はえある2018年「今年の一皿®」に
輝いた料理はこちら!

鯖(さば)

2018年「今年の一皿」鯖(さば)

今年大注目となったサバ。
EPAやDHAなどの必須脂肪酸を多く含み、
健康効果も期待できることから、
女性からお年寄りまで幅広い層に
改めて高い評価を得ました。
手軽に食べられるサバ缶は
一時店頭から姿を消すほどの人気に。

惜しくも大賞を逃すも
今年話題となった料理はこちら!

しびれ料理

準大賞しびれ料理

連日続いた猛暑の影響により、
強い刺激でエネルギー補給・疲労回復を
手助けするしびれ料理が注目されました。
単なる辛さだけでなく、
山椒や花椒を含んだ“香り”や“旨み”のある
しびれ料理が今年のトレンドといえるでしょう。

こちらも忘れてはいけない!
ノミネート

高級食パン

ノミネート高級食パン

素材から製法まで徹底的にこだわって
作られた高級食パンが爆売れしています。
耳まで柔らかい、もっちり食パンを始め、
個性あふれる高級食パンを
取り扱う店舗が増えています。

国産レモン

ノミネート国産レモン

ここ数年のレモンサワーブームから、
栽培方法によっては皮ごと使用することも
できる国産レモンに注目があつまりました。
また、国産レモンを使ったお菓子や
飲料なども数多く商品化されて
話題になりました。

まだまだ人気!
これまでの「今年の一皿®」

チーズタッカルビ

2017年急上昇ワード賞チーズタッカルビ

鶏肉と野菜などを甘辛い
コチュジャンベースで炒めた
「タッカルビ」を、鉄板の上でチーズに
絡めて食べる韓国発祥の料理。
熱々のチーズがとろっと伸びる様子は
SNSでも広く拡散され、
人気店では連日長蛇の列ができるほど
話題となりました。

パクチー料理

2016年「今年の一皿」パクチー料理

エスニック料理の「薬味」の存在から、
「主役」へと転じた近年。
パクチーサラダを始めメニューの
バリエーションも豊かになり、その香りや
味わいに魅了されるパクチー愛好家を
「パクチスト」と呼ぶ造語も生まれました。

ジビエ料理

2014年「今年の一皿」ジビエ料理

近年増え続ける、農作物を食べる
やっかい者であるシカやイノシシなどの
部位を余すことなく使った
ジビエ料理が、日本でも本格的に
提供されるようになりました。
ジビエは脂肪分が少なく
栄養価が高いという点も人気の一つです。