ランチ 12:00~15:00
(L.O.13:00)

火~土
ディナー 18:30~23:00
(L.O.20:00)

日・祝日
18:30~22:00
(L.O.20:00)
定休日
  • 月曜日
平均予算
  • 15,000円(通常平均)
  • 7,000円(ランチ平均)
その他料金
  • サービス料:5% 夜は 10%
クレジットカード
  • VISA
  • MasterCard
  • UC
  • ダイナースクラブ
  • アメリカン・エキスプレス
  • JCB
  • アプラス
  • セゾン
  • MUFG
予約キャンセル規定
  • 直接お店にお問い合わせください。
お店のホームページ
シェフ・料理人
  • シェフ 武田 健志
    シェフ
    武田 健志

    1995年オテル・ドゥ・ミクニ入社を皮切りに料理人の道を志し、25歳で渡仏。 約2年間フランスで「トロワグロ」「ジャルダンテ・サンス」で修業を重ね、 その後、株式会社ひらまつ、「サンス・エ・サブール」で実績を残し、 2009年神宮前「Restaurant-I」の料理長を務めた。 …

    詳細を見る

席・設備

総席数
  • 28席
個室
  • テーブル個室あり(1室/8名~10名様用/扉・壁あり)
  • ※個室の詳細はお店にお問い合わせください

  • 席・個室情報を見る

禁煙・喫煙
  • 店内全面禁煙
ペット同伴
  • 同伴不可
携帯・Wi-Fi・電源
  • 携帯の電波が入る( ソフトバンク 、NTT ドコモ 、au )
その他の設備・サービス
  • 日曜営業あり
  • ワインセラーがある

メニューのサービス・関連情報

メニューのサービス
  • ランチメニューあり

このお店のメニュー:

Liberte a Table de Takeda のサービス一覧

Liberte a Table de Takeda  が紹介されたメディア情報

  • テレビ

    ヒルナンデス!(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    日本テレビ  放送

    四季折々の旬の食材をつかったフレンチが味わえるレストランです。平日の営業時間は12:00~13:00、18:30~20:30です。 ガイドブックに掲載されたお店の看板メニューだけを食べるコーナーで紹介されました。

    ヒルナンデス!

    日本テレビ  放送

    5月10日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、ガイドブックに掲載されたお店の看板メニューだけを食べるコーナーで、若林正恭(オードリー)さん、水卜麻美(日本テレビアナウンサー)さん、千原ジュニア(千原兄弟)さん、春日俊彰(オードリー)さんらが「リベルテ・ア・ターブル・ド・タケダ」(東京都港区)を訪れた。

    地下鉄麻布十番駅から徒歩7分の位置にある同店はフレンチと日本料理の融合をテーマに、インパクトのある料理を提供しているフレンチレストラン。

    一同の前に出されたのは、「すっぽんのカネロニ仕立て」。こちらは、すっぽんの甲羅を持ち上げると、下から隠れていた料理が現れる仕組みになっている。

    早速甲羅を持ち上げると、まず目に付いたのはフォアグラとすっぽん。
    すっぽんは「えんぺら」と呼ばれる甲羅の周りの希少部位を、ほぐした身と合わせた物をワンタンの皮で丸めている、イタリア料理のカネロニのような料理。また、ワンタンの皮はのどごしがツルンとしているので口の中に残らないのだそう。ここにすっぽんのスープをかけて頂くという、これだけでも十分贅沢な一品だが、更に、そこにトリュフをふんだんに振りかけて頂くという豪華さで、これには出演者もシェフに思わず「アンタやり過ぎだよ!」とツッコミを入れる程。

    同料理は普段は単品での提供は行わず、コースでのみ楽しめるのだという。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む
Liberte a Table de Takeda